<   2010年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧

今年の関東は馬も人も元気なようです。
まさかヨシトミとは……

というわけで、今回も切り札はカスりもしなかったのでした。


最近、カレーマンさんとこの記事に触発されることが多いです。
いやー、年が近いせいですかねー。
と、ネタを拝借するための言い訳をしてみる。

こちらの記事と最近の競馬を見ていてなんとなく書きたくなったこと、
私が競馬を始めた年の話をちょっと。

私がやり始めたのは2004年。
きっかけは特に無し、強いて言えば父親の影響か。
まあ大学で東京に出てきたらとりあえずやってみようとは思ってました。

この年のスターホースと言えば、キングカメハメハは思い入れを持つ前に引退し、
コスモバルクは後半パッとせず、ダイワメジャーとハーツクライは覚醒前。
ついでにスティルインラブは既に絶不調です。
で、残ったのがゼンノロブロイ。
しかしコイツ、秋古馬3冠獲った割にはあまり人気が無かった(と思う)。

そんなスター不在が囁かれる、昔の競馬は面白かった……的な雰囲気が大嫌いでした。
昔の馬なぞ知ったことか、ゼンノロブロイの何が悪い。
と、面白かったと言われる時代を知らない僻みもあってか、そんな風に思ってましたっけ。
この辺はプロレスを見始めた頃と共通する気分です。四天王も三銃士も終わってたし。

ちなみに翌2005年には待望のスターホースが現れるわけですが、
コレがどうしても好きになれなかった。
武豊・追い込み・関西の3点セットがいつから嫌いだったか自分でもよくわからないところですが、
とにかく三拍子揃って好みの対極に位置する馬でした。
知ったことかと言いながら昔の馬の話をするのも妙ですけど、
大体これまでの超人気馬ってオグリやらハイセイコーやらの雑草系じゃないですか。
それが何で名門厩舎でサンデー産駒の良血?
勝って当たり前の組み合わせですよ。

そんな逆恨みの対象だったアイツの子どもが今年ついにデビュー。
既に着々と勝ち上がっております。
多くの人がアイツの産駒に託した夢を、大舞台で粉々に打ち砕いてくれるような馬が出てくるのを楽しみに、
これからも天邪鬼な視点で競馬を見ていこうと思います。

ただし今年の牝馬路線だけは素直になれそう。
サンテミリオン対アパパネはまた見に行かないと。

[PR]
by right-o | 2010-06-27 21:03 | 競馬
美:明日で春競馬も終わりですね。
ジ:何か今年は記録的な大損こいてる気がするんだが。


宝塚記念

◎ジャガーメイル
○ブエナビスタ
△ドリームジャーニー
△アーネストリー

ジ:固ッ。
美:このレース、前走の格が高く、かつ着順が上である馬が単純に勝ちやすい。
  で、まあ前走GⅠ馬勝利馬は2頭。
  ヴィクトリアマイルは実質GⅢみたいなもんなので、イミフな馬名以外減点材料の無いジャガメが本命。
  豹の鎧ってなんだよ。

今週の切り札

▲フォゲ……

美:待った。今さらその名前はちょっと上げづらくて……
ジ:冗談だ。

▲ロジユニバース

美:ダービー馬(笑)
ジ:まあ、渋った馬場は得意なんじゃないかな。前に行くのも有利だろうし。
美:これでブエナビスタ負かしたら面白いんですけど、まあ無いでしょう。


美:次回はアイビスサマーダッシュですかね。
ジ:もう今から当たる気はしないけどな。

[PR]
by right-o | 2010-06-26 23:04 | 競馬
そうそう、SSのことを忘れてました。


「蜘蛛絡み」は元息吹(?)、吉田万里子の技。
なんとも説明しづらいのですが、要は仰向けにした相手の首を手と足で締める技。
気になった方はグーグルで画像検索してみてください。seizanさんの技絵がヒットするはず。

ちなみに今回鏡が使った顔面砕きから入る形は一応自分で考えました。
できなくはない……ハズ。
相手の顔が間近で見えるので、鏡に合うんじゃないかなと。


「リストクラッチ式エクスプロイダー」はNOAH秋山準の技。
相手の股下から手首を掴み、そのままエクスプロイダーで投げるというもの。


我ながら今回は明らかに手抜きですが、これで一応ウチの代表は全て準備が整いました。
さてどうなるかな。

[PR]
そういえば、ワールドXカップってもうやらないのかな。


今日はドラゲーのうきはアリーナ大会を見に行って来ました。
我ながらまさか2ヶ月連続でドラゲーとは。

試合カードは先月見に行った大阪府立第2と同じような感じ。
ドリームゲート戦に向けて吉野が勢いに乗ってます。
そしてやっぱり対照的に目立たないYAMATO。
多分防衛するんでしょうが、チャンピオンがこのままでいいのかという気も。


web拍手お返事 エビスコの大食い大会頑張ってください。ありがとうございます。

>鏡と中森という組み合わせを見て、なつかしのWWEテクニシャン対決が頭の片隅に浮かびました。うーん、みたいなぁ。(カレーマン)

ベノワ対カートとかですか。
あれを文字でやるのは辛そうです。
グラウンドの攻防を見てて面白いと思ったのはこのカードぐらいなので、
再現したくはあるんですが……

やるなら中森対六角ですかね。
今回の鏡はハンターさんに近いので、多分殴ってる場面の方が多いです。


サッカーで試合ネタを考えてみたり。
そろそろハードコアを続けようかな。
……今誰がベルト持ってるんだっけ?

[PR]
「ふむ」
 と、井上霧子は、さして大きくない社長机に向かって、
 目の前にある四つの封筒の中身を一つずつ確かめていた。
 封筒の中身は、先日受け取った招待状への答え。
 リーグ戦に向けて「小川ひかる」「フォクシー真帆&ジョーカーレディ」
 「中森あずみ」「フレイア鏡」を出場させる旨の回答。
 それと個々のレスラーについてパンフレット等に載せるための簡単なプロフィール、
 さらにエントランスミュージックと映像の入ったCDが一枚。
 これら一組が差し詰め、他団体に送り出すための紹介状であった。

 ひとつ目の封筒は小川ひかる。
 彼女の出場は霧子にとって色々と意外であった。
 そもそも決定戦で栗浜が勝つと思っていたこともあるが、問題はそのあとのマイク。
 まさか休みが欲しいなんて言い出すとは思ってもいなかった。
 人物も実力もまだまだ掴みきれていないが、それだけに予想外の活躍をしてくれるかも知れない。
 とりあえず、そう前向きに期待しておくことにした。

 ふたつ目の封筒はフォクシー真帆&ジョーカーレディ。
 ここは藤原達と五分五分と見ていたので、送り出すについて不安は無い。
 どころか、ジョーカーが一方的に利用しているだけの関係化と思っていたのが、
 決定戦を見る限りそうでもないように思われ、きちんとタッグとして機能しているようである。
 これは何かやってくれるだろう、と密かにほくそ笑む霧子であった。

 みっつ目の封筒は中森あずみ。
 これは実力的には申し分ないが、それ以外の点で不満があった。
 このリーグ戦に手を挙げた動機である。
 本人は何も言わなかったが、デビュー以来長らく鏡の影に隠れてきた中森は、
 内面に貯めこんだものが色々とあるのだろう。
 だったらリング上で言うか、黙って殴りかかればよかろうに、と霧子は思う。
 そのためわざと鏡とは試合を組まなかったのだが、それを知ってか知らずか外に機会を求めたようだ。
 いずれにせよ、動機がこんなことではあまり期待できそうにない。

 最後に、フレイア鏡。
 彼女だけは頼み込んででも出てもらわなければならなかった。
 人気、実力どちらの面でもこの団体を代表するには彼女以外あり得ないのだ。
 そして鏡も願いを言わなかったが、霧子にはほぼ想像がつくことである。
 世界中で最も人気のあるベルトに挑戦させろとでも言うのだろう。
 鏡は挑戦する機会さえあれば、今すぐにでもそれを手にすることができると本気で信じている。
 
 招待状を見返していた霧子は、「若手限定」と書かれた一文に目を留めて笑った。
 若手しかいないこの団体にとっては、何の意味も無い縛りである。
 そもそも団体そのものが若いのである。
 しかし、それがどうしたという思いがある。
 格やら年齢やらキャリアやら、一体それがどうしたというのか。
 たかが相手の肩を3秒マットにつけるだけのことに、たかが他の団体より観客を熱狂させるだけのことに、
 何を勿体つけてやがる。
「ふんっ」
 霧子は、組んだ両足を机の上にどかりと置いた。
 新しい者の勢いを、この業界に見せてやろうじゃないか。
 六角形のリングの主は、天井に向かって無言で吼えた。

[PR]
by right-o | 2010-06-13 23:18 | 書き物
 小川対栗浜戦、真帆&ジョーカー対藤原&みずき戦のあと、
 元々リーグ戦出場が決まっている二人についても、それぞれシングルでの試合が組まれていた。
 
 フレイア鏡の相手は星野ちよる。
 始まる前から結果の見えていたこの試合、鏡はあえて地味なグラウンド技につきあったり、
 ちよる込みであわやの2カウントを取られてみたりと、ちよるの健闘を意図的に演出した。
 が、ロープへ走ったちよるの顔面へカウンターのジャンピングニーを合わせたところから本性を見せる。
 さらにブレーンバスターで持ち上げると見せかけてちよるの両足をトップロープに引っ掛け、
 不安定な状態から落差をつけて強烈なDDT。
 既に青息吐息のちよるを無理に立ち上がらせ、その左脇から肩固めの要領で左肩ごと首に両手を巻きつけると、
 まず自分から背後に倒れ込んでちよるの顔面をマットに叩きつけた。
 そのままの体勢から腕を解くことなくちよるを仰向けにし、その下に自分の左足を差し込んで右腕を押さえつけ、
 最後に右足を頭に引っ掛けながら手と足を使ってちよるの首を締め上げる。
「うふふ」
 自分の足の下で苦痛に歪むちよるの顔を、鏡は相手がタップしたあとも眺め続けた。

 対して中森はエミリー・ネルソンという難しい相手と戦った。
 流石とも言うべきイギリス伝統の技術と渡り合った中森は、
 相手のバックドロップを受けた直後にエクスプロイダーを返して見せる。
 そしてダブルノックダウンを挟んでから立ち上がって向かい合うと、エミリーの右脇に頭を差し入れ、
 右腕を正面から首にかけて再度エクスプロイダーの体勢へ。
 ここから左手でエミリーの右腿の後ろを通して左の手首を掴んだ。
「なんだ……!?」
 初めて強制された姿勢に驚く間もなく、左手を固定されたまま反り投げられたエミリーは頭部をマットに弾ませる。
 相手の意識を飛ばしながらも、中森はきっちりと片エビ固めでフォールを奪った。

 リーグ戦を前に対照的な肩慣らしをおこなった鏡と中森は、
 ともに優勝者に叶えられるという願いを語らぬままリングを降りる。
 言いたくないのか、言うまでもないのか、観客には察しかねるところであった。

[PR]
by right-o | 2010-06-13 21:29 | 書き物
LAXなのかMMGなのか、小川(弱)なのか旭志織なのか、どっちかにしろというね。


そういう感じで、某リーグ戦に向けた2試合でした。

まず小川対栗浜。
ニコニコ動画で久々に上がっていた「インディーのお仕事」を見ながら書いてたらこうなりました。
「月食」は膝をついている相手の頭をフランケンで捕らえ、そのまま横に転がしてフォールする技。
元ネタはK-DOJOの旭志織。
オマケでこれまで伊達が使っていた、同じく旭志織の「阿吽」まで使わせてみる。


次にジョーカー&フォクシーVSヒロインズ。
入場からして「ラテン・アメリカン・エクスチェンジ」というタッグをパクっていますが、
何故か合体技は新日にも来た「モーターシティ・マシンガンズ」の方から。
「メイド・イン・デトロイト」は本文そのままパワーボムに不知火を合わせる技です。

そこそこ善戦させた栗浜と違い、ヒロインズは完全な当て馬扱い。
これも結構いいタッグだと思うので、そのうちまたどこかで使ってみたいところ。


web拍手お返事 朝早くからありがとうございます。

>ジョーカーマホの合体技は、メイドインデトロイトなのでしょうか?唯一しっている合体技っぽいので気になるところですね(笑) 市ヶ谷様(龍子でも可)と上原さんでやらせようかと思ったりもしたのですが、使っているのがジュニアの人達なので保留してたりしてw 格好いい技だと思います! 違ってたらゴメンなさい

当たりです。
MMGのIWGPジュニアタッグ王者時代に猛威を振るった技なので、日本でも結構知名度ありますよね。

市ヶ谷&上原にも合うんじゃないでしょうか。
というかむしろ、その二人の組み合わせが新鮮。



さて、残った鏡と中森をどうしたものかと。
決定戦をやる必要は無いけれど、鏡はちょっと動かしておきたい気も。

[PR]
 小川と栗浜の退場が終わらない内、会場に3発の銃声が鳴り響いた。
 それがジョーカーレディ&フォクシー真帆入場の合図である。
 揃いのホットパンツと胸元ギリギリまで裂け目の入ったTシャツ、
 それに真帆はバンダナを頭に巻き、ジョーカーは覆面のようにして顔の下半分を隠している。
 六角形をしたリングにたどり着くと、エプロンに立ったジョーカーが客席を向いて背中を反らし、
 その肩口に頭を乗せるようにして真帆がリング内から抱きついた。
 格好も仕草も組み合わせも、何から何までよくわからないタッグであった。
 対するはリーグ戦出場に名乗りを上げたもう一つのチーム、藤原和美&橘みずき。
 こちらはわかりやすく熱血系の似たもの同士である。
 
 ジョーカーとみずきで始まった試合は、まずアームホイップで幕を開けた。
 互いに突進してきた勢いを利用して一度ずつ投げ合い、
 さらにジョーカーは飛びながら足でみずきの腕を絡め取っての一発。
 対して立ち上がったみずきはトーキックから腕を取ったが、ジョーカーは自ら前転してマットへ横になり、
 一瞬体を縮めてからみずきの顔面を両足で蹴って抜け出す。
「うッ!」
 思わず後ろに倒れたみずきだが、即座に両足を頭の方まで持ち上げ、反動をつけて立ち上がった。
 そして真正面で同じように立ってきたジョーカーと、ドロップキックの相打ち。
「むぅ……!」
「フフフ……」
 空中で四本の足が交錯したあと、二人は観客の拍手の中でじりじりと自陣へ退いて行った。
「藤原、行きますッ!!」
「うおおおおッ!!」
 続いてほぼ同じ体格の真帆と藤原が、リング中央で肩口から激突。
「来いッ!」
 どちらも引かないぶつかり合いから、藤原がロープを指して挑発する。
 これを受けてロープへ飛んで帰ってきた真帆をマットに身を横たえてかわし、
 さらにもう一度跳ね返ってきたところを藤原はフロントスープレックスで鮮やかに放り投げた。
 が、投げられた勢いのまま立ち上がった真帆が、強烈なショルダータックルのお返し。
「どうだッ!」
 まずは両チーム互角の立ち上がりであった。

 個々の力に差が無いとすれば、タッグ戦でものを言うのは連携ということになる。
 乱戦になるにつれ、一時は藤原とみずきがそれを見せつけるかとも思われた。
 エプロンにいた真帆をみずきがフライングニールキックで叩き落し、
 正義の味方タッグは標的を悪役っぽい方に定める。
「「ハイッ!、ハイッ!、それッ!!」」
 左右からジョーカーの体を挟み込む形で、ミドル、ミドル、そしてローを膝の裏に打ち込んで体勢を崩し、
「「せぇ~のッ!!」」
 の掛け声で左右同時のトラースキック。
 が、頭を挟み潰される寸前、ジョーカーは自ら後ろに転がって難を逃れた。
「りゃああああッ!!」
 同時にエプロンからトップロープに飛び上がった真帆が、リング中央の二人へ両腕でのラリアット。
 まとめて一気に薙ぎ倒すことに成功すると、ここから真帆ジョーカー組は一気に勝負をかけた。
 軽量のみずきを捕まえた真帆は、タイガードライバーの体勢から一気に持ち上げ、
 仰向けのみずきを自分の右肩に乗せてから場外に落ちた藤原へ向き直った。
「ちゃんと受けろ!」
「わ、ちょ……っ!?」
 そのままリングから場外へ向けてみずきを投下。
 重さを感じさせずふわりと宙を舞ったみずきは、見事にタッグパートナーを背中で押し潰した。
「さあ、お前はこっちだ!」
 みずきを受け止めざるを得なかった藤原は、さらにジョーカーに引き摺られて強制的にリングインさせられる。
 しかし藤原は諦めない。
「まだまだまだぁッ!!」
 引き起こそうとしたジョーカーの手を振り払うと、左右の張り手を連打して渾身のハイキック。
 これは屈んで避けられるも、さらに続けて組み付こうとしたところで、
 目の前のジョーカーがいきなり飛び上がった。
 リープフロッグのように垂直に飛んだジョーカーの背後から、身を屈めた真帆が突進してきていたのだ。
 ジョーカーの開いた両足の下を猛スピードで通過した真帆は、藤原の腹部に肩口から突っ込んで引き倒した。
「さあ、派手にいこうか!!」
「おうっ!」
 あとは仕上げを残すのみとなリ、ジョーカーはコーナーの一つを指し示す。
 真帆は、そこまで引き摺っていった藤原をおもむろにパワーボムで持ち上げると、
 コーナーに背を向けたままで、コーナーに飛び乗ったジョーカーへ近づいた。
「よく見ているがいい!皆、こうしてやる!!」
 客席を向いて首を搔き切るポーズを見せたジョーカーは、真帆の上に乗せられた藤原の頭を、
 自分の左肩の上に乗せて固定。
 そしてコーナーを蹴って後ろに宙返りし、藤原へいわば雪崩式の不知火を敢行。
 さらに真帆は開脚しながら尻餅をつき、こちらはパワーボムで藤原の体を叩きつける。
 真帆&ジョーカー、オリジナルの連携技が完璧に決まった。


「さて、我々がこの団体を代表するのは当然として。願い事な……。
 何でもいいんだろう?なら、メキシコにいるカラスへ挑戦させてもらおうか」
「メキシコ?なんだそれは?うま……」
「ああ、うまい。メキシコはうまいぞ。一緒に行こうじゃないか」
 ほとんど思いつきで無茶を言ってみただけの願いごとだったが、
 ジョーカーは予想通りの反応を示したパートナーへ即座に調子を合わせた。
 単純さもここまでくると、逆に組んでいて楽なものである。
 これはこれで、得難い相棒と言えるかも知れなかった。

[PR]
by right-o | 2010-06-12 00:48 | 書き物
 大阪、某テーマパーク内にある常設会場。
 この日、優勝した者の願いが叶えられるというリーグ戦に向け、
 団体からの代表者を決めるための試合が組まれていた。


「この団体を代表するのに、あなたはふさわしくない!」
 入場を終えて黒いローブを脱ぎ捨てた栗浜は、六角形の対角線に立つ小川にこう言い放った。
(ええ、自覚してますとも)
 そんな本心をおくびにも出さず、そ知らぬ顔で聞き流す小川であった。

 栗浜が小川に飛び掛って試合がスタート。
 無理矢理ロープに詰めて反対側へ振ると、跳ね返ってきたところへのドロップキックで先制。
 さらに引き起こしてトーキックを入れ、今度は自分がロープへ飛んだ。
「よいしょ、っと!」
 これをショルダースルーで投げようとした小川の背後に難無く着地してみせ、
 そのままロープワークを続けて小川の振り向きざまへ人工衛星ヘッドシザース。
 投げ捨てられた小川はサードロープの下をくぐって場外に転がり出た。
 こう目まぐるしく攻め立てられては小川の方に分が悪い。
「私が出るんだ!」
 ここで一気に追撃しようと、栗浜がトップロープを飛び越える。
 エプロンに着地して場外の小川へケブラーダを狙ったのだろう。
 が、栗浜の両足でエプロンに着く直前、後ろにいた小川がこれを引っ張ってずらした。
 結果場外に着地してしまった栗浜は勢い余って顔面をエプロンに強打してしまう。
「そんなに急かさなくてもいいじゃない。ゆっくりやりましょう」
 最低限の動きで流れを引き寄せる小川の老獪さは、とても若手のものとは思われなかった。

 一度ペースを掴んでしまえば、これを小川から引き戻すのは難しい。
 まずは首投げで座り込ませた栗浜にスリーパーを極めると、
 髪を掴まれようがバックドロップで投げられようが涼しい顔をして放さない。
 やっとのことで引き離した栗浜からコーナーに振られれば、
 勢い任せに突っ込んできたところへ、ロープにもたれ掛かったままカウンターの延髄斬り。
「はい、はいっと」
 たたらを踏んで後退した栗浜の太股へ左足を引っ掛け、体を駆け上がるようにもう一度延髄斬り。
 さらに膝をついた栗浜へ、自分も膝をついた小川はそれを支点にその場で一回転して低空の延髄斬り。
 あっという間に追い込まれた栗浜は、執念でどうにか肩を上げた。
「頑張るわね……!」
 ここで小川はバックドロップの体勢へ。
 持ち上げようとしたところで栗浜は自分からマットを蹴り、小川の背後へ着地した。
「負けませんっ」
 鞭のようなハイキックで小川の後頭部を打った栗浜は、腰を落とした小川へ背後からのシャイニングウィザード。
 頭への打撃をやり返すと、力を振り絞って、ダウンした小川をコーナーへ後ろ向きに座らせた。
 無抵抗の小川の両足を組んで固定し、上体をコーナーから垂らす。
 相手を逆さ吊りにしておいて、栗浜は同じコーナーの上に飛び乗った。
 そして足元にある小川の膝頭を思いっきり踏みつける。
「いっ…!?」
 たまらず腹筋を使って上体を起こした時には、もう栗浜がコーナーから飛んでいる。
 宙吊りになっている相手の腹部へ、えげつないフットスタンプが決まった。
 同時に足が解けてマットに転がると、流石の小川も腹をおさえて悶絶する。
「さあ、おしまいです!」
 小川がどうにか立ち上がるため、まず片膝をつく。
 そこを栗浜が待ち構えていた。
 今度は正面からのシャイニングウィザード。 
 小川はすかさず反応して両手で顔面をカバーする。
 が、これを読んでいた栗浜は左足で膝を踏んだまま、右足で一旦小川を跳び越した。
 そして右足の踵で小川の後頭部を狙う。
 しかし、さらにこれを小川が読んでいた。
 まるで背中に目があるかのように絶妙なタイミングで頭を沈ませた小川は、
 ヒールキックをかわされてバランスを崩した栗浜の足に絡みつき、横入り式エビ固めで丸め込む。
「こ、このッ!!」
 ギリギリで返した栗浜が立ち上がりかけたところへ、いきなり正面から小川の両足が首を挟んだ。
 中腰の姿勢でフランケンシュタイナーを仕掛けた小川は、そのまま縦ではなく横に栗浜を転がして逆さにし、
 相手の頭の上に座りながらがっちり両足を押さえ込んでフォール。
 何がなんだかわからない内に鮮やかな3カウントを奪ってみせた。


「リーグ戦……あ、ジュニアはトーナメントでしたよね?
 とりあえず、それに勝ったら有給休暇をいただきます。よろしくお願いします」
 負けた栗浜とバックステージで見ていた霧子が呆然とする中、
 観客も何も置き去りしたアピールを残して小川は颯爽とリングを降りていった。
(最近忙しくて勉強する時間も取れませんしね)
 という小川の本心は、リングの上ではちょっと言いづらい。

[PR]
by right-o | 2010-06-06 11:53 | 書き物
美:……今週で今年の府中開催も終わりなんですね。寂しくなります。
ジ:いや、エプソムカップじゃないから。安田記念だから。


安田記念

◎フェローシップ
○ビューティーフラッシュ
△ショウワモダン
△マイネルファルケ

今週の切り札!

▲サイトウィナー

美:黙って香港馬買っとけ。
ジ:うん、反論はしない。
美:まー、日本馬を考えるなら、まず京王杯とマイラーズカップ組はデータ的に低調。
  そのクセ人気だから嫌ってみると。


美:ところでビューティーフラッシュってどういう意味なんでしょうね。
ジ:さあ……。案外、外国場の名前も深く考えられてないような気はする。
美:レープロに載ってるいい加減な馬名解説がちょっと気になります。

[PR]
by right-o | 2010-06-06 08:12 | 競馬