昨日までしきりにヤバイヤバイと言い続けてきた愛の無差別タッグ2次リーグですが、
どうも決勝進出可能な流れになってきました。

星取表からすれば、アウェイ(CPU)戦で1勝しかできていないウチの軍団は
最下位候補だったはず。
それが何故か、自分で操作する分が終わってみれば7勝1敗。
評価値は2人合わせて4000未満なので、
全勝チームが2つ現れない限りは、恐らく勝ち抜けできてしまうことに…

以前にも書いた通り、美月&麗華は手動でこそのチーム(大抵そうでしょうけど)とはいえ、
やっぱりこの結果については運の要素が大きいですね。

同ブロック内で、成績から見て2強と考えていた「ねじ式」さんと「ファイティングアリス」さん。
この内ねじ式さんの真帆&あずみ戦では、こちら側だけに必殺技カードが2回来た上に、
最後は美月が真帆を逆さ押さえ込みでフォールという結末でした。

ファイティングアリスさんのソニ&ディアナには完敗しましたが、
ねじ式さんの他、「機動新撰組」さんのめぐちぐなんかとも、
50分近い本当に紙一重の勝負を、最後は運で制してきたようなもんです。


これがU-2000タッグならもう少し楽なんでしょうけど、
このタッグで大会に出られるのは最後なので仕方ありません。

さて、今まで戦ってきたところではファイティングアリスさんが優勝候補かと思いますが、
しかし無差別の決勝というと、一体どんなバケモノ(失礼)が出てくるやら…

流石に決勝リーグで結果を残せるとは思えないので、無事勝ち抜けたなら
白星をバラ撒きつつぼーっと最高峰の戦いを眺めてようと思います。
[PR]
安田記念の勝ち分が無くなるのは妙に早かった…
ってまあ、参考書やら公共費やらの払いが溜まっていたからなんですが。

給料日まであと3日。
いい加減素麺に飽きてきました。


さて大会。
先ほど「愛レスマスター」さんとの激闘を制して4勝目を挙げ、
ブロック内でトップタイに並びました。
…もう後は危険牌しか残ってませんけどねorz

実は愛レスマスターさんとはアウェイで引き分けていたので、
別にアンパイではなかったんです。
対戦してみると、2次で初めて戦う無補正タッグさんでした。
とはいえ鍛え抜かれていたのでかなり危なかったですね。


さて、そろそろサボり気味のSSの方を再開しようかと思います。
とりあえず、WARS編をできればもう一つと、「ヒールができるまで」をもう一つ。

ヒールの方は美月編みたいな暗い動機ではなくて、
今回は明るくヒールターンさせられればなと。


そろそろどこかを生観戦して妄想を蓄えたくなってきました。
お金が入ったら、一度女子プロでも観に行ってみようかな。
[PR]
今年からJRAの新馬戦にこんな愛称がつくそうです。
ローマ字読みすりゃ負けデビューですね。

新馬競走という語をわかりやすく、身近に感じられる言葉に置き換えて…
というのが狙いだそうですが、新馬戦で十分わかりいいでしょうに。


さてレッスル愛の大会、ついに二次リーグが始まりました。

流石にレベルが違う…というよりは補正タッグ率が高いです。
もしかしたら全チームそうなのかも。

このタッグは強くなくちゃダメだ!って思うプレイヤーには自力で鍛えさせればいいものを、
なんで補正なんてものをわざわざ設けたかね…と、
タッグ戦の二次リーグまでくると毎回思ってしまいますが、
自分でもブレード&パンサーを雇ったので他人のことは言えなくなりました。

とりあえず、星取表を見て勝てそうなところからなんとか2勝。
しかしアウェイが既にボロボロなので決勝進出は難しそうです。

そういえば、今大会からみぎりが猛威を振るうんじゃないかという危惧が少しあったんですが、
今のところ大会で見掛けたことがありません。
次のU-2000あたりから投入されるんでしょうかね。


ま、しかし勝ってても負けてても星取表を眺めているのは結構楽しいかもしれません。


それと今後、月に1回ペースで大会が開かれるのであれば、
もう少し参加人数を増やして欲しいと思います。
今回かなり早めに枠が埋まってしまったせいで、
出場したくてもできなかった人もいるでしょうからね。

タッグ・体格その他補正一切無効のパウンド・フォー・パウンド(?)大会というのも
意外と面白かったり…しないか。
[PR]
府中に向かう電車内で愛を起動したところ、
「もう潮時かもしれません…」と美月が。

何故か鏡さんの時より動揺してしまいました。
ブランクレスラーとは言え、雇用当初全く戦力として期待していなかった美月が、
今や「ラディカルズ」に無くてはならない存在になってしまっているんですよね。

補正タッグに勝ちたい一心で大会前に無茶な追い込みをかけ、怪我をさせること3回。
その甲斐があったのか無かったのか、
別のパートナーをそれぞれタッグ大会の決勝まで導いてくれました。

もう少しで防御全Sを達成できた後、次回U-2000までにもう一ヶ所攻撃を鍛えて
シングルプレイヤーにしようと思っていたんですが、それも叶わないようです。
先輩の吉原泉よりもずっと早く引退しなければならないのは、
ひとえにボスの育て方が悪かったため。
後悔する点は多くあります。

しかしとりあえず参加中の大会は消化できそうなので、
ここでなんとか最後の一花を咲かせてから引退させてやりたいですね。



で全く話は変わるんですが、今月28日に関西で開かれるという、
週間レッスル天さんのレッスルオフ会に参加させていただこうと思ってます。

そういうわけで今色々と予定を立てているところです。
翌29日に阪神競馬場に行くのは当然として、
京都の方にも用事があったりするので、早めに準備だけはしておこうと。

オフ会といえば、以前に3人ほどで細々とやった経験があるだけなので、
多分当日は硬くなってることと思いますが、
参加される方はどうか一つよろしくお願いします。
[PR]
ロックのドラゴンスクリュー(凄くヘタ)がLv1として、
元祖ドラゴンスクリューがLv5、武藤式がLv6、
Lv7がエプロンからロープを挟んでかけるドラゴンスクリュー、
Lv8が雪崩式ドラゴンスクリュー。


…なんてことを、愛で中森を雇った直後に考えていました。
Lv8の、相手からフォールがとれるドラゴンスクリューってなんだろうと。

それがこの間のIWGP戦を見ていて驚かされました。
何のことは無い、首にドラゴンスクリューをかければいいんですね。


というわけでレッスル小町WARS編、龍子の試合相手として、
中森あずみさんにネックスクリューを使わせてみたわけです。
首にドラゴンスクリューとしか言いようが無いので細かく書いてはいませんが、
見た感じなかなかの危険技です。

対する龍子の方は、固有必殺技プラズマサンダー。
最初は、依然に公式サイトで語られた設定を無視して
バティスタボムのような感じで書こうと考えていました。
しかし龍子にはイマイチ似合わないかと思い直し、
結局は設定(?)に沿うような形で書いてみたつもりです。

ただし、上手く技の動作を伝えられたかというとちょっと自信が無いかも…。
一番わかり易い言い方としては、サバイバーの技絵のパワーボムですね。
あれを超高速で行った後、
技絵の状態からちょっと腕を伸ばして相手の両肩を上から押さえ込む形。



それと最後に愛の大会ですが、8勝1敗で一次は勝ち抜けできそうです。
シルフズさんのめぐちぐにだけは勝てませんでしたけど、
2300オーバーのめぐちぐ相手にそこそこの試合ができたので、
ある意味励みにはなりました。

さて二次開始までに美月&麗華をもう少し仕上げておかないと。
[PR]
あと1時間足らずで開幕する無差別タッグ大会に美月&麗華でエントリーしてます。
まだ2人とも評価値は2000を上回っていませんが、
一回戦ぐらいは突破できるんじゃないかと。

同組に「ラディカルズ」を見かけたらよろしくお願いします。


レッスル小町の方は、ぼちぼち龍子の技SSに取り掛かり始めました。
ところどころの見せ場とフィニッシュ技だけが宙に浮いた状態なので、
それらをどうやって繋げるかを考えているところです。
風雲昇り龍の試合でも見て参考にしようかなと。


以下久しぶりにプロレスの話題を。

まずWWE。
今週あたりから毎週RAWの視聴者に100万ドルをプレゼントするらしいです。
露骨といえばあまりに露骨な視聴率稼ぎと言えるかも。

ただ正直、今はそれほどWWEが見たいとは思わないんですよね。
大好きな某大ベテランがまた暫くフェードアウトしそうだし…


次TNA。
AJスタイルズがベビーターンしてカートと抗争開始。
2週連続で元WWE組に集団でボッコボコにされた鬱憤をそろそろ晴らしてほしいところ。

それと、来月かな?
外国の団体からレスラーを呼んで開催される、ワールドXカップの予想メンバーが
TNA情報局さんに載っていました。下に転載。

チームUSA:アレックスシェリー、クリスセービン、ジェイリーサル、サンジェイダット
チームジャパン:ミラノコレクションAT、石狩太一、吉野正人、土井成樹
チームメキシコ:アベルノ、バラドールJr、ウルティモゲレロ、レイブカネロ
チームインターナショナル:タイソン・ダックス、ダグ・ウィリアムズ、
                 アレックス・コズロフ、ショーン「ホスロー」ディバリ

下2チームはダグ・ウィリアムズとショーン・ディバリしか知りません。

チームジャパンは多分この新日&ドラゲー組で確定でしょう。
なぜ石森が?という気もしますけど。
土井吉については、むしろこの2人が抜けている間、
出来たばかりの新ユニットWORLD-1が谷やんとKZだけでどうするのかが気になる。
あ、それとミラコレと吉野の元イタリアンコネクション組がどう絡むかもある意味注目。

チームUSAはまだわからないかな。
サンジェイダットがヒールターンしそうな流れだし。

それと、今行われてる新日のベストオブザスーパージュニアに、
TNAからジミー・レイヴというレスラーが参戦中。
初戦でAKIRAを破ったものの、正月のドームに来日していたメンバーからは
1枚か2枚は格が落ちるレスラーなので、決勝進出は無いと予想。
一緒にユニットを組んでる元DIVAのクリスティ・ヘミーも連れて来たんなら
観に行きたかったけど、ピンだとちょっとそこまでは。


日本の団体の中では、今大日本プロレスが気になってます。
今の流れは、8年前からプロレスを見始めた自分にもギリギリわかる昔話が入っているので、
次のデスマッチヘビー級王座戦はできれば生で観に行きたいところ。


最後に東方プロレス。
毎週土曜日にニコニコ動画でこれを見るのが最近は本当に楽しみです。

ここ数回、裏切ったり再合体したりで目まぐるしく人間関係が動きました。
こういう辺りはドラゲーのユニット間抗争に通じるものがありそう。
魔理沙に2度も裏切られたアリスは正に、「信じてたのにぃ~っ!」って叫んでた頃の
ドラゴンキッドを思い出しました。

先週は輝夜対妹紅の有刺鉄線電流爆破デスマッチ?というものも。
金的やら竹刀やら有刺鉄線バットやら、笑えない反則を連発した上、
「死ねッ!」とか言ってる輝夜が素敵過ぎます。
本当に、殺しても死なない人達ならではのやり取り。



レッスルネタだけで更新するには量が足らんかなあ、と思ってプロレスネタも混ぜたら
やっぱり長くなりすぎてしまいました。

あんまりわかりづらいネタは止めようと思いつつ、
毎回プロレスネタは自重できてないですね。
動画でも貼り付ければまだわかりやすいんでしょうけど、
その辺は今ひとつ抵抗が…。
[PR]
昨日は久々に飲みすぎて終電を逃しました。
今日何も予定が無いからよかったものの、
頭が痛いやら喉が痛いやらで調子は最悪です…


さて今週もオフィシャルサイト更新。

開発雑記にフィギュアの写真が載ってます。
正直なところ、一番下の祐希子以外はちょっと…この出来は微妙じゃないかと。

キャラクター紹介については、
とりあえずUSAのコスチュームぐらいしかツッコミどころは無いかな。

ただ、前から疑問に思っていたんですが、
メガライトの「ベリートゥバック」って何か由来があるんですかね?

そりゃジャーマンは腹部と背面を接する形でかけるわけで
ベリートゥバックに間違いは無いでしょうが、
ジャーマンに限った名称ではないと思います。
個人的には背面からテイクダウンを奪うために、
相手をちょっと浮かせてうつ伏せに落とす技が
ベリートゥバックスープレックスというイメージがあります。



それと少し前の話になりますが、
レッスル愛の大会が行われることが発表されましたね。

いつまで待たせるんだとは思いましたけど、
とりあえず再開されるのは嬉しいことです。

しかし再開一発目の今回についてはあんまりモチベーションは高くないかも。
私は別に、
一般から見れば無茶な育成やルールギリギリの手段にも(明らかに違反でなければ)
抵抗はありません。

ただし今回は無差別タッグなので、今更どう頑張っても勝てる気がしませんからね。
パンサー&ブレードを急いで育てればそこそこやれるかもしれませんが、
まだ評価値1500にも到達していないので、後どれだけ時間がかかるかわかりませんし。

なのでまあ、今回は真帆&みことか市ヶ谷&美月で
直前の追い込みなどはやらず普通に楽しもうかと。

熱が冷めた強豪が回避してくれればあるいは…と考えなくもないんですけど、
そう甘くはないでしょう。


さて明日こそCBTのまとめを書きます。多分。
うーん、やっぱり美月ヒール化は失敗だったかな?
[PR]
他のサイトさんを見ていると、この3つはセットなんじゃなかろうかと思う時があります。
また、例え3つ揃っていなくても
野球-レッスルや競馬-レッスルといった組み合わせのサイトさんも多いですね。


しかししかし。
野球を扱っているサイトさんにおいては、
見た限りほとんどがセ・リーグの球団を応援していらっしゃるような。

そんな中、ここではパ・リーグの雄(?)我らがダイエ…ソフトバンクホークスについて
語りたいところですが、
上京して以来すっかり野球も見なくなったので正直よくわかりません。

ただまあ、とりあえず王監督が調子良さそうなのが何よりです。
今3位とのことですが、夏以降パッタリ打てなくなる印象があるので、
もうちょっと上のほうにいて欲しいかな。

それにしても、今年は楽天が頑張ること…



競馬の方ではディープインパクトが顕彰馬に選出されたとか。
そりゃあこの馬が選ばれなかったら他に何を選ぶんだという話ですが、
満票じゃなかったのは一時ドーピングなどでゴタゴタがあったからですかね。

それと、北海道の方では既に今年デビュー馬の新馬戦が始まりました。
そこでふと思い出したことがあります。

私はまだ競馬歴が5年目なんですが、
今年遂に自分が現役時を生で見た馬の子供がデビューするんですよね。
具体的には、
サクラプレジデント
ツルマルボーイ
キングカメハメハ
サニングデール
辺りが代表的なところでしょうか。

注目はやっぱりキングカメハメハ。
どんな子供が出走してくるか楽しみです。

カルストンなアイツの子供は来年だったかな?
同父の短距離馬サニングデールよりは頑張って欲しいところ。
テイエムチュラサンやシーイズトウショウにつけて超快速馬を狙ってみるとか…



最後にレッスル。
ハリキリ、今週は2作とも榎本綾関連でした。
いくらなんでも迷子放送は…(笑


ああそうだ。
愛のスカウト時に来島さんが「やっぱキヨバラだぜ」とのたまうバグは解消されたんですかね。
どう考えてもこれは有り得ないだろう、若鷹軍団的に考えて…


※パのファンのサイト持ちさんもいらっしゃるということに指摘を受けて気がつきました。
  どうもすいません…

ついでに、ライオンズファンはいないらしいというのを聞いて、
ちょっと安心してしまいました…
[PR]
by right-o | 2008-05-08 22:43 | その他
「美少女レスラー列伝 ブリザードYuki乱入!!」を入手しました。

まだちょっと触っただけなんですが、
主人公に祐希子を選んだあとのリングネーム選択の中に、
「フォクシー新咲」というのを発見。
真帆ーの名前って実はお下がりだったんでしょうか。

ただ最近今一つゲームをやる気が起きないので、
のろのろと進めることになりそうです。

そういえば「東方紅魔郷」も手に入れたまま積んでたんでした。
シューティングゲームなんてアインハンダーぐらしかクリアした覚えがないという
超イージーシューターなので、こちらもちょっと気後れがしてます。


逆に欲しくてたまらないのがグランドセフトオート4。
これはハードごと購入する必要がある上に海外版なので、
今週からの府中GⅠを全勝でもしない限り購入は難しいです。


しかし携帯ゲームは別腹ということで、
愛のポイントが最近ガンガン減ってます。
これからまた電車移動が増えるので、ポイントの追加購入も頻繁になりそうな予感。

そしてポイントの半分は中森さん育成のために注がれています。
ちなみに、検索「普通」の相手ばかりの甘やかし育成にも関わらず
勝率が5割にも満たないという異常事態に。

原因の一番は必殺技。
いくらなんでも「lv8ドラゴンスクリュー」ではどうしようもありません。
これに代わる高位の技もいまだ習得できず、しばし地味ーな闘いが続きそうです。


まーだ祐希子SSが書けてませんが、あるレスラーの試合を見て研究中。
プロレスで「カレー」といえばアノ人とアノ技だろうに、
なんで今まで気づかなかったのか…
[PR]
なんとなく、アイマスの新曲を全員分聞いてみました。
ゲーム自体は一度もやったことないけど、
いつの間にか登場キャラと性格は全員覚えているという。


さて、今回はチョチョカラス対ジョーカーレディでした。
時間が空いた割には、どうなのよという感じのデキですが勘弁してください。

使わせた技「ダ・グリンゴ・キラ」は、
エキプロでいう「バーターブレイカー」というやつです。
TNAのホミサイドというレスラーがフィニッシュに使っていて、
多分こちらの方が有名なのでこっちの名前にしました。
you tubeなんかのプロレス危険技集みたいな動画には
ほぼ必ず入っているシロモノで、
技名もスペイン語か何かで「白人殺し」という意味だそうです。

…まあ、そんな技使わせるなよというツッコミも有るでしょうけど、
どうしても、その、ね?(何

あと、結局ジョーカーアタックはスワンダイブ式フェイスクラッシャーにしてみました。
今まで実際には見たことが無いので、もしかしたらオリジナル技かも。
といってもただ単にトップロープから飛んで仕掛けるというだけのことなんですが。



さて話は変わって、ついさっきウチの軍団の鏡さんが引退しました。
鏡さんの思わせぶりな…というより直球の愛情表現を冗談で済ませた社長にイライラしつつ、
その美しい引き際を見送ったわけです。

そして欠員の補充ですが、
以前に雷電さんから教えてもらっていたお陰で
今回はバーコード漁りの苦行をせずに中森さんを確保できました。
早速、真帆ーと組ませるべく育成中です。


しかしここで問題が一つ。
今、ウチは評価値順に
中村真帆 2251
草薙みこと 2216
吉原泉 2209
市ヶ谷麗華 1878
杉浦美月 1844
佐久間理沙子 1157
上原今日子 1132
+中森あずみ 422

という構成なんですが、見てわかるとおり上3人だけが評価値で抜けています。
つまり、これではスタメン4人の評価値が揃えられないんですよ。

なので、今は評価値ではなく実力で4人を揃えるために、
真帆 麗華&美月 ミミさん
という軍団構成にしてあります。
麗華&美月タッグは、本当にタッグとしての運用しか考えていない育成をしているために、
どちらかピンで使うわけにいかず、
みことを下げてスタメンのタッグ枠で起用したわけです。

で、まあ何が言いたいかというと、
今のラディカルズは軍団評価値よりちょっと強めですよと。

あ、ただ…タッグ用の育成といっても、
もちろん自分が操作することを前提にしているので、
もしかしたらCPUだと大したことないかも知れません。
大会でもホームで楽勝したチームにアウェーで負けてた、なんてこともあったし。

練習試合でタッグ戦はできないので、自分じゃ確かめようが無いんですよね。
中森さんの育成が急務になりそうです。
[PR]
by right-o | 2008-04-30 22:34