<   2012年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

web拍手お返事 急な更新でもありがとうございます。

>中堅トーナメントですか。神田は優遇されているので、ここで挫折させるのもいいですね。美月の決着……少なくても馬鹿にした人達(特に相羽)に謝罪はしてほしいですね。(けじめもつけない。過去の行いをなかったことにする屑にはなってほしくないので)

んなもん、プロレスならいくらでもあるでしょうよ、というのが正直なところ。
まあ話の繋がりとして、あの二人が何事もなく接してるってどうよというツッコミはあるんでしょうけど。

>相羽の試合については、描写はなくても「シングルで勝利」という結果を話の中で描写するという方法もあったり(いい加減「自分の実力で勝つ」という展開を、結果だけでも見たいので!)

>相羽、やっとシングルでの勝利が書かれましたね。これでようやく「扱いが良くなった」というのが伝わってきました。

>それに、やっぱりタッグよりもシングルでの勝利のほうが強くなったことが良く分かり、改めて相羽の成長がハッキリと確認できました。

>(説明だけじゃ分かりづらいし、説得力もないので、成長話書いた以上、勝利する話は勝利話は絶対必要)

というわけで相羽戦でした。
まあ……うん、どうなんでしょう。

NOAH見てて鈴木鼓太郎のエルボーがいいなあと思って、
エルボー使わせるなら相羽しかいないと、短めにさくっとやってみました。

しかしこれ、ちょっと余計な寄り道だったりして。
ちなみに中堅トーナメント、勝つのは相羽でも神田でもありません。


>格闘技出身者とはいえ、神田では持ち上げられなかった藤原の大幹の強さは納得です! それでも藤原を負かしたのは、経験の差というやつなのでしょうか。ボディブローで逆転したあたりは”流石ボクシング出身者”と納得、でも最後はパンチで決めて欲しかったです。ごりごりのインファイトからカミソリ掌底……是非見たいです!

体幹で藤原、瞬発力で相羽、そして馬鹿力で……という感じで投げキャラ勢を分類してます。
でも実はいまいち体幹が何なのかわかってないという。

この左ボディブローというのは歴としたプロレス技としてあるんですが、
顔面への素手パンチはルール上反則なので直でカバーには入らせません。
実際は……どうだろう?
殴ってカバーにいってもレフェリーは普通にカウント入れる気がする。

掌底を使わせるかどうかも悩みどころ。
ボクシング経験者ってむしろ掌底使わないんじゃないかなあ。

>相羽が普通に凄い!(笑) ローリングエルボーという技も、こうして見ると実に相羽らしい技でした。ハイキックで倒れなかったあたりは、越後との特訓の成果か、それとも前回の藤原のようなやはり体幹が強かったことが関係しているのか? 想像するだけで楽しいです!

相羽が倒れなかったのは、ハイキックをもらいながら回転していたから、という……
ほらあの……首だけ回してパンチを避けるやつを全身でやるっていうか……
うん、わかりづらいですよね。すいません。

ローリングエルボーは相羽に合うと思ってます。
今のところ動きは田中将斗そのままですが、先々は三沢さんになれる……かな?



そう、最後に神田のこと。

元々神田を藤原に勝たせる気はなく、メッセンジャーで藤原が丸め込んで勝つはずでした。
が、書いてる時にちょうどマニー・パッキャオ対ファン・マヌエル・マルケスのボクシングの試合を見てて、
この試合を決めたマルケスのカウンターがあんまりにも見事だったため、
つい神田でやってしまった結果勝たせることになったのでした。

多分、素手でやったら前歯が全部折れるんじゃないかな……

[PR]
「うわぁ……」
 会場の一番後ろで神田の試合を見ていた美月は、
 決着後も起き上がれずにいる藤原を見て、思わずそう声に出た。
 勝負は実質、フィニッシュ前の右カウンターでついていた。
 流石は神田と言うしかないが、それにしても見事な一発である。
(今後、試合で当たるようなことがあれば気をつけよう……)
 と、そんなことを考えていた時、
「よっ」
 いきなり両肩を後ろから掴まれた。
「っ……え、越後さん?」
「ファンイベントまでの暇潰しか?だったら次まで見て行けよな」
 普段着姿の越後しのぶであった。
「なんでここに?」
「それはお前と一緒だな。相棒の試合を見に」
「相棒って……」
 自分と同期の相羽がこの興行に出ているはずは無い。
 咄嗟にそう考えた美月だが、現に会場には相羽の入場曲がかかっていた。


 これから始まる試合、中堅トーナメント若手枠のもう一試合には、
 実のところ直前まで、相羽ではなく早瀬が出場するはずであった。
 ところがその早瀬は数日前の練習中に怪我をしてしまい、
 それが完治しなかったため、代わりに急遽相羽が出ることになったのである。
 当然、戦う相手は若手になるのだが、しかし楽な相手ではない。
 リングに上がった相羽と相対したのは近藤真琴。
 数ヶ月前、中堅ではなくヘビー級王座のトーナメントにエントリーされていたほどのレスラーである。
 その時は美月に敗れているが、それも楽な戦いではなかった。
 ふむ、これは、と興味深げな視線を送る美月の隣、
 相棒を見つめる越後の目には、どこか楽しそうな輝きがあった。

 それぞれのコーナーから真っ直ぐに進み出た二人は、まずがっちりと組み合った。
 上背で勝る近藤だが、上から押さえつけられる形の相羽も全く引かない。
 ややあってから、どちらも埒が明かないと見て同時に離れ、まず近藤がロープへ走る。
「おおおッ!」
 走り込んでのショルダータックル。
 これを相羽が仁王立ちで受け止め、今度は自分がロープへ。
「ってぇぇッ!」
 再度肩口をぶつけ合い、近藤をマットに倒した。
 またすぐにロープへ飛ぶ相羽に対し、近藤は冷静に仰向けからうつ伏せになり、
 自分の上を相羽に跨がせる。
 起き上がり、ロープ間を往復して戻って来る相羽に対し、ショルダースルーの姿勢で待ちうけた。
 相羽はこれを正面から飛び越しつつ近藤の胴体に両手を回し、ローリングクラッチホールドへ。
 だが近藤も、後ろに倒される勢いを利用しての後転から立ち上がり、
 上体だけ起こした姿勢の相羽へローキック一閃。
 これを相羽は正面から受け止め、近藤の右足を掴んだまま立った。
「おりゃあッ!」
 右足に肘を落としてから解放し、離れ際更に肘を近藤の頬に叩き込む。
 更に、お前も打ってこいとばかりに構えれば、
 近藤も遠慮の無いミドルキックを相羽の胸板に放っていった。
 
 相羽が仕掛け、近藤がやり返す。
 そんな単純ながらゴツゴツとした見応えのある試合は、それほど長く続かなかった。
 試合時間5分が過ぎようかというところ、ロープへ走った近藤の後ろを相羽が追いかけ、
 振り向いてロープへ背中を預けた瞬間の近藤へ串刺し式のランニングエルボー。
「ぐぅっ」
 逃げ場無く相羽の体重が乗った一発を受けた近藤がふらふらと前に出るところ、
 相羽はすかさず反対側のロープへ飛び、ラリアットを叩き込んで薙ぎ倒した。
「よっし、いくよッ!」
「……まだまだぁ!!」
 相羽が気合を入れ直そうという時だったが、倒された近藤はすぐさまマットを叩いて立ち上がる。
 向き直った相羽の左脇腹へパンチを入れて動きを止め、
 すぐさま左右の掌底で追い打ち、続け様にハイキックを放った。
 ここで近藤はコンビネーションに集中する余り、
 ハイキックの当たった感触に違和感があったことに気づけない。
 締めとばかりに裏拳を狙って近藤が背中を向けた時、
 同じく相羽も、蹴られた勢いそのままに後ろを向いていた。
「え……っ!?」
 風を切って襲ってきた近藤の拳の先端へ、こちらも回転して勢いをつけた相羽の肘が命中。
 近藤が思わず拳をおさえて怯んだスキを、相羽は見逃さない。
 組むが早いかブレーンバスターの要領で近藤を放り上げ、自分はその場に尻餅をつく。
 落下してきた近藤の顎を右肩で跳ね上げ、ロープへ。
 両膝立ちで伸びあがった姿勢の近藤へ、全体重を乗せた右肘を叩き込んだ。


 むぅ、と思わず唸ってしまいそうな畳みかけである。
「うん、センスが磨かれてきているな」
 満足げに腕組みしている越後の横で、美月は特に表情を表さない。
 近藤から文句の無い3カウントを奪った相羽は、リング上でタッグのベルトを掲げながら、
 同時にもう一本のベルトを腰に巻くアピール。
(どうなるやら)
 美月は、ひとまず相羽のことを考えないようにした。
 中堅ベルトを誰が手に入れようが、今の自分には関係の無いこと。
 将来の脅威“かもしれない”ものより、現在の脅威”かもしれない”ものに目を向ける方が、
 ずっと意味のあることだと思うことにした。

[PR]
by right-o | 2012-12-11 23:44 | 書き物
あれ、イサッパの方だっけ?


web拍手お返事 すいません平日とか言っておいて2週間も空いてしまいましたありがとうございます。

>神田戦もいいですけど、相羽のシングル戦での勝利も期待しています。あと「美月VS内田」ですが、試合後、「今までの行為のけじめとして「悪口ばかりいってすまなかった」とそれぞれひどいことしてきた人達に謝っていく」というのを見てみたいです。(なし崩し的に仲直り(自分のしてきたことをなかったことにする)なんて最低なので)

無い無いそれは無い。

何故かと言えば、だってプロレスだもの、という不毛な答え方はしないとしても、
次回の勝敗=内田と美月の関係が決着することにはならないからです。

……まあどうやって決着するかはまだ全然考えてませんけどね。
相羽戦は完全に気が向いたら年内中にやるかどうかというところ。
ここで中堅ベルトの流れに乗っちゃうとタッグ王座戦がやれなくなるので迷っています。


> ぬあー どうも「タッグチーム名」なんぞを異様に考えたくなる気がいきなり起きていまして 「ナスターシャ・ハン&ディジー・クライ」で“ブリザード・サイクロン”など

ぬあー、そうですか。ちょっと羨ましい。

というのが、私オリジナルで名前つけるの苦手なんですよ。
未だに美月の必殺技が「前転式パイルドライバー」のままだし。
まあ変な技名つけて「?」ってなられるのも何だし、いいかなとは思ってますが。


さて、前回書いたことの悉く逆を行って申し訳ないのですが、神田戦が先にできてしまいました。

藤原、動きはドラゲーの斉藤了がモデルです……が、何か全然違うところに力が入って、
あんまり動きをパクれてないという。
・オレンジ色
・投げキャラ
・下半身のコスチュームの股上が妙に深い
という点からの連想。

入場コスはもうちょっとお待ちを。
……今年中には多分。

[PR]
by right-o | 2012-12-09 19:34 | 書き物
 内田が美月への挑戦権を手にした試合から一週間後、東京・ディファ有明。
 この日、通常のシリーズとは別の形で、
 日頃あまり出場機会のない若手を主体とする興行が行われていた。
 若手ということで全体的に知名度が低く、基本的にあまり注目されていないはずだったが、
 今回ある事情により、直前になってやや重要な意味を持つ大会になった。
 発端は内田が、美月への挑戦と併せて自分の持っていた中堅ベルトの返上を宣言したことにある。
 これに伴い、急遽中堅ベルト王者を決めるべくトーナメントが開催されることとなり、
 この大会で8試合ある第一回戦の内の2試合が、若手枠として行われることになったのだった。

「あれ、先輩?」
「どうも。試合前にお邪魔でしたか?」
 試合を控えた神田の控室に、美月が顔を覗かせた。
「いえ。慣れてますから」
 格闘技の経験年数ではむしろ美月より先輩にあたる神田は、流石に平然としている。
 ちなみにこの大会で言う「若手」とはプロレスデビューしてから日が浅いことを指すので、
 美月より年上の神田も若手に該当する。
 ついでに言うと美月は既に、実績上はもちろん、
 デビュー以後の年月で言っても既に若手の範疇に入らない。
「それより、今日は何かイベントだったのでは?」
「ん、まあ、それまでちょっと時間があったもので」
 応援にきました、とか、激励にきました、とまで言えないのが美月だが、
 共にタッグのベルトを巻いたこともある相方には、言わなくても伝わるので問題ない。
「ありがとうございます。急に降って沸いたチャンスですが、モノにして見せますよ」
 無理に自分を奮い立たせたり気負ったりすることなく、神田はそう言ってのけ、
 入場用のフード付きコスチュームを被って控室を出て行く。
 自分などと違って、素直に真っ直ぐ成長していく年下の後輩の、後ろ姿がちょっと眩しい美月である。

 
 黒い袖なしのフード付きジャケットを来て入場した神田は、
 コールを受けると同時、目深に被っていたフードを跳ね上げた。
 視線の先、対角の青コーナーに立っているのは藤原和美。
 白地に孔雀のような赤い羽根が襟元から数本伸びた独特のガウンを纏い、
 冷静な神田に対しこちらは正に気合十分といった表情。
 共に若手ながらタッグ王者経験者という共通点のある両者、
 それぞれの相方、橘みずきはリングサイトから、そして美月はバックステージから、
 二人の戦いを見守っていた。

 ゴングと同時、藤原が神田の脇をすり抜けてバックを取る。
「やッ」
 そのまま背後から一息で持ち上げ、うつ伏せの形で神田を前に落とすと、
 すぐさま前方に回り込んで首を取り、グラウンドでのフロントヘッドロックへ。
 これに対し神田は首に巻きついてきた藤原の右手首を掴み、
 体を左に回転させて藤原の下から抜け出しつつ、立ち上がってリストロックに極めた。
 藤原も、すぐに自ら前転してマットに転がることで手首の回転を解消しつつ、
 逆に神田の右手を取りつつリストロックでやり返し、神田の背後に回る。
 取り押さえられようとしている犯罪者のような難しい体勢から、
 神田は冷静に左腕を肩越しに伸ばして藤原の頭を掴み、
 腰と背中を巧みに使って首投げで前方に投げ捨てようとする。
 が、これを察した藤原は空中で器用に体を丸めて着地。
 振り向いた藤原と立ち上がった神田は、互いに一旦距離を取って構えた。
 ここまで、わずか十秒。
 何気ない攻防ながら恐ろしく早い展開に、客席から溜息と拍手が送られた。
 
 格闘技からの転向組ながら、美月等と練習する中で基礎をみっちり学んだ神田と、
 元々基本に忠実な正統派である藤原はある程度噛み合う相手であった。
 ただ基礎的な部分以外、それぞれ打撃と投げを得意とする両者の持ち味は全く異なる。
「……ッ!?」
 何気なく、というか特に何も考えずブレーンバスターを仕掛けようとした神田は、
 藤原が全く動かないことに驚いた。
 体幹が強いとでもいうのだろうか、自分と同程度の体格であるはずの藤原の体が、
 まるでマットに根を生やしたように持ち上げられない。
「っりゃああああああ!!!」
 反対に藤原が一息で神田を持ち上げ返す。
 ブレーンバスターの体勢でリングと垂直に持ち上げた神田を、
 投げ捨てずにそのままニュートラルコーナーに向かった。
「ここで決めます!!」
 コーナー上に神田を座らせた藤原が宣言する。
 決めさせるかとばかりに神田が振るった掌底をかわして張り手一発。
 動きを止めた神田の前、トップロープに足を絡めて向かい合う形で座り込んだ藤原は、
 改めてブレーンバスターの形に組んだ。
 そこから上体の力だけで、座っている神田の体を引き抜く。
「くっ」
 抵抗しても無駄と悟った神田は、覚悟を決めて受け身に備えた。
 自分も座っているために高さはあまり無いものの、
 藤原は雪崩式ブレーンバスターで神田をマットに叩きつけ、
 そのままスパイダージャーマンと同じ原理で起き上がり、今度はコーナー上に立ち上がった。
「飛びこめっ!クライシス・ダーイブッ!!」
 という全く定着していない技名を宣言し、体を大きく反らしながら跳躍。
 空中で横に90度旋回して神田の上に落下した。
 が、大体予想していた神田はこれをカウント2でキックアウト。
「まだまだ、トドメの必殺技ッ!!」
 再度宣言する藤原の声を聞く神田の頭は冷めきっていた。
 神田の起き上がりに合わせてロープへ飛んだ藤原が戻ってきたところ、
 左のボディブローが藤原の右脇腹に突き刺さる。
 上下セパレートになっているコスチュームの間、剥き出しの皮膚が波打った。
「ふっぐ……!」
 プロレスラーであれ何であれ、これをくらって平気でいられる人間などいない。
 神田は藤原に膝をつくことを許さず、
 その左側に回り込んで右腕を反対側の首筋に回し、藤原の左腕の下に潜り込む。
 そこから背中に左手を添えて持ち上げ、両膝をつくことで落差を作りながら背中からマットに叩きつけた。
 間髪入れずに押さえ込んだが、藤原はなんとかカウント2で肩を上げた。
「ちっ」
 新技を返された神田だが、それなら別の手をと藤原を起き上がらせようとする。
 体に力が入っていない藤原を強引に引き起こそうと屈んだところで、
「負けるかぁぁぁぁぁ!!!」
 追い込まれて何かのスイッチが入った藤原は、いきなり体を起こして神田の首と左足を取り、
 一瞬でフィッシャーマンスープレックスへ。
 投げ切ったあとも放さず、横に回転して起き上がりつつもう一発。
 さらに同じ動きで起き上がり、今度は高々と持ち上げてフィッシャーマンバスターで叩きつけた。
「うぐっ……」
 ただ、投げ切った藤原も腹部のダメージからカバーには入れない。
 動けない自分を鼓舞するように、藤原は仰向けのままマットを叩いた。
(油断したか……)
 同じく天井の照明を見上げる神田は、対照的に追い込まれるほど思考がクリアになっていく。
 両者同じタイミングで仰向けからうつ伏せになり、次いで手足をついて立ち上がる。
「よっしゃあああああッ!!」
 まだまだ気持ちは折れないとばかり、気迫を込めて藤原が突進した。
 右腕を振り上げ、肘を突きだす姿勢を見せつつ、右足を大きく踏み込んでくる。
 手打ちではなく、全体重を込めた本気の一発。
 そう判断した瞬間、神田の体は前に沈み込んだ。
 藤原の右腕の下に潜り込むと同時、自分も体重を乗せた右拳を突き出す。
 神田の右拳は、無防備に突出してしまった藤原の顔面、下顎部から口にかけてへ正面から衝突。
 気力体力とは無関係に藤原の意識を断ち切った。
 このまま倒れては反則負けになりかねない神田は、
 崩れ落ちようとする藤原に膝を入れ、前傾させた姿勢で固定。
 ロープへ走り、自らも飛び上がりながらの踵落としを決めてこの試合に決着をつけた。

[PR]
by right-o | 2012-12-09 19:02 | 書き物