タグ:ジューシーペア篇 ( 8 ) タグの人気記事

 内田からタッチを受けたあと、暫くは上戸の大活躍が続いた。
 ロープへ振った来島目掛け、その場で一回転してからお株を奪うようなラリアット。
 さらに引き起こして背後に回ると、今度はきっちりホールドする形のジャーマンを豪快に決める。
 これに来島はギリギリで肩を上げたが、その後すぐには起き上がれず、横になったままで頭を抱えてしまった。
「っつ……」
(良くない落ち方をしたようね)
 今の一発か、もしくはその前の投げっ放し、またはそれより前、内田がスリーパーを切り返した変形のリバースDDTか。
 それらの内のどれか、もしくはどれもが原因となって、来島は頭部にダメージを負ってしまったようだった。
(場所が場所だけに気が引けるけど…容赦はできないわ)
 部位が違っても、要は先ほど内田が足を攻められたのと同じこと。
 王者組に出来た大きな弱点を、狙わない手はない。
「おらおら、どうしたッ!」
 リングに出ている上戸も、もちろん加減しなかった。
 一度ロープを背負ったあと、うつ伏せになっている来島へゆったりと近づき、
 飛び上がっての右膝を後頭部へ投下。
 続いて場内から悲鳴のような声が上がる中、抵抗しない来島を無理矢理立たせると、
 その頭を両腿で挟み込んでジャンピングパイルドライバー。
 ぐったりした来島の上に覆い被さったが、それでも3カウントだけは許さない。
 それならと上戸は、上体だけを無理に引っ張って両膝立ちにした来島の頭へ腕を回し、
 わざと祐希子のいる赤コーナーを向いてヘッドロックに捕えた。
「恵理っ!起きてッ!!」
 祐希子が叫び、客席から「キシマ」コールが起こり始めると、
 いよいよ上戸はふてぶてしさを見せる。
「おいレフェリー、コイツ大丈夫なのかよ?チェックだろ」
 言いながら来島の頭を捻じ切るような勢いで締め上げ、
 ついにそれを見たレフェリーが、だらりと垂れている来島の手を取って持ち上げた。
 一回、二回と上げられた手が虚しく落ちたが、
 三度目、レフェリーストップとなる寸前で落ちかけた手が止まる。
「うおおぉぉぉぉっ!!!」
 そのまま上戸の腰をがっちり固め、ヘッドロックをかけられた状態から背後に投げ捨てるバックドロップ。
 どうにか意識を繋いだ来島は、ふらつきながら祐希子の手に飛びついた。

「お返し、いくわよッ!」
 タッチを受けた祐希子はすぐにロープへ飛び乗り、
 立ち上がりかけていた上戸に向かってスワンダイブ式のドロップキック。
 受けながらも立ち上がった上戸へ、さらに左右のエルボーからローリングしてもう一発。
「なんの、まだまだぁッ!」
 これも受け止めた上戸がその場でラリアットを振り抜いたが、祐希子も仁王立ちになったまま動かない。
 パートナーの頑張りに応えるような気迫で、ついに祐希子が肘で上戸を薙ぎ倒して見せた。
「決める!!」
 流れを掴んだと見たのか、祐希子は上戸の大きな体を持ち上げ、
 シュミット式バックブリーカーを決めてニュートラルコーナーの前にセット。
 そしてリングに背を向ける形でコーナーを駆け上がり始めた。
(マズイ…!)
 そう感じた内田は早々とカットへ動こうとしたが、
 重い体を必死で引き摺ってこちらへ向かう来島を見て思い直す。
 開始からとにかく全力を出すことだけを考えてきた中で、ここにきてようやく、
 内田の頭に勝利へのシナリオが浮かんできつつあった。
 それにはまず、上戸一人でこの局面を乗り切ってもらわなければならない。
 内田はコーナーからロープをくぐってすぐ、圧し掛かるようにして動きを止めにきた来島に、わざと捕まった。
 その直後、高々と祐希子が宙を舞う。
「返せッ!!」
 会場中の、自分達を応援してくれているファンの誰よりも、内田が一番大きく叫んでいた。
 その声に応え、上戸はどうにか2.9を守った。
(よしっ!)
 上戸の肩が上がった瞬間から内田は自分の仕事に移る。
 死に体の来島に膝を入れ、正面から首を脇に抱えて青コーナー上に座った。
 そこから首を振り回すようにしてスイングDDT。
 これで来島にダメを押し、戦闘不能にしたはずだった。
 次いでそのままリング内に介入すると、
 もう一つの必殺技を狙って、上戸を肩車で持ち上げていた祐希子の顔面をトラースキックで蹴り飛ばす。
 上戸を乗せたままで前に崩れた祐希子を見届け、コーナーへ戻った。
「早くっ!!」
 これまたダメージの深い上戸とタッチを交わして内田がリングインすると、
 案の上、祐希子の方は這い戻っていた来島との交代を躊躇っている。
「くっ…!」
(悪いけど、あなたから勝たせてもらうわ)
 交代を諦めて自分の方を振り向いた祐希子を、内田はじっと見据え、待ち構える。
 しかし、
「代わってくれっ…!」
 言うなり、来島の手が伸びて祐希子の肩に触った。
「アイツには、この前取られてるんだ…!」
 言葉通りの意地か、それともパートナーの助けになれないことへの情けなさか。
 下がろうとしない祐希子を押しのけて入ると、来島は確かな足取りで内田へ向かって走り込む。
「あっ…!」
 つい気迫に釣り込まれて中央に出てしまった内田の首を、来島の右腕が刈り取った。
 内田はその場で綺麗に一回転し、顔からマットへ着地。
「なぁにやってんだよ!起きろッ!!」
 何秒か完全に意識が飛んでいたらしく、カットに入った上戸の声でようやく気がついた。
「任せたぜっ!!」
 そう言い捨てて、上戸は祐希子ともつれ合いながら場外へ。
(いけない!)
 とにかく必死で自分の意識を奮い立たせ、体を起こす。
 目の前には、来島がロープを背に受けて右腕を振りかぶっている光景。
(どうする…!?)
 もう、つい数十秒前の余裕も計算も頭に無かった。
 しかも、不思議と体が避けようとはしない。
 内田の足は前に出ていた。
 再度ナパームラリアットにくる来島へ自分から飛び掛り、両膝を揃えて顔面へ添える。
 そのまま来島の髪を夢中で掴んで後に倒れ、膝で顔を跳ね上げた。
「クソっ…!?」
 まだ倒れない来島の頭を肩の上に担ぎ、目に映ったニュートラルコーナーへ向かってダッシュ。
(決まれ…ッ!!)
 コーナーを駆け上がって、宙返りしながら二度目の変形リバースDDTを決めると、
 来島の両足を抱えて押さえ込みながら、必死でそう祈り続けた。


「はぁ、はぁ…」
 リングの隅、コーナーにもたれて座り込んだう内田は、
 ロープをくぐって中に人が集まってくる様子を、ただぼうっと眺めていた。
(あれ、どうなったんだっけ…?)
 頭が鳴るように痛く、思考がうまく働かない。
 しかし考え事の答えは、何よりも確かな形でもたらされた。
「う」
 金色に輝く重たいベルトが胸の上へ乱暴に置かれ、聞きなれた声が降ってくる。
「なにボケっとしてんだよ!お前のだぜ」
 同じベルトを肩にかけた上戸が内田の手を取って強引に引き起こし、
 そして持っていたマイクを内田に渡した。
「ほら、ビシッと締めてくれよ」
「え?あー…」
 試合が終わった安堵感と試合に勝った嬉しさ、それに頭の痛さが混じり合って何も口に出せずにいたところで、
「おいっ!!」
 という来島の大声が会場に轟く。
「また負けちまったけど、すぐに取り返してやるからな!もう一回、オレ達と戦え!!」
 花道の上、祐希子に肩を貸され、後頭部に氷嚢を押し当てた痛ましい姿でも、
 来島は相変わらず意地を張っている。
 それを見て内田は、今度は本心からこう切り返した。
「…しばらくは、ヤダ」
 と。

[PR]
by right-o | 2009-01-30 23:16 | 書き物
「くぅっ……!」
 自分の技で足を締め上げられながら、内田はなんとか這ってロープまで辿り着いた。
 痺れた右足を痛がる前に、まず立ち上がらなければならない。
 が、一旦技を解いたものの、祐希子はそう簡単に内田を逃がさなかった。
 ロープを支えに立ち上がりかけた内田の右足を引っ張り、再び中央へ引き戻そうとする。
「逃がさないわよ」
「しつこいっッ!」
 右足を祐希子に掴まれた片足立ちの状態から、素早く左足で踏み切っての延髄斬り。
 しかしこれを読んでいた祐希子は、頭を軽く下げるだけであっさりとかわしてみせた。
 捨て身の一撃を避けられ、内田は右足を取られたままで、またしてもマットに這わされてしまう。
 祐希子はすかさず、掴んでいた内田の右足を自分の両足に挟んで固定しつつ背中に乗り、
 ラッキーキャプチャーに続いてSTFまでやり返していった。
(まさか私が、関節技でいいようにされるなんて…!)
 想定とは真逆の展開に、流石の内田も焦り始めていた。

 このあとも、内田は王者組に徹底して捕まえられ、交代させてもらえない。
 場外で上戸を振り切った来島が祐希子と代わって入ってきても、
 青コーナーに戻るチャンスはなかなか訪れなかった。
 来島の方も、前回や上戸を前にした時の粗雑さを押さえ、
 ある意味チャンピオンらしい堅実な攻めを見せる。
 わざと立ち上がらせた内田の背後から、痛めた右足をラリアットで刈り取ると、
 そのまま足を持ってリング中央で逆片エビ固めへ。
 青コーナーの上戸へ見せつけるように、内田の体を高々と背後へ反り上げた。
「何してんだよッ!?」
 パートナーの苛立つ声を聞きながら、
(情けない…っ!)
 そう思っても、今は耐えて脱出のスキを窺うことしかない。
 五分近くローンバトルが続いたあとで、その機会はようやく巡ってきた。
 再度祐希子と交代するため、来島が内田の右足を持って引き摺るように赤コーナーへ戻ろうとした時、
 内田がパッと両手でマットを跳ね、左足だけで立ち上がる。
 そこから、先ほど祐希子にも試みた片足立ちでの延髄斬り。
「おっと!」
 祐希子がしたのと同じように、来島が頭を下げてこれを避けたところで、
「ハッ!」
 今度は倒れずに左足だけで着地して見せた内田は、
 同時に再びマットを蹴り、延髄斬りの軌道を逆からなぞるようにして、
 頭を上げた来島のこめかみを狙ってヒールキック一閃。
 不意を突かれた来島が右足を放し、内田はすぐに交代へ向かおうとしたが、
 来島の方も頭を蹴られながら踏みとどまっている。
「逃がすかよっ!」
 足の痛みをおして青コーナーへ行こうとする内田の背後を捕まえ、
 首に腕を回してスリーパーホールドに捕獲。
「ぐっ、この…!」
 同時に、手を伸ばせば届きそうな距離に迫っていた内田と上戸の間へ、
 赤コーナーから飛び出した祐希子が割って入り、せっかく痛めつけた獲物を逃すまいとする。
「くそっ、放せッ!」
 ロープの間から身を乗り出していたところを押さえられ、上戸が喚いた。
 反則と言えば反則だが、この程度は駆け引きの範囲。
 むしろ勝負所をわきまえた王者組の姿勢は、流石と褒められていいものだろう。
「もう、少し……っ!」
 内田が必死でもがいても、体格と腕力に勝る来島はびくともしない。
 それどころか、首と腕の間はぴったりと閉まって指を入れる隙間も無く、
 下手をすればこのまま落とされかねなかった。
(こんな…技で…!)
 徐々に抵抗する力が失われていく中、ぼやけてきた内田の視界に、
 祐希子に押さえ込まれながらも上戸が必死に手を伸ばしているのが映る。
 それを見るにつけ、やる気十分なのに代わってやれないパートナーに申し訳なく思えてきたが、
 次いで内田は妙なことが気になった。
 こうやって手を伸ばす時、掌は大体下を向いているのが普通だと思えるが、
 差し出されている上戸の手は上を向いているのだ。
 諦めずにタッチを要求しているのかと思ったが、それにしては指の間がしっかりと閉まっていて、
 どこか過剰に力が入っている。
 さらに、雑音が入りすぎてよくわからないが、上戸が何か叫んでいるように聞こえた。
(ああ、…そういうコトっ!)
 相棒の意図を理解した内田は、両手を上に伸ばして肩越しに背後の来島の頭を掴み、
 残った力を腕ではなく自由な両足に込める。
「…っ!飛べっ!!」
 そう叫んでいた上戸の声に応え、伸ばされている掌に右足を掛けて踏み台に。
「うおっ!?」
 その場で大きく宙返りして首にかかった腕を振り払うと、
 同時に来島の首をドラゴンスリーパーの要領で小脇に抱えながら、その背後へ尻餅をついて着地。
 リバースDDTの形で後頭部をマットへ叩きつけた。
「お待たせっ!」
「おうっ!!」
 異変に気づいた祐希子が振り向いた直後、タッチを交わした内田は場外に転がって消え、
 代わってついに上戸がリングイン。
「うおおおりゃあぁぁぁぁぁ!!!」
 まずは来島に気を取られた祐希子を思い切り突き飛ばすと、
 頭を打って立てずにいる来島の背後へ回り、強烈な投げっ放しジャーマンをくらわせる。
 さらにもう一度向かって来た祐希子を、まるで枕か何かのようにフロントスープレックスで放り投げ、
 リングをほぼ横断飛行させた。
「あー、惚れ直すわ」
 もそもそとコーナーへ戻りながら、内田はなんとなくそう言ってみる。
 今まで溜め込んでいた分を爆発させた上戸が、瞬く間にリング上を制圧した。

[PR]
by right-o | 2009-01-29 23:15 | 書き物
 立ち上がりは全くの互角だった。
 内田対祐希子、上戸対来島が一対一で向かい合う局面が続く限り、
 この試合は容易に終わりそうにない。
 拮抗が崩れるためには、どちらかが大きく動く必要があった。
(そろそろ…)
 意地の張り合いから上戸と来島が同時に腰を落としたのを見て、
 仕掛けるタイミングを窺っていた内田が、ロープをくぐって中に入ろうとする。
 しかし、それよりも反対側の祐希子がロープを飛び越える方が早かった。
「恵理、立って!」
 パートナーを叱咤しながらその上を跳び越すと、リングに入りかけていた内田を場外へ蹴り落とし、
 続けて起き上がった上戸へ、その場で大きくジャンプしてのローリングソバット。
(しまった…っ!?)
 受けて立つ姿勢の王者組を、自分達が掻き回す。
 内田はリング下で、自分が知らず知らずそんなイメージに甘えてしまっていたことに苛立った。
 タイトルが懸かっていることへの意地か、それとも今までいいようにやられてきたことへの鬱憤があるのか、
 今日のチャンピオンはかなり積極的だったのだ。
「いくわよっ!」
「おう!」
 パートナーの援護を受けた来島が、上戸を肩の上へうつ伏せに担ぎ上げ、そのままニュートラルコーナーへダッシュ。
 やや体を前に傾けて、上戸を背中からコーナーポストへ叩きつけた。
「ぐっ!」
 そして逆さまになった上戸の足首を組んでコーナーの裏に引っ掛け、宙吊りにする。
「な、放せっ!」
「嫌なこった。行け、祐希子っ!」
 反対側のコーナーで待機していた祐希子は、ぶら下がっている上戸を指差して手拍子を要求。
 ちらと場外の内田へ視線を送ったあと、対角線を真っ直ぐに駆け出した。
「はあぁぁぁぁぁっ!!」
 助走をつけ、リングの中ほどで踏み切って跳躍。
 大きな弧を描いてジャンプしつつ、両足を曲げて空中で長い長いタメをつくると、
 コーナー下で逆さまになっている上戸の顔面へドロップキックを突き刺した。
「ち」
 と、単純な動作にほんの少しアレンジを加えることで華麗な魅せ技にしてみせた祐希子へ、内田はちょっと舌打ちする。
 何かお株を奪われたようで面白くなかったのだ。
(なら、こっちだってなりふり構わず行くわよ)
 祐希子が下がったあと、来島が、逆さ吊りから解放された上戸へさらに追い討ちをかけようとしているところで、
 内田はおもむろにエプロンへ上がって声をかけた。
「ちょっと!そこの筋肉バカ!」
「…あ?」
 来島が注意を向けた時には、既に内田はトップロープの上に飛び乗っていた。
 そこからジャンプしつつ体を捻り、やや高めの軌道でスワンダイブ式のフライングニールキック。
 不安定な足場から繰り出したとは思えないほど綺麗なフォームで飛んだ内田は、
 待ち構えていた来島の腕の中にちょうどよく収まった。
「誰が筋肉バカだって…」
「お前だよッ!」
 直後、内田を抱えた来島の背後を、上戸が這った姿勢からの低いタックルで薙ぎ倒す。
 倒れた来島の胸の上へ、抱えていた内田の尻が乗って潰した。
「うおっ!?」
 強引な連係で、傾きかけていた流れをジューシーペアが引き戻す。
 チームワークの面でも、両組に差は無さそうであった。

 相変わらずどちらが優位とも言えない中、双方が再度タッチを交わし、
 リング上には再び内田と祐希子立つ。
(今度はこっちからいくわよ…!)
 大きく状況を変えるには、やはり何か意表をついて仕掛けるしかない。
 内田は、できれば祐希子を崩してみたいと思っていた。
「はぁッ!」
 また序盤のスピーディーな攻防が繰り返されるかと思われたが、
 不意に内田は、向かい合った状態から左右の掌庭を放っていく。
「っ!?」
 顔をカバーするため祐希子の腕が上がると同時に、空いた脇腹へミドルキック。
 そして若干回り込みつつ膝裏へのローキックで片足をマットへつかせ、
 今度は胸板に向かっての素早い連打へと繋いだ。
 特別なバックグラウンドこそ持たないものの、長い経験と場数を踏んだ内田の打撃はなかなか鋭い。
「ハッ、ハッ、…せッ!」 
 最後に力を溜めた一発を蹴り込んだあと、中腰で仰け反った祐希子の反応を待つ。
「…っこのぉッ!!」
「うっ!?」
 案の定、気の強さそのものは来島にも負けない祐希子が、真っ向からやり返してきた。
 立ち上がった直後、いきなりのハイキックが危うく内田の頭をかすめ、
 続けて左右の張り手を挟み、やはり空いた脇腹に向かってこれまた鋭いミドルキックを返す。
 今度は一転してバチバチの打撃戦か――と、見ている方は思ったが、そうではない。
 これこそが、内田の仕掛けであった。
(引っ掛かった!)
 全ては、初めから祐希子に不用意な蹴りを打たせるための誘いだったのだ。
 祐希子の右ミドルキックを耐えた内田は、一旦左腕を回して蹴り足を捕まえたあと、
 一瞬腕を放しつつ体を沈ませ、今度は足を左肩に担ぐ形へと持ち替える。
「くッ!?」
 続けて、片足で不安定に立っている祐希子の左足を根元から右腕で掬い上げるようにして一気に持ち上げた。
 自然、パワーボムで持ち上げたのと同じ体勢ができる。
「うりゃっ」
 そこから上体だけを折って叩きつけ、上から押さえつけてカバー。
「まだまだッ!」
 そしてくの字に曲がった体を力一杯反らせ、祐希子がカウント1で返してくるまでが織り込み済みの事柄。
 マットの上で跳ねた祐希子の左足を取りながら巧みに操ってうつ伏せに倒し、
 内田はパワーボムからSTFへと、流れるように移行してみせた。
「ぐぅ…っ!」
 ほぼリング中央で祐希子を捕え、同時にその上を跳び越して行った上戸が来島のカットを妨害。
(どうかしら…ッ!)
 足と顔面を締め上げながら、内田は今度こそ優位に立ったと思った。
 背中に人間一人背負いながら、祐希子はじりじりとロープへ向かっていたが、
 エスケープされたとしても後に残るダメージを与えられるだろう。
 しかし祐希子の手がロープへ届く前に、内田は技を解いて体を起こした。
 離れ際に祐希子の足を引っ張ってリングの中央に戻すと、
 左の足首を思い切り持ち上げて振り下ろし、膝をマットへ打ちつける。
(一気に畳み込んでおくッ!)
 場外に目をやって上戸が来島を釘付けにしているのを確認すると、
 内田は祐希子の正面にあるロープを飛び越え、エプロンに着地した。
 そのままトップロープに両手を置いて、祐希子が起き上がろうとするのを待つ。
 祐希子が片膝をつき、立ち上がりかける瞬間を待ってロープの上に飛び上がった。
「ほっ!」
 トップロープを両足で捉え、高々と跳躍。
 足を痛めたせいで咄嗟に避けられなかった祐希子は、スワンダイブ式のミサイルキックに備えて身構えた。
「痛ッ!」
 が、上空から落下してしてきた内田の足は、祐希子の胸板を通り過ぎて左膝の皿を撃ち抜く。
 高い所から低い的を狙った一発に、たまらず祐希子は再度膝をつかされてしまった。
 そして、内田が必勝パターンの仕上げに入る。
「ラッキィィィィ……」
『『『キャプチャー!!!』』』
 かなり馴染んできたフレーズを観客と一緒に叫び、ロープへ。
 そこから勢いをつけて逆向きに飛びつきながら両足で胴を挟み、
 相手を前に引き倒しつつ、その股をくぐるようにして膝十字固めへ…とはいかなかった。
「えっ…!?」
 ロープから跳ね返ってきた内田へ、痛みをこらえた祐希子が逆に背中を見せて飛びついたのだ。
 見様見真似とは思えない、見事なカウンターのラッキーキャプチャーが祐希子によって決まる。
「わかりやすいわよ。わざわざ予告してくれるんだから…!」
「ちっ…!」
 自分の技でマットに這わされながら、内田は音がするほど奥歯を噛み締めた。

[PR]
by right-o | 2009-01-28 00:16 | 書き物
 入場を終えたジューシーペアの二人は、後入場の王者組をリングの上で待っていた。
「で、今回は作戦とかあんのか?」
「別に。もう好きなように暴れていいわよ」
「おっしゃ!そうこなくっちゃな!」
 ゴングが待ち切れないようにはしゃぐ上戸の横で、内田は静かに瞳を閉じている。
(その代わり、私も好きなようにさせてもらうけどね)
 片方だけ開かれた内田の左目が、赤紫色の髪をした対戦相手を捕えた。

 メジャー団体ならではの、タイトルマッチに関わる煩雑な儀式を終えたあと、
 両タッグチームはリング中央で改めて向かい合った。
 一ヶ月前の初対戦時と比べて、同じ組み合わせでありながら異なる点が二つある。
 一つは、ゴールデンペアの腰に巻かれている威厳ありげなベルトの存在。
 もう一つは、前回の対決で勝ちをさらった張本人である内田の表情。
 相変わらず火花を散らしての睨みあいを繰り広げている上戸と来島の隣で、
 内田もまた、正面から祐希子と向かい合っていた。
 これまで、特に一週間前の祐希子との前哨戦で、のらりくらりと立ち回り、
 目の前の試合以外のことまで考えて戦っていた時とは、明らかに態度が違う。
(私も、あとは思いっ切り暴れるだけよ)
 観客の期待を十分に煽り、団体とチャンピオンにはベルトを賭けさせることに成功した。
 舞台が全て整った今は、奇策や相手の意表を突いての勝ちを狙う場面ではなく、
 自分の本当の実力を存分に見せつけるための時間であった。


 睨み合いから一旦離れ、両チームがそれぞれのコーナーへと戻る。
 当然先発は自分達だと思っていきり立つ上戸と来島の傍で、
 内田と祐希子は大人しくロープをくぐってエプロンへ下がった。
 が、
「な、おいっ!?」
「お先にっ!」
 ゴングと同時に飛び出しかけたパートナーの肩を叩き、内田と祐希子は同時にロープを乗り越えてリングへ踊り込んだ。
「なんだよ祐希子っ!?」
 それぞれのコーナーで同じような声を上げるパートナー達を尻目に、二人の試合巧者が飛び出し、
 まずはドロップキックがリング中央で交錯する。
 続いて内田がロープへ走ると、これを祐希子は正面から両足を開いてリープフロッグで飛び越え、
 振り向くと同時に、返って来た内田の勢いを利用した見事なアームホイップ。
 対して内田も起き上がりざまに素早くやり返し、二人は互いを手品のように軽々と数回投げ飛ばしあった。
 ここでもう既に手を叩きかけている観客もあったが、ファーストコンタクトはまだ終わらない。
「ッ!」
 不意をついてトーキックを入れた内田は、祐希子を一気にロープへ押し込んで反対側に飛ばすと、
 これ見よがしに背中を屈めてショルダースルー狙い。
「はっ!」
 祐希子の方は、内田を前転して飛び越えつつその胴を両腕で捕まえて引き倒し、
 ローリングクラッチホールドを決めようとする。
 しかし、内田はその力を利用し、足を開いて尻餅をついた祐希子の前で後転、
 体を丸めたままで両足をマットにつくと、その場で小さくジャンプして祐希子の顔面へ両足を揃えたドロップキック。
「ぶっ」
 が、祐希子の方も顔を蹴られた勢いで後ろに転がり、
 起き上がりかけていた内田の顔を、全く同じ要領で蹴りつけた。
「うっぶ」
 両者が、赤くなった鼻を片手で押さえながら中腰で向かい合うと、
 ここでようやく、万雷の拍手が沸き起こるための間ができた。

「おい!早く代われよっ!!」
「祐希子、代わってくれ!」
 内田と祐希子が素晴らしい攻防を見せたあと、その余韻に浸っていた会場の空気を、
 赤青両方のコーナーから響いた大声が掻き消した。
 リング上の二人が、視線を合わせたままじりじりと下がって交代すると、さらにその空気は一変する。
「「おおぉりゃあぁぁぁ!!!」」
 全速力で飛び出して来たパワーファイター同士が、リング中央で文字通りに激突。
 小技の応酬で相手の出方を見よう、などと微塵も頭に無い両者は、今日も初めからパワー全開でぶつかり合った。
 互いに一歩も退かないタックル合戦から、まず最初に仕掛けたのは上戸。
「おらっ!」
 と、いきなり膝を入れてロープへ押し込み、
 そこから来島を反対側に飛ばしつつ自分も走って追いつくと、
 来島が振り返ってロープを背負った瞬間、そのどてっ腹へさらに膝を突き刺す。
 この大きな体を使った豪快なキチンシンクを、往復で決めてみせた。
 しかし、もちろん来島はこの程度で止まらない。
「効かねぇっ!!」
 何事も無かったように上戸の足を払いのけ、腕を掴んで今度は来島が上戸をロープへ飛ばす。
 そして返って来たところで、自分より大きな上戸を軽々と振り回してパワースラムで叩きつけた。
「効くかよっ!!」
 とても女性二人が起こしたとは思えない衝撃がリングを揺らしたが、上戸もまたダメージを感じさせない。
 覆い被さった来島を跳ね除け、立ち上がりざまに思い切りその顔を張った。
「テメェっ!」
「こンのッ!」
 張られたら、張り返す。
 カウント2で肩を上げる行為と並ぶプロレスラーの条件反射であったが、
 二人は足を止めたままで、何十発もお互いに相手の頬を平手で打ち続けた。
 初めは相手の一発をまず受けてからやり返していたのが、
 段々と一発受けてやるのも面倒になってきたのか、最後にはただひたすら腕の動くに任せて張り続け、
 それぞれ頬が真っ赤に腫れ上がったところで、フルスイングした右手が交錯。
「ちぃっ!」
「クソッ!」
 二人は、ふらついて尻餅をつくタイミングまで同じだった。

[PR]
by right-o | 2009-01-26 22:07 | 書き物
下の「キメラプレックス」のさらに続きです。


 内田は怒っていた。
 といって、人の忠告を丸っきり忘れてしまったパートナーに対してではない。
 控え室のモニターで試合を見ながら呆れはしたものの、
 上戸にあれ以上口うるさく言っていたところで、結果は変わらなかったと思っている。
 そんなことより。
(バカにしている)
 この団体について、そう思えてならない。
 タッグタイトルの前哨戦とはいえ、来島・祐希子という団体の看板選手二人と、
 自分たちのシングルマッチがあっさり組まれたことが不満だった。
(アメリカじゃないんだから)
 当然のこととして、内田は自分の力量に自信を持っている。
 例え団体のシングル・タッグ二冠王であるマイティ祐希子が相手であっても、
 絶対にひけを取らないつもりだし、
 現に先日のゴールデンペア戦でそれを明確に示したはずなのだ。
 だったら、自分たちのシングルマッチは、もっと大事に取って置かれるべきカードではないのか。
 少なくとも、内田は自分が正当な評価を受けているとは思えなかった。
 そういうわけでこの試合、内田は最初からマトモな勝負をする気が無い。
 どうせ来週にはタイトルマッチがあるわけで、
 このカードを組んだ人間の目を覚まさせるには、そこでベルトを取ればいい話。
 そうなれば、後は内田自身がさっき上戸に言ったように、
 何もわざわざ前哨戦から手の内を見せてやることはないのである。


 だからといって、ゴングと同時に横になってわざとフォールされたり、
 露骨にカウントアウト狙いでリングを離れたりはしない。
 自分の評価を覆すのとはまた違った意味で、周囲に一泡吹かせてやりたいと考えているのだ。
 ただし、やる気の無さ自体は必要以上にアピールした。
 試合開始直後、素早いロープワークから祐希子のドロップキックを受けると、
 骨でも折れたように大げさな痛がり方を見せてリング外に転げ落ち、
 そのまま場外から戻ろうとしない。
「いやムリ。ムリだから」
 リングに入れようとするレフェリーに対して首を振って抵抗すると、
 そのままカウントギリギリまで場外に居座った。
 さらにその後も、少し真面目に戦ったかと思うと、
 チョップ一発受けただけで場外エスケープしたり、
 客席の野次や声援に試合を中断して言い返したり、
 一見すると、単にのらりくらりと立ち回って時間を稼いでいるだけのように振る舞う。
 もちろん、対戦相手の祐希子にとっては面白くない。
「真面目にやりなさいっ!」
 と何度も叫んでみたが、内田は一向に聞かなかった。
 だったら実力行使しかないとばかりに、祐希子は内田の無気力に構わず、
 強引に攻め込むことで自分のペースに乗せようとする。
 強烈なフライングニールキックを叩き込んでダウンさせると、
 コーナーに振った内田を追いかけて串刺しのラリアット。
 さらに対角線に振ってもう一発狙ったところで、
 流石に持て余した内田が前転で祐希子の腕をすり抜けてかわし、
 勢いでコーナーに突っ込んだ祐希子を、逆に追い詰めたような格好になった。
 祐希子にしてみれば、これでようやく普通の勝負が始まるかと思われたが、
 ここで一言、
『アホ毛がんばれー!』
 という野次が飛んでしまったことが、結局全てを台無しにしてしまう。
「うるさい!他人の髪型をそんなふうに言うな!!」
 いかにもカチンときたように、客席に向かって言い返す内田を見て、
 祐希子の辛抱も限界に達した。
(もう知らない!)
 コーナーを飛び出して、横を向いたままの内田に向かって突進。
 内田の唇の端が緩んでいたが、その面の横顔は、祐希子からちょうど陰になって見えていない。
 そして気づいた時には、胴が両足で挟まれていた。
 続いてマットを這わされ、膝十字を極められる。
 カウンターのラッキーキャプチャーが一瞬で決まった。
「しまった…ッ!?」
 思わずそう口にした時には、祐希子は既にロープを目指して必死に進んでいる。
 幸い掛かりが浅かったのか、意外にあっさりエスケープすることができた。
 内田は、祐希子の手がロープに届く前からさっさと技を解いて離れ、
 足の伸ばしたり曲げたりして状態を確かめつつ立ち上がっている祐希子に、
 両手の人差し指で照準する。
「ラッキィィィィィィ…」
『『『キャプチャー!!』』』
 だいぶ浸透してきた技名をファンと一緒に叫んでから、
 改めてもう一度ラッキーキャプチャーを狙ってきた…ように、祐希子からは見えた。
(ここで…?)
 祐希子はロープを背負っている。
 そんな相手に関節技を狙うような、考え無しのレスラーには思われない。
 しかし、こうして一瞬無駄な思考をしてしまったこと自体が、内田の術中に落ちている証拠なのだ。
 頭に疑問符が点いたままの祐希子に対し、内田は先ほどと同じように背中を向けて飛びついて
 両足で腰を挟み込み、そのまま体を前に倒して、祐希子の股の間をくぐろうとする。
 ここまでは、確かにラッキーキャプチャーの動き。
「あっ!?」
 しかしそこから、内田は足関節を取りに行かないままで祐希子の足の間をくぐると、
 同時に自分の両足を祐希子の両脇に下から引っ掛けて前に倒し、
 自然と前方に転がった祐希子の両肩をマットにつけ、さらに足を持って固めてしまった。
 要するに、「カサドーラ」というルチャ系の丸め込み技と同様の形。
 さらに。
『フォール!ワン!ツー!…』
 レフェリーがカウントに入るために屈むのを見計らって、
 内田はおもむろにセカンドロープを掴んだ。
 しかも、わざと祐希子に見せつけるように、堂々と。
「ちょっ…!?」
『…スリー!』
 反則に注意がいったせいで、肝心のフォールを返すことを忘れてしまった。
 結局、内田の策略はこれ以上無いぐらい図に当たったのだった。


『う~ん、私、シングルの方に挑戦しちゃおうかな』
「………」
 特に言い訳もせず、無言のまま睨んでいる祐希子の前で、
 実況席のマイクを取った内田は憎まれ口を叩いていた。
 その内自分だけ喋るのに飽きたのか、「何か言え」とばかり、リング内にマイクを投げ入れる。
 祐希子はそれを持つと、一言だけ口にした。
『本番じゃ、今日みたいにはいかないわよ』
『ふん……本当はアナタに言っても仕方ないんだけど』
 内田は再度リングに入り、初めて祐希子を正面から睨み返す。
『それはこっちの台詞なのよ。来週はこんな簡単に負けさせてもらえると思わないことね』
 二人の視線が、静かに火花を散らしている。
 アイスガールの闘争心に、これでようやく火が灯った。

web拍手を送る

[PR]
by right-o | 2008-09-12 21:23 | 書き物
「ラッキーキャプチャー」の続きです。

 とある大型体育館の控え室。
 ジューシーペアの二人は、あてがわれた部屋で、
 いつも以上に対照的な過ごし方をしていた。
 入念な準備運動を終えてヤル気に満ちている上戸を横目に、
 内田の方はイスに深く腰を下ろし、腕と足を組んでじっと動かない。
「なあ、何がそんなに気に入らないんだよ?」
 試合前に静かなのはいつものことだが、
 今日の内田は、集中しているというよりむしろ憮然としているように見える。
「…アナタに言ってもわからないわ」
「あっそ。まあ今日は組むわけじゃないから、そっちが不機嫌でも別に関係ねーけどよ」 
 この日はこれから、来週に控えたタッグタイトルマッチに向けて最後の前哨戦が組まれていた。
 セミで上戸が来島と、メインで内田が祐希子とシングルで当たることになっている。
「何せ今日こそは来島のヤツと…!」
「決着をつけてやる、とか思ってないでしょうね?」
 目を閉じていた内田が、器用に右の瞼だけを上げて上戸を見た。
「悪いかよ?」
 ハァ…、と長い溜息を吐いてから、内田は改めて上戸に向き直り、ちょっと怖い顔をする。
「いい?今日は本番じゃないんだから、手の内を全部見せることはないのよ」
「あー……つまり?」
「奥の手は使うなってこと。具体的に言えば、アレはジャーマンまでにしといて」
「ああ!大丈夫、アレを使うまでもねーって。じゃ、そろそろ行ってくるぜ!」
 言いながら、上戸が元気よく控え室を飛び出したあと、
 内田はもう一つ大きな溜息をついた。
 さっき言ったことは、もう上戸の頭からすっかり消えてしまっている頃だろう。
(まあ、二十分で決まる勝負とは思えないけど…)
 試合時間が短いことだけが、内田にとって救いだった。
 内田のこの辺りの考え方は、ちょっと屈折して見えるほど無駄に深い。


 が。
 内田のわずかな期待を裏切り、
 上戸VS来島の試合は、とんでもないハイスパートで繰り広げられていく。
 両者とも、「様子見はこの前済ませた」、とばかりに最初からパワー全開。
 まず額を突き合わせた後、どちらからともなくヘッドバット合戦が始まる。
 それぞれ十回食らわせた辺りでそれに飽きた二人は、
 ボディスラム、ブレーンバスター、パワースラムとそれぞれに掛け合った。
 さらに、来島がコーナーからのダイビングショルダーアタックを見せれば、
 上戸はリング内からロープ超えのフロントスープレックスで場外へ投げ捨て、
 互いに初対戦では開けなかった引き出しをどんどん披露していく。
 場外に出たら出たで観客席にまで雪崩込んで殴り合い、
 さらに地面の薄いマットをわざわざ剥がしてから、
 パイルドライバーを決めたり、返したりしながら意地を張り合った。
 ただ、この外に出ていた間には、いくらかの時間が経っている。

『二人とも、リングアウト負けにするぞ!』
 試合時間が十五分を経過した時点で、
 場外乱闘の長さに痺れを切らしたレフェリーが脅しをかけた。
 そして仕方なくリング内に戻ってきた二人は、
 また元のように額を突き合わせての睨み合いに戻る。
 ここで上戸が仕掛けた。
「オラァッ!」
 おもむろにロープへ飛ぶと、反動を使って来島へラリアット。
 「オマエの得意技で勝負だ」という、これ以上ない挑発だった。
「ッ…こんなもんかよ!!」
 仁王立ちで受け止めた来島が、右手を握り込んで震わせる。
 来島のお返しを期待した観客達が、一斉に騒いで盛り上がった。
「うおおおおおッ!!」
「ぐっ!?」
 もちろん来島はナパームラリアットで応え、今度は上戸が両足を踏ん張ってこれに耐える。
 しかし、流石に効き目が違った。
 倒れはしなかったものの、上戸の体が明らかにぐらついている。
「どうした!もう終わりか!?」
「うるっせぇぇぇぇ!!!」
 示し合わせたように同じタイミングで逆方向へ走ると、
 二人は全体重を前に預けてリング中央に殺到した。
 そしてさらに全力を込めて、同時に右腕を振り抜く。
「くはっ!?」
「がっ!!?」
 それぞれの喉元に炸裂した一発に、来島は数歩ふらついて持ちこたえ、
 上戸は後ろに転がって吹き飛んだ。
 純粋な腕力なら来島が上なのかも知れないが、
 それよりも、ラリアットにかける来島の意地が上戸を遥かに上回っていたと言える。
 確かな手応えを感じた来島は、頭を振って意識の靄を払うと、
 倒れた上戸にすかさず覆い被さった。
(ヤバイ……ッ!)
 そう感じた瞬間、無意識に上戸の足がロープに伸びていた。
 それを見逃さず、レフェリーが2まで入れたカウントを即中断して立ち上がる。
「チッ!」
 来島もすぐに立つと、肘のサポーターを直して「トドメ」をアピール。
 右腕をぐるぐる回して改心の一発を予告した。
 一方、
「…あんな…ヤツにッ……!」
 上戸はまだ試合に負けたわけでもないのに、
 歓声が無ければ周囲に聞こえるぐらい大きな歯軋りをしながら悔しがっていた。
 ロープに逃げなければ負けていたかも知れない。
 そう考えるだけで、無性に悔しくて、腹が立った。
 それが自分のいらない挑発が招いた事態だとかいうことは、覚えていない。
 ついでに、自分の体の痛みも忘れている。
 試合前にパートナーからもらった忠告は、言うまでもない。
「おりゃああぁぁぁぁ!!!」
 起き上がりを待って放たれた来島の攻撃を、上戸はこの試合で初めてかわした。
 ナパームラリアットをかいくぐって来島のバックを取ると、
 まずはジャーマンスープレックスで投げ捨てる。
「だあッ!!」
 レフェリーがフォールを数えようと身を屈める間も無く、
 来島の腰に手を回したままで立ち上がり、そのまま腕を持ち替えてドラゴンスープレックス。
「終わりだぁぁぁぁ!!」
 同じ要領で、さらにもう一発ロコモーション式のクロスアームジャーマン。
 ここまで反則的な大技を連続でもらっては、いくらタフな来島でも意識がもたない。
『ワン!ツー!…』
 しかし、俗に言う“レスラーの本能”からか、
 レフェリーの「ツー」を聞いた瞬間に来島の目が開いた。

(間に合えっ!)
 それでも結局、ゴングは鳴らされ、肩が上がったのは一瞬あと。
「よっしゃあ!!」
「おい!ちょっと待てよ!!」
 上戸はガッツポーズを作って立ち上がったが、来島は納得がいかない。
「返しただろ今の!見てないのかよ!?」
 レフェリーは、両方を無視した。
 試合が再開されることも、上戸が勝ち名乗りを受けることもないまま、
 ただリングアナウンサーの声だけが響きわたった。
『ただ今の試合、時間切れによる両者引き分けとなります』
「「ハァ!!?」」
 仲良く声を揃えたあと、事情を飲み込んだ二人は、
 またまた元のように額をつき合わせて火花を散らす。
 結局、内田の見立ては当たったが、希望はやはり、叶わなかった。

web拍手を送る

[PR]
by right-o | 2008-09-11 18:46 | 書き物
「…まあ、やられた分は返しておかなくちゃね」
 そうこぼしつつ青コーナーに上った内田に背を向ける形で、
 祐希子を肩車した上戸が立っている。
 何が起こるのかとざわつく観客に対して、首を切るポーズでアピールした後、内田が飛んだ。
 そして肩車されている祐希子の後頭部を鷲掴みにすると、
 そのまま荒っぽく顔面をマットに叩きつける。
 凄まじい落差のフェイスクラッシャーが決まった。
「返せッ!!」
 思わず来島がコーナーで声を上げるほどの一撃だったが、ここは祐希子が意地を見せた。
「チッ!」
 舌打ちしつつも上戸は引き起こした祐希子をブレーンバスターの体勢に捕え、
 既に次の攻め手に移っている。
 一息に祐希子を持ち上げると、投げるのではなくコーナーポストの上に座らせた。
「行くぜ!!!」
 祐希子を設置したコーナーから出ているロープに足をかけ、サード、セカンドと上がって行く。
 普段ならセカンドロープから仕掛けるところだが、
「今日は特別だ!」
 と、さらにトップロープにまで上り始めた。
(あーあーあー………)
 慣れない高さのせいでバランスが取れず、ぐらぐらしている上戸の姿はかなり危なっかしい。
「おっとっと……うおっ!?」
「このっ!」
 さらに、ようやくトップロープ上に両足で立てたところで、
 蘇生した祐希子の反撃に遭って今にも自分が落下しそうである。
「手間のかかる…!」
 それを見た内田は、すかさず2人がやりあっているコーナーまでエプロンを駆けると
 サードロープに足をかけ、コーナー上に座り込んでいる祐希子にハイキックを一撃。
「よっし!おおおりゃあああぁぁぁ!!!」
 パートナーの援護を受けた上戸による、
 トップロープからの雪崩式ブレーンバスターが豪快に決まった。
 2人分の体重が数メートルの高さから落下し、マットと観客を大いに振るわせる。
「祐希子っ!」
 ここは流石に来島がカットに入る。
 余計な動きをしていた分初動が遅れた内田は、来島の介入を阻止できなかった。
「なんだテメェ、邪魔すんな!」
 来島は特に余計なことはせずにすぐ引っ込んだが、
 ここでほんの一瞬上戸の気を引けたことが相方を救うことになる。
「終わりだ!!」
 そう宣言した上戸が祐希子を引き起こし、
 背後から腕を回して得意のジャーマンでトドメを刺そうとしたところで、
「ハッ!」
 と、祐希子は胴に回った上戸のクラッチを一息に切ると、
 その場で後方に宙返りしつつ背後の上戸の頭をオーバーヘッドキックで蹴りつけた。
「ぐっ…!」
 不意の逆襲にふらついた上戸だったが、なんとか踏みとどまると、
 来島へタッチに行きかけていた祐希子の足を掴んでさせまいとする。
 しかし逆に、掴まれた足を軸にしてもう一方でマットを蹴って放たれた
 祐希子の延髄斬りをくらい、ついに尻餅をついてしまった。
「マッキー!」
「祐希子!」
 互いに交代したい両者は、霞みがかかった意識の中で自分の呼ぶ声がする方に漸進し、
 ほとんど同時に交代を果たした。
 両者とも疲労が濃いのか単にものぐさなのか、
 コーナー横のサードロープ付近に寝転がったまま飛び出していったパートナーを見送った。
 そして対角線の両端からダッシュして来た控えの二人は、リング中央で激突。
 まず内田が、走ってきた勢いそのままに来島に飛び掛ってエルボーを浴びせ動きを止める。
 さらにロープに走ってもう一発入れるが、来島は倒れることなく受け止めた。
(っこの、馬鹿力…!)
「フンッ!」
 3度目を狙おうとした内田は、走りこんだところをパワースラムに捕えられて一回転。
 内田の力を利用しつつさらに自分の体重を乗せた、来島の見事な一発が決まった。
「決めるぞ!!」
 背中をしたたかマットに打ち付けられて顔をしかめながらも、
 来島が右腕で握りこぶしを作ってアピールしているのは内田にもしっかり見えている。
「誰がくらうかっ!」
 立ち上がりを狙った来島必殺のナパームラリアットは、
 内田の低空ドロップキックで阻まれた。
 続けて内田は膝を押えて転がった来島の右足を掴み、足4の字固めで追い込んでいく。
「ぐあああ……ッ!」
 再三狙われた膝関節を捕えられ、さしもの来島も呻き声を上げた。
 しかし、試合序盤とは違い本気で膝の痛みと戦っている来島を余所に、
 技をかけている内田の方は全く別のことを考えていたりする。
(後は邪魔なもう片方をどうするか、ね)
 内田の思い描くフィニッシュへのお膳立ては、これでほとんど全て整った。
 残す最後の仕上げへの手順を、技をかけつつ考える。
「くっ…このぉ……!!」
 この間、もちろん来島もじっとしてはいない。
 始めは腕を伸ばしてロープを掴もうとしていたが、
 これを諦めると今度は反転することで逃れようと試みていた。
「おっと!」
 来島の抵抗を抑えつつ、内田の視線はコーナーに控える祐希子を見ている。
 内田と同じくこの程度で来島は音を上げないと考えているらしく、
 今のところカットに入る素振りは無い。
(なんとか出てきてもらわなきゃ)
 そんなことを考えていたのが通じたのか、
「おらぁっ!」
 ほぼリング中央に位置している内田と来島を飛び越えて、
 コーナーを飛び出した上戸が祐希子に突っかかっていった。
 上戸はエプロン越しにエルボーを見舞って祐希子をリング下に落とすと、
 返す刀で膝の痛みに耐えている来島の頭に向かってその逞しい太股を投下。
 ブーイングを聞きながら悠々と青コーナーへ引き上げようとしたところへ、
 今度は怒った祐希子が襲い掛かる。
「何すんのよ!?」
 上戸の背後をドロップキックで蹴り飛ばすと、
 ついでに内田へストンピングを加えて来島を救出した。
(チャーンス!)
 ところがその祐希子が赤コーナーへ戻ろうとしたところへ、
 今度は内田がエルボーをくらわせたことで、リング上は四者が入り乱れる展開へ。
 まずは内田が赤コーナーから祐希子を対角に振ったところへ上戸がラリアット、
 その直後に根性で立ち上がった来島が上戸をバックドロップで投げ捨てる。
 そして来島の振り向き様を狙い、最後に内田がトラースキックで顎を撃ち抜いた。
 気がつけば、立っているのは内田一人。
 正しくここが絶好の見せ場と言える。
 本当に最後のダメ押しとして、来島が立ち上がるのをエプロンに出て待ち構え
 スワンダイブ式の低空ミサイルキックをくらわせると、
 内田はしばし間を置いて息を吸い込んだ。
「ラッキィィィィ、キャプチャー!」
 両手の人差し指で来島へターゲッティングし、ロープへ走る。
 膝を庇いつつもまた立ち上がった来島へ“背面を向けて”飛び掛ると、
 両脚を広げて来島の腰の辺りを挟み込んで一旦体を固定。
 来島の胴を脚で挟んだところから上体を反らせて反動をつけ、
 今度は来島の股の間をくぐりながら膝を捕えにかかる。
「な…、何だ!?」
 来島にとっては何が何だかわからない内に、膝十字固めが完成していた。
「ぐ…!うあああああ…!!!」
「ふふん、諦めなさい!」
 自由な上半身で必死にマットを這ってロープを掴もうとする来島だったが、
 これまでと違い明らかに本気で極めにきている内田は全く動きそうに無い。
「恵理っ!?」
 頼みのパートナーも、いつの間にか場外に落とされて上戸に捕まっている。
「ぐぅっ……!!」
 もがくのをやめ、今度は顔を突っ伏して痛みに耐えようとしていた来島の握り拳が、
 ついに開いた。
 しかし最後にわずか残った意地が邪魔をしているのか、
 マットを叩くはずの手は、開かれたままで虚空に留まって震えている。
(もう、一息…ッ!)
 来島の粘りを断ち切るため、内田もさらに力を込める。
「くっそぉぉぉ……!」
 ついに来島の我慢が限界に達しようとしたその時、急に内田の視界が暗くなった。
「このッ!」
「ぶっ!?」
 場外で上戸をなんとか振りほどいた祐希子が、
 エプロンから両脚でトップロープに飛び乗ってジャンプすると、
 そのままふわりと内田の顔面にギロチンドロップで着地したのだった。
「悪ぃ!」
 祐希子はすぐ上戸によって再び場外に投げ捨てられたものの、
 鼻に直撃をくらった内田は思わず手を離してしまっていた。
「痛ったぁ……!」
 鼻を押さえて立ち上がった内田が、
 とりあえず気を取り直して攻撃を再開するべく来島の方を振り向いたところ、
「……ッ!!?」
 来島の右腕が唸りを上げて内田の首に叩き込まれた。
 ショートレンジで振り抜く形になったナパームラリアットは、
 足の踏ん張りが利かないために上半身ごと浴びせるような形になったものの、
 そのせいでむしろ余計に効いたかもしれない。
 後頭部から着地した内田は、
 そのまま首をぐにゃりと曲げつつ後方へ折れてうつ伏せに倒れた。
「うおおおおおお!!」
 一方の来島は、足をわざと思い切り踏ん張り、
 膝をバシバシ叩きながら自分に喝を入れている。
 完全に攻守交替。
 観客も来島勝利の雰囲気を感じて大歓声を送っている。
「立ちやがれ!!」
 肘のサポーターを直した来島が、今度こその助走付きナパームラリアットを予告。
(ったく、首が飛んだかと思ったわよ…)
 うつ伏せから四つん這いになった内田は、時間をかけて少しづつ立ち上がる。
 頭を強く打ったものの、体はまだなんとか動く。
 それを確認しながら、マットについた両腕を伸ばし、体を起す。
「おいっ!大丈夫か!?」
 胴体を祐希子にがっちりと組み付いて押えられている上戸が、場外から声を張り上げた。
 リング内の動きに合わせ、当然場外の攻守も入れ替わっているのである。
 膝を伸ばして完全に立ち上がる寸前、内田は俯いたままで視線だけを上戸に送った。
 一瞬目を合わせただけでも、
 同じような修羅場をいくつも乗り切ってきた二人が意思を通わせるのに不足は無い。
「おおりゃああッ!!」
 精一杯の力を振り絞ってなんとか立ち上がったように見えた内田に向かって
 ロープを使って十分な助走をつけたナパームラリアットが炸裂しようとする寸前、
 向かってくる来島の腰にまとわりつくように飛びついて後方に回った内田は、
 来島の股に腕を通しつつ前回り受身のように背中で着地。
 意表を衝かれて驚く来島を引き倒してスクールボーイで丸め込んだ。
 さらにそれで終わらず、来島の両脚を咄嗟に組み合わせて4の字のような形をつくると、
 来島を飛び越えるように前転しながら左の足首を掴んで押さえ込み、
 懸命に来島の体へ体重をかける。
『1!2!…』
「恵理っ!!?」
「おっと!!」
 思わぬ事態を目にし、すぐにリングへ飛び込もうとした祐希子を、
 今度は上戸がしがみついて阻止。
『3!』
 レフェリーの手が3度目にマットを叩いたと同時に、
 来島が体全体を使って内田を跳ね飛ばした。
 内田はそのまま逃げるようにリング外に転がり出て、
 駆け寄って来た上戸に向かって小さく舌を出す。
「やったな!」
「なんとか、ね」
『おいおいおい!!』
 二人が場外で慎ましく喜んでいると、
 不意にリングの上からマイクを持った来島の声が降ってきた。
『お前らこんなことで勝ったつもりかよ!もう一回オレ達と勝負しろ!!』
「…どうする?」
「決まってんだろ!」
 いつの間にかマイクを持っていた来島に対して、
 内田は実況席に置いてあったマイクを手に取り、ちょっと考えた後、
『ヤダ』
 と一言。
 これには横の上戸が、「エッ!?」という一番意外そうなリアクションをしていた。
 「まあまあ」と肩を叩いて相方を宥めつつ内田は言葉を続ける。
『負けたクセにもう一回勝負して欲しい、って言うんなら…タダってことはないわよね?』
 この言葉に、上戸は「おお」と納得し、来島と祐希子はやや緊張する。
『普段から身に付けてもいないようなベルトなら、私達がもらってあげるわ。賭けてくれるわよね?』
『いいわ、次はタイトル賭けてあげる!』
 最後は来島からマイクを渡された祐希子が締め、これで長い試合が終わった。
「ベルトか~!楽しみだぜ!!」
「これで、しばらくは嫌でもこの団体で使ってもらえそうね」
 多少の計算違いはあったものの、
 持ち前の機転と息の合ったパートナーのお陰で見事目的を果たしたジューシーペアは、
 痛む体を引き摺りながらも意気揚々とバックステージに消えていった。
[PR]
by right-o | 2008-04-14 21:20 | 書き物
 とある大型体育館の舞台裏。
 花道と暗幕一枚隔てた場所で、ジューシーペアの二人は間近に迫った出番を待っていた。
 長い赤毛を左右に揺らしながら、
 ステップを踏んだり屈伸したりとせわしなく動いているマッキー上戸とは対照的に、
 ラッキー内田はじっと目を閉じて立ったまま、微動だにしない。
「へへっ、いよいよだな!」
 この日は彼女達にとって記念すべき日だった。
 長年フリーランスとして各地の団体を渡り歩いてきた二人に、
 ついに業界最大手の超メジャー団体から声がかかり、
 これからその団体での初試合が始まるのである。
「これでよ~やくアタシの実力を全国に知らしめることができるんだもんな!くぅ~待ちきれないぜ!!」
「…アタシ“達”よ」
 もうほとんど待つ時間は無いのだが、今の内田にとってはこの能天気さがむしろ頼もしい。
 そうこうしている内に暗幕の向こうから唐突にパイプオルガンの音色が響き、
 二人は揃って一息呑んだ。
 これまで何百回となく繰り返してきた所作である。
「よっしゃ!行くぜっ!!」
「待った」
 幕を押し上げて出て行こうとする上戸の手首を内田が掴む。
「なんだよ!?もうさっさと出て行っちまおうぜ!」
「いつも通りのタイミングと順番よ。音が変わったら、私が先に出るから」
(たかがTV放送が入ってるぐらいで、焦って安く見られてたまるもんですか……!)
 少し込み入ってはいるものの、考えていることは内田も上戸と変わらない。


 オルガンの落ち着いた旋律から突如鋭いギター音に変わったところで、
 内田、上戸の順でジューシーペアが会場に姿を現した。
 二人は、団体の練習生達がファンの間に身を挺して作ってくれている
 細い通路を縫ってリングに上がる。
(…まあまあ、かしらね)
 というのが、ロープをくぐるなり早速コーナーに上ってアピールしている上戸を
 横目で眺めつつの感想。
 この団体には初登場ながら、
 やはり一般客はともかくプロレスファンには2人の認知度は高い。
 歓声もそこそこもらえている。
 しかし、それも二人の入場曲が鳴り終わるまで。
 場内に対戦相手、ゴールデンペアの曲がかかると同時に会場は一気に盛り上がりを増した。
「チッ、流石に人気者だよな」
「それだけオイシイ相手よ」
 ボンバー来島の後、マイティ祐希子がトップロープを一息に飛び越えたところで
 会場は最高潮に達し、それからは赤と青の角に分かれて睨み合う両軍をじっと見守るように、
 さっと静かになっていく。
(自分達と似たタイプか)
 と、対角線上で視線を交わしながら、四人は相手のチームをそれぞれ分析していた。
 大別してパワーとテクニックという別の型に属する二人が組んだチーム
 という意味では確かに同じ。
 そして、こういう場合は自分と同じ型の相手の方により負けたくないという思いが強くなる。
「先、行かせてもらうぜ」
「どーぞ」
 どうせ止めても聞きやしないんだし、
 と内心で独り言を言いつつ内田はコーナーに控えて上戸を見送った。
 赤コーナーにいる相手の方もやはりというか来島が出てくると、
 両者はゴング前からリング中央で額をつき合わせて視殺戦をやり始める。
「…何が楽しいんだか」
 内田が、コーナーポストに頬杖を付きながら一人ごちたところでゴングが鳴らされた。
 と同時に、リング内の二人はどちらからともなくそれぞれ逆方向のロープに走る。
「おらぁっ!!」
「うおりゃあっ!!」
 両者吼えながらリング中央でぶつかりあうことそれから数回。
 どちらも引かずに再び頭をくっつけての睨み合いに戻ってしまった。
(あの二人、放っておいたら一晩中続けかねないわね)
 赤コーナーで祐希子が客を煽って来島を応援しているのとは対照的に、
 青コーナーの内田だけが一人冷めている。
 そうしている内に、力自慢同士の意地の張り合いは次の段階に移ったらしかった。
 来島が黙って西側のロープを指で指すと、
 そのロープから跳ね返った上戸がその場に留まった来島に思い切りぶちかます。
「そんなもんかよ!?」
「ああ!?」
 あくまで効いていないフリをする来島に向かって、今度は上戸が逆方向のロープを指した。
「あー…もう、付き合ってられない」
 それを見た内田も、こっそりとエプロンを降りる。
「うおっ!?」
 ロープに飛んだところで内田に足を掬われた来島が顔からマットに転倒すると、
「おい、余計なことすんな!」
 と言いつつ上戸もちゃっかり来島の後頭部にギロチンドロップを落としていく。
 文句を言いながらもキチンと連携できているあたり、
 タッグとしての長い経験が滲み出ているのかもしれない。
 軽いブーイングの中で素早くコーナーに戻って上戸とタッチすると、
 内田は起き様の来島をヘッドロックに捕えた。
「よっ」
 そのまま来島の大きな体を腰で跳ね上げてリング中央向きに落とし、
 グラウンドのサイドヘッドロックへ。
 が、脇腹に来島のエルボーが入るとあっさり緩め、
 力任せにロープに押しやられて帰ってくると、ショルダースルーで高々と放り投げられた。
 バタン、とマットに落ちると背中を浮かせ、いかにも痛そうな様子をつくっておきながら、
「よいしょ、っと」
 来島と交代した祐希子がリングに入ってくると、即座にヘッドスプリングで跳ね起き、構える。
「さて、仕切り直しね」
「………」
 勢いを挫かれた祐希子も同じように構え、先程とはまた違った緊張感がその場を覆った。
 隙あらばすぐに組み付くという姿勢を見せながら、双方がじりじりと間合いを詰めていく。
 それぞれの指先がついに触れ合おうとした時、唐突に内田の足が動いた。
 不意のトーキックで祐希子を怯ませると、背中から祐希子の懐に素早く飛び込み、
 首投げの態勢に捕える。
(真正直なこと…)
 内田は長年の経験から、常に相手の機先を制して試合をコントロールする術を心得ている… とはいえ、ここは多少相手の力を見誤ったかもしれない。
 前に投げ落とそうと内田が力を込めた瞬間、投げられる方が自分からマットを蹴っていた。
「ヘ?」
 驚異的な柔軟性とバランス感覚、そして咄嗟の判断がなせる技か、
 祐希子は前転しつつ背中を一杯に反らせることで内田の前に足から着地すると、
 呆気に取られている内田の鳩尾に振り向き様の後ろ蹴り。
 そしてくの字に曲がった内田の体が元に戻るのを見計らって、
 その場から体全体で飛び上がってのドロップキックを喰らわせ、
「よっし、飛ぶよー!!」
 と、大きくバランスを崩してリング下に転がり落ちようとする内田を見て、
 祐希子は反対側のロープに走った。
 しかし、祐希子が背中を見せてから一瞬遅れて内田はサードロープを掴んでいる。
 リング外に落ちかけていた体を片手で止めると、
 まるで直前の巻き戻し映像を見るような動きでリングに体を戻し、
「…ヤッ!」
 転落したはずの内田に飛び掛ろうと戻ってきた祐希子に、
 絶妙のタイミングでカウンターのフライングニールキックが決まった。
 正確に額を射抜かれて昏倒した祐希子を引き摺るようにして自陣に戻ると、
 もう出番を待ちかねていた上戸にタッチ。
「おっしゃあ!!」
 獲物を近場のロープに押し込んで逆水平を叩き込んでいる相方を見ながら、
 内田は内心で相手の実力に舌を巻いた。
 祐希子の機転に対して内田も持ち技を使って反撃はしたものの、
 さっきのは一種の奥の手であって、
 間違っても序盤から考え無しに使う技ではない。
 流石は…と思わざるを得なかった。
 相手は押しも押されもしないこの団体の看板選手二人である。
(やっぱり、一筋縄ってわけにはいかないわね)
 そんなことを考えている間にも、攻め込まれていたはずの祐希子は
 ロープに振られて帰ってきたところで上戸の足の間をくぐると、
 振り向いた上戸の顎を打点の高いローリングソバットで蹴り飛ばしていたりする。
「うおっ…!?」
 ふらつく敵を尻目に、
 祐希子はくるりと前転して赤コーナーから伸びている来島の手に飛びついた。
「おし!…うおおぉぉぉりゃッ!!」
 コーナーを飛び出した来島はそのままの勢いで上戸に衝突し、ついに倒すことに成功すると、
 まだ頭が揺れている相手をすぐさま引き起こしてブレーンバスターへ。
 相手の腰と首に手をかけると、両脚を踏ん張り、体を反る。
 いわゆる投げの“呼吸”とか“タイミング”を一切無視した力技で、
 来島は恐らく自分よりも重い上戸を投げきった。
「もう一丁!」
 と、沸きに沸いている客席に気を良くした来島が二発目を狙ったところで、
「調子にっ、乗んなぁ!!」
 双方が正面から肩を組んだブレーンバスターの態勢から、
 さっと来島の股に手を通すと、今度は上戸が強烈なボディスラムをお返し。
 そして頭を掴んで起こすとニーリフトを入れてからもう一発、
 ちょうどロープを挟んで内田の前に落とす。
「よいしょっ」
 そのままタッチを受けた内田は、トップロープを軽く飛び越しながらのギロチンドロップを投下。
 ついでにカバーにいってみるが、これは余裕で返された。
(勝ちにいくとすれば、こっちを狙うべきね)
 起き上がった来島の脚を取ってドラゴンスクリューで再び引き倒すと、
 マットに横向きに置いた来島の右膝の上から自分の右膝を押し当て、
 体重をかけつつ足首を掴み膝が本来曲がらない横の方向に曲げようとする。
「あ痛ッ!」
 などと喚いている内は効いていない証拠。
 内田もまさかこんな技で勝てるとは思っていない。
 後に勝負をかける技への布石である。
(とはいえ、あまりじっくりやり過ぎるのも印象悪いかしら?)
 そんなことを考えている内に来島の方がこの展開に痺れを切らし、
 内田を突き飛ばして無理矢理に起き上がった。
 すかさず内田はトーキックを入れると、
 手近のロープに押し込んでから反対側に振るそぶりを見せる。
 しかし相手のペースに巻き込まれたくない来島は、
 これを踏みとどまると逆に内田を振り返した。
 全く内田にしてみれば予想通りの動きである。
「ぐあっ!」
 ロープの反動でついた勢いを使ってすかさず低空のドロップキックを来島の膝へ。
 思わず膝をついた来島の頭を掴んで立たせ、青コーナーに投げつけて上戸にタッチ。
「おらおら、どうした!?」
 コーナーに押し込んだ来島を、
 体重の乗った串刺しエルボーやニーリフトで攻め立てる上戸を見つつ、しばし休憩。
 ただし、一点を集中して攻めよう、という意図は相方には汲んでもらえなかったようである。
「おい、もう決めちまおうぜ!?」
「はいはい」
 とことん気の短い上戸に誘われるまま、内田は一息つく間もなくリングインした。
「ま、派手なとこもアピールしなきゃね」
「そーゆーこと!」
 ここから一気に試合のペースが上がることになる。
 まずは来島を二人掛りでニュートラルコーナーに振ると、
 内田が側転からの串刺しフライングニールキック。
 そしてそのまま脇のロープをくぐってエプロンで待機。
 続いて上戸が「うおりゃぁぁぁ!」と全身でぶつかる串刺しラリアット。
 さしもの来島も思わず衝撃で数歩前に出たところで、
「くらえ、っと」
 エプロンからコーナー横のトップロープに飛び乗った内田が、
 来島の後頭部目掛けてスワンダイブ式ミサイルキック。
 前につんのめる形でダウンした来島へのカバーは2で返されたが、
 流石にこれだけ畳み込めば効いている。
(も一回ぐらい、いっとこうかしら?)
 と来島を引き起こしつつ内田が思ったのは、
 予想外に沸いた会場の歓声に気を良くした部分もやはりあったろうか。
 上戸がレフェリーに捕まってリング外に追いやられている間、
 内田は再び来島をコーナーに振ってフライングニールキック。
 が、今度は受け止められてしまった。
「ちょっ…!?」
 蹴り足と首に手を回して持ち上げられた姿は、
 ちょうど片足を外してお姫様だっこされているように見える。
「おりゃっ!」
 素早く体を入れ替えると、来島はリング中央へ向けて内田を放り投げた。
「恵理っ!」
 そして出番を待ちかねていた祐希子にタッチ。
(っ痛…調子に乗ったかなあ…)
 そんなことを考えつつ立ち上がった内田に向かい、
 今度は祐希子がスワンダイブ式ミサイルキックでリングイン。
 カバーに行かず内田を立たせた祐希子は、
 内田をロープに振って戻ってきたところへフランケンシュタイナー。
 固めてフォールにいく形ではなく後方に投げ捨てられた内田が、
 サードロープをくぐってリング外に滑り落ちたところへ、
「今度こそ、行くよー!!」
 ノータッチのトペ・コンヒーロで祐希子が飛んできた。
 しかも内田に対して綺麗に背を丸めてぶつかることで、
 全く危なげなく両足で着地して見せる。
 その後すぐにリングに戻された内田は、さらにボディスラムで叩きつけられると、
「さっきはよくもやってくれたな!」
 と、タッチを受けた来島が赤コーナートップからのダイビングエルボードロップ。
 これは返したものの、それからしばらくの間はゴールデンコンビに捕まってしまった。
「恵理、決めるわよ!」
「おう!!」
 自分達が先程来島にしたようにニュートラルコーナーへ振られると、
 まずは祐希子の串刺しドロップキック。
 続いて来島が胴体へのショルダータックルで続く。
 しかしここからが違った。
「行くぞ!!」
 ふらふらしている内田を来島が肩車して指示を送る。
 そして祐希子がコーナー横ではなく、コーナー間のロープ中央部分へ飛び乗り、
「行くわよっ!!」
 ダイビングラリアットで内田の頭を刈り取った。
 コーナーからではなく、スワンダイブしてのダブルインパクト。
 来島の肩の上からから逆さまにマットへ落とされた内田に、祐希子がカバーに入る。
『1!2!…ッ!?』
 内田はなんとかギリギリでクリアした。
「おい、しっかりしろっ!!」
 カットに入ろうとしたところを来島に押えられていた上戸が声を張り上げたのが聞こえ、
 ボーっとしていた内田の頭がなんとか回り始める。
(あんまり形振り構ってられないかな…)
 そんなことを考えている間も、当然相手の攻めは止まない。
 内田を起こした祐希子は、何を狙ってかロープからロープへ内田を振った。
(ロープに詰めてキチンシンクか、ラリアット…?)
 自分をロープに振った後、祐希子がそれを追いかけてきている気配を感じた内田は、
 瞬時に頭を働かせる。
 この攻め方を切り返す手はかなり少ない。
 だが、だからこそ相手の意表を衝くこともできる。
「これで、どうっ!?」
 振られた勢いのままセカンドロープに飛び乗った内田は、
 そのままリング内へのムーンサルトの要領で宙返り。
 すると――
「えっ…!?」
 ちょうど背後を追いかけてきていた祐希子の首を、
 宙返りの過程で逆さまになっている内田の右腕が捕えた。
 そのまま着地すると、なんとリバースDDTの体勢が出来上がっている。
 これが咄嗟にできるというのはほとんど神業に近いものがある。
 そのまま倒れることで祐希子の後頭部をマットに叩きつけると、
 今度は正調のDDTの体勢に捕えて祐希子を起き上がらせた。
 しかしすぐには技をかけず、赤コーナーににじり寄ると、
 祐希子の首を抱えたまま飛び上がってコーナーに控えている来島を蹴りつける。
「ヤッ!」
「うおっ!?」
 その反動を利用してリング中央側に方向転換してのスイングDDT。
 これだけ見事に決まれば内田でなくても(どーよ?)と思うに違いない。
 そしてようやく上戸にタッチ。
「よっしゃあああぁぁぁぁ!!」
 と怪気炎を上げる相方を尻目に、内田が休憩しようとしたところ、
「おい、上がれ!」
 親指を上に向け、上戸が指示を出した。


後編へ
[PR]
by right-o | 2008-04-14 21:17 | 書き物