seizannさんからバトンをまわして頂いたので書いてみます。
…正直ウチまで来ると思ってなかったです。

1.目覚めた時に、10cm「真帆」があなたの顔を覗き込んでいました。どうします?
急に起き上がってゴツーン!
をやらないようにゆっくり起き上がりつつ事態を確認。
さらに夢ではないことを確認してから交渉開始。
マッカでも体力でも宝石でも差し出します。

2.10cm「真帆」を、あなたは飼いますか?
飼います。飼わせてください。

…なんか真帆だと「飼う」って言われても違和感ないな。

3.10cm「真帆」がお腹が空いたと主張しています。あなたは何を与えますか?
とりあえず油あげを。
あとは…何食べるんだろ?
なんかお酒とかあげてみたい気もする。

4.10cm「真帆」がトイレに行きたがっています。どうしますか?
う~ん…猫砂で我慢してください。
仕切りぐらいはなんとかするにしても。

5.10cm「真帆」がお風呂に入りたがっています。どうしますか?
茶碗で。目玉の親父扱い。
真帆なら見られても気にしないはず。多分。

6.10cm「真帆」と初デート! どこに連れて行きますか?
競馬場に…。
胸ポケットあたりに忍ばせてパドックで自分の相馬眼を補って欲しい。
真帆なら動物と会話できるはず。多分。

7.最後の質問です。10cm「真帆」が実際にいたら、あなたはどう思いますか?
他に何もいらないぐらいに入れ込んでしまうんだろうなあ。
多分小さい方には小さい方の魅力があるんだろうし。

でもやっぱり実際にいるとしたら大きい方がいいけど。
本当に真帆は可愛い。


もうまわすアテが無いので最後の質問は勘弁してください。
[PR]
今日はサバイバーに登場する団体の秘書、井上霧子さんの誕生日だそうです。

秘書といえば、
サバイバー2では某レッスル川柳じゃないけど引退した選手を秘書にしたり、
そうじゃなくてもウイニングポストみたいに一定期間ごとに秘書を交代させたりとか
できるようにならないかな。
それで秘書ごとに契約金が違ったり、固有の特典が付いたり。
例えば「泥棒に入られにくい」とか…。


最近はすっかりプロレスを見なくなったんですが、何故かアメリカの団体、TNAだけは2ヶ月ほど前から毎週欠かさず見てます。
TNAのレスラーって大半が来日したことがあるか、もしくはWWEに出ていたかするので大体知ってる顔ばかりなんですけど、キャラクターが変わっていたりして結構面白いです。
元WWE組は大体そのまま、特にカート・アングルとクリスチャン、ダッドリーズなんかは
ほとんど変わってないですね。
あとスナイパ…シュタイナーズも。
ライノはアル中?になっちゃったけど。

逆に当然といえば当然だけど、大体どこかが変わっているのが来日組。
今は「センシ」のロウキー。
インドキャラが強調されたサンジェイ・ダット。
クリスチャンと組んですっかりヘタレたAJスタイルズ。
カレーマンの中の人、クリストファー・ダニエルズ。

そういえば、元WWEで現IWGPタッグチャンピオンのトムコも毎回IWGPベルトを律儀に担いで登場してます。
クリスチャンにオモチャ扱いされたけど。あのベルト。

今日の日刊スポーツによると今度テレビ放送の枠が拡大されるようで、
すっかりアメリカではWWEに次ぐ第2団体として認知されたTNAですが、
その分規制も厳しくなってきたのか、以前ほどの無茶な試合はやらなくなったようです。
過激な試合で定評のあったXディヴィジョン王座も、今はWWEでいうIC王座ぐらいの
普通の中堅ベルトになった感じだし。


そういえばハッスルの地上波放送も規制が入るとか。
やっぱり有名になって注目されると、その分叩かれる機会も増えるんでしょうね。
レッスルも水着剥ぎを復活させるなら今の内に…。
[PR]
by right-o | 2007-09-15 22:27
バカンスで流れが切れてしまってベルトをめぐるストーリーというか妄想が浮かばないのでとりあえずシングル王座次期挑戦者決定トーナメントを開催。霧島を除く22~18歳の選手で行う。

以下試合速報っぽく纏めてみました。一部かなり無茶な技名変更をしてあります。
一回戦 
第一試合  パンサー理沙子対ビューティー市ヶ谷
市ヶ谷がラリアットで先制しペースを握るも、理沙子もアームホイップで次第に反撃しなかなか主導権を渡さない。それでもパワーに勝る市ヶ谷がやや有利に。終盤、勝負をかけた市ヶ谷のニーリフト連発からのビューティーボムはニアロープ。さらにブレーンバスターで追撃するもカウント2,9で返される。そこから理沙子は延髄斬りで反撃しサソリ固めでギブアップを迫るも、これに耐えた市ヶ谷の再度のビューティボムで3カウントが入った。

第二試合  中森あずみ対八島静香
試合開始から八島がヘッドバットを連発。中森がエルボーやラリアットを切り返して反撃する。中盤、中森が必殺のSTFを狙うもロープに逃げられる。しかしその後も足攻めに繋いで中森ペースへ。八島もデスバレーで反撃するも、最後は中森がエクスプロイダー(裏投げ)で試合を決めた。

第三試合  神塩ナナシー対ジュリア渡辺
手数は大体互角でも体力の差で神塩がリード。中盤以降は手数でも上回り渡辺を圧倒。逆転を狙った渡辺の飛びつき腕十字もロープ際。裏投げからタイガードライバーに繋いで神塩が危なげなく一回戦を突破した。

第四試合  ラズベリー榎本対芝田美紀
飛び技の苦手な芝田を榎本が翻弄し序盤を有利に進める。芝田は腕攻めと力技で攻めるも、芝田とは逆に打撃に対応できる榎本に大苦戦。しかしウラカンラナを2度パワーボムで切り返して強引にペースを戻した芝田はリング中央でストレッチプラム。榎本は3度目のトライでウルトラウラカンラナを成功させるもカウント2,5。その後ハイキックからタイガードラバーに繋いで芝田がなんとか意地を見せた。

準決勝
第一試合  ビューティ市ヶ谷対中森あずみ
ダメージは五分の両者。パイルドライバー狙いをリバースされた市ヶ谷がいきなり必殺ビューティボム。これを2,8でなんとか返した中森が必殺STFで反撃し、市ヶ谷これには耐えるも続くサソリ固めであえなくギブアップ。しかしかなり長時間関節技に耐え続けた市ヶ谷の検討が光った。

第二試合  神塩ナナシー対芝田美紀
満身創痍の芝田に対して余裕の神塩だが、開始早々の掌底で流血させられると必殺コンビネーションキックをくらい一気にピンチに。エアナナシー(フライングニールキック)で反撃するも芝田もすぐさまハイキック。両者ダウンを奪い合うが、最後は神塩がエアナナシーを2発叩き込んで粘る芝田を振り切った。

決勝戦
中森あずみ対神塩ナナシー
同期対決となった決勝戦。体力は両者とも五分だったが中森がアキレス腱固めからサソリ固めに繋いで瞬殺。霧島のベルトへの挑戦権を手に入れた。


パンサーを倒した時点で市ヶ谷様の優勝かと思いきや、意外にも中森がやってくれました。トーナメントの二回戦以降だと相手の体力が減ってるからいきなり抜けづらい関節技がかけられるせいでしょうか。


もう空き巣も怖くない、とか書いたら本当に空き巣が。約9000APやられました…
[PR]
by right-o | 2007-08-08 00:00
…タイトル通りいきなり16年目からです。

4月は基本的に新人取ってバカンス行くだけなので、とりあえず後はウチの団体と選手について書いておこうかと。

団体名は「Queen of Queens」です。略してQOQです。痛いですね。
設備は自社ビルとグッズショップ以外既に最大なのでもう空き巣も怖くありません。

以下選手と評価値を年齢順に。
23歳
ナイトメア神威 1150
スイレン草薙 1070
22歳
パンサー理沙子 1280
21歳
神塩ナナシー 1250
中森あずみ 1200
20歳
ラズベリー榎本 1200
ジュリア渡辺 1190
19歳
霧島レイラ 1240
芝田美紀 1190
18歳
八島静香 1110
ビューティ市ヶ谷 1160
17歳
沢崎光 1080
真壁那月 1020
16歳
相羽和希 990
滝翔子 860
15歳
吉原泉 380

この面子だと普通ならとっくに市ヶ谷絶対王政が布かれているところですが、評価値を調整したために現在のシングル王者は霧島。タッグが20歳コンビでジュニアは空位、それと2番目のシングルベルトとしてAAC経由で手に入れたNJWPヘビーを芝田が持っています。

どうも霧島が絶対王者化しそうな気配なので、誰に止めさせるかと、今までタッグは基本的に同年代組で組んできたので、これをバラして新しいタッグチームを作ることが今後しばらくの課題になりそうです。
[PR]
by right-o | 2007-08-06 21:25
ここではPS2のゲーム、レッスルエンジェルスサバイバーのプレイ記録というか、自団体の動向やタイトルマッチやリーグ戦の記録などを書いていきたいと思います。団体の運営方針としては、
・全選手の最盛期の評価値を1100~1300の間にする
・他団体と付き合わない。ただし毎年2人海外フリー選手を雇う
という2点を守っていきたいと思います。

他団体と付き合わないのは、海外団体と提携した場合に参戦してくる選手に自団体のベルトを奪われると、他の国内団体に契約を横取りされた場合にベルトまで持ち逃げされてしまうからです。逆に海外団体のベルトを奪っても防衛が面倒なだけですし、海外フリー選手を雇えば十分やっていけます。
評価値については、なるべく多くのキャラクターでベルトを奪い合う形になった方が見ていて面白いと感じたからです。なので強いキャラにはコーチをつけなかったり、弱いキャラには所謂タッグ法を使ったドーピングを施してあります。

普通にプレイしているとシングル王座がなかなか取れない、といっても弱くはないのでリーグ戦や噛ませ犬には欠かせない、そんな「中堅」を集めた団体の活動記録です。
[PR]
by right-o | 2007-08-05 23:38