年始の競馬

2日に行った佐賀は、負け…。
鼠の絵が描かれたぐい飲みだけもらって寂しく競馬場を後にしました。


で、今日も負けました。
といって平場がそこそこだったので惨敗というほどではなかったんですが、
あとはメインのどちらかか、6レースのアルコイリスが取れていればプラスだったかも。

そういえば今年の中山金杯は妙に人が多かったですね。
某カレー屋のおばちゃんが「有馬より多い」と言ってたぐらい。
流石に有馬より多いということはなかったと思いますが、売り切れてた店があったあたり、
この人出は競馬場にいた人のほとんどにとって意外だったんじゃないかなと。
単に土曜日だったせいか、それとも「JRAプレミアム」のせいか。

それとあともう一つ気になったことが。
今年から一部の本場場入場曲が変更されているんですが、
個人的な感想としては前の方が良かったかも。
JRAのホームページから作曲者さんの文を引用すると、

“競馬のバックグラウンドにある「人間と馬が築き上げてきた歴史の厚み」をも感じられるような格調あるシンフォニックな響きを活かしながら、これから始まるレースへの期待感を盛り上げるためのアクティブな印象を加えていくことを基本として制作いたしました”

ということだそうですが、
グレードレースならともかく、午前中から耳にする平場の入場曲には格調ある響きより
以前の軽快な感じのリズムの方があうんじゃないかと思いました。
ただ新馬戦の方は少なくともヤングマンよりずっとマシだと思います。


今年の中央競馬始めは微妙な結果に終わったわけですが、
さて今年はどんな1年になるんでしょうかね。
[PR]
by right-o | 2008-01-05 21:36 | 競馬