カテゴリ:プロレス( 26 )

に行ってきました。


考えて見れば、DDTを会場で見るのはこれが初めて。
まあ一回、京王閣で競輪場プロレスを見に行ったことはありますが、
それ以外だと初観戦。

映像では散々見てるんですけどね。


全体のざくっとした感想としては、普通に面白かった。

普通に、というのが、実はあまり期待してなかったんです。
DDTは映像で見るものであって、生で観戦したからってそれほど感動はしないんじゃないかと、
頭のどこかで思っていました。
(逆に、テレビでは全然面白いと感じなかった新日なんかが、
 生で見ると凄い迫力を感じた、なんて体験があっただけに、逆のパターンじゃないかな、と)

それがまあ、両国の地下で焼き鳥焼いてた鶴見五郎見て笑ったり、
ディーノ対サップ戦後に会場全体で「どうぞどうぞ」をやったり、
メインで石川の無茶な攻めに耐えるKUDOを応援したり(石川応援してた人もいたけど)、
やっぱりDDTでも、生観戦ならではの「一体感」があるんだなあ、と感じて、
普通に楽しめました。

特にディーノ対サップは、同じノリを大勢と(でも世間的には少数で)共有できた感覚があって、
これが個人的には一番DDTらしい試合、ベストバウトだと思います。

というか、男色先生に翻弄されるサップが、かなり笑えたw
あと京平さん、もうDDTに馴染み過ぎ。


来年は武道館だそうですが、まだ来年は関東にいるだろうから見に行けるかな。

[PR]
微妙に実生活で言い出しにくいことをここに書いてしまおう。


今、テレビで話題になってる女性がいるじゃないですか。
フィリピンに逃亡中の人。
あの人、去年の11月に松山に行った時、道後温泉のそういうお店で見ました。
看板にでかでかと名前が出てて、どっかで聞いたと思って後でググってみたら、ああー……と。

いやホント噂どおりスライムみたいなゲフンゲフン


まあそれはどうでもいいんですよ。

相変わらず普通に更新する気力がわかないので、
何となく下の入場曲集で追加していて発見したものがありまして。



一応、自分が見てきた中でアメプロの女子の試合ではこれが一番いい試合。
ま、もちろんアメプロなんで女子の試合の期待値は物凄い低いんですが、
そこの意外さを差し引いても十分いい試合だと思います。
ただフィニッシュだけがちょっと残念。

ホントはもう一つ、私的ベスト入場として、
トーリー・ウィルソンとリリアンが歌いながら入ってくるやつをご紹介したかったんですが、
探しきれなかったので断念しました。
あれいつの試合だったかなあ……


最近はWWEもあんまり見てませんが、またDIVAサーチが復活するんだとか。
一体アレのどこが面白いのやら……

[PR]
ダブルムーンサルトだと……

まあ何も言わずにこのようつべ動画をご覧ください。
http://www.youtube.com/watch?v=laI3_FvE70o&feature=player_embedded

これだけは現実に有り得ないと思っていたのに……



[PR]
何かテレ東にシナが出てた件について。

「ネバー・サレンダー 肉弾凶器」とかいう題名だから何のことかと思いきや、
「THE MARINE」の邦題だったのか。

何というか、まあ……
銃撃と爆発はどこかショボイし、悪役はマヌケだし、話のスケールは小さいけど、
いかにも木曜、じゃなかった水曜洋画劇場って映画ですよ。

この調子でケインとかオースチンのやつもお願いします。


にしても、何でチョークスラム→ニードロップなんていう普段全然やらんことしてるんだろ。
別にF-Uでも不自然じゃないと思うんだけど。

[PR]
土日の内にSS更新とか言っておきながら…まだできてませんごめんなさい。(汗

まあ実は近しい身内が亡くなったもので、バタバタしておりました。


そういえば、サバ2の短編集が発売なんでしたっけ。
これを手に入れられれば、やる気大幅アップは間違いないんですけどねー…

私の場合、レッスルのSSを書く時の大きな原動力の一つに、「そうじゃない」という気持ちがあります。
何がと言うと、プロレスが。

レッスルに限らず、他人が書いたプロレス関係の物語に触れた際、
それが面白いかどうかとは別に、私は大体「プロレスってそうじゃない」と感じることが多いです。
プロレスってのは、そんなに高尚なもんじゃない。
プロレスってのは、そんなに感動的なもんじゃない。
プロレスってのは、そんなに道徳的なもんじゃない。
何より、プロレスは真剣勝負じゃない。

もっと下品で、過激で、無茶で、馬鹿らしい見せ物がプロレスじゃないかと。

といって、こうして比較するもの無しに並べ立てても誰にも何も伝わらないわけで、
だったら仕方がない、自分で書いてやる――と、いうふうに勝手にモチベーションが上がるわけです。


そういう意味で短編集には大きな期待をしています。
間違いなく一つはかならずあるでしょう。王道の熱血ものが。

上にあるように、別に楽しめないわけじゃないんですよ。
ただ読み終わったあとに段々と、「自分ならこうする」っていうネタとやる気が湧いてくるはずなので、
これから日々の更新と某イベントに向けた燃料にさせてもらおうと思います。


…ま、それもこれも明日福岡に短編集が売っていればの話ですが。
天神のまんだらけに期待。



そうそう、プロレスと言えば。
水曜更新分の週プロ携帯サイトのコラムなんかで知ったんですけど、
どうやら某メジャーでひと揉めあったみたいですね。

団体に思い入れのある方には悪いけれど、私はこういう話題は楽しく見ます。
これもまたプロレスってことで。

[PR]
今週は予想を上げませんでしたが、シンゲン強かったですね。
これからの予定は知りませんが、新潟と府中に強いこの馬、
毎日王冠→秋天と面白い存在になるんじゃないでしょうか。


…と、例年なら府中開催が終了してテンションダダ下がりな季節ですが、
そもそも府中に行けない今年はどうということもありません。
が、
一つすっかり忘れていました。

もう宝塚(観戦レッスルオフ)の季節なんですよね…
どうしても外せない予定があって、今年は行けそうにありません。

代わりに今年もアイビスサマーダッシュでも見に行くかな。
ライトオ(本物)の子供が直千でデビューとか1レースぐらい無いものかと。
それかいっそ、今年こそは本物に会いに行こうか。


web拍手お返事 そういうことです。ありがとうございます。

>南蛮渡来のアレと言うと、ミス・パーフェクトさんのことですか?

噛ませ犬になってしまいましたが、北条さんで当たりです。
フェンシングはよく知らないので適当ですけどね。


というわけで、ようやく美冬が墜ちました。
このあとは以前に頂いたアイデアを消化していこうと思います。

しかし次回は変人むとめの続編です。
こちらは日本の、というか日本インディーのハードコアな方面を扱っていく予定。
…誰が喜ぶの、とか思いつつ。


NOAHの三沢さんがお亡くなりになりましたが、
プロレス歴の浅い私としては何とも言えません。

思い出としては全日での小島戦でしょうか。
ご冥福をお祈りいたします。

[PR]
タイトルの通り、元WWEのテストが亡くなったそうです。

4日後が34才の誕生日だったとか。


WWEにいた頃は結構好きなレスラーだったんですよね。
身長もあって見た目もカッコ良かったし。

試合運びは「もっさり」とか言われていたけれど、
パンプハンドルスラム、ダイビングエルボー、そしてランニングビッグブートと、
技一つ一つはどれも豪快で、中でも走り込んで放つ独特のビッグブートは特に説得力がありました。


本当についこの間来日したばかりだったんですが…残念です。

[PR]
ちょっと前に、NOAHの中継が打ち切りかもみたいなことを書きましたが、
ドラゲーは来年の3月に両国へ進出だそうで。
ほんと、ここだけは他団体と違って強気だなあ…


さて競馬。

朝日杯フューチュリティステークス

◎シェーンヴァルト
○ブレイクランアウト
▲フィフスペトル
△ミッキーパンプキン
△ホッコータキオン

なんか毎年スッキリしない決着で終わってる気がするこのレース。
前に行く馬がやたら多いので、差し馬から。

◎と○の違いは、
「復帰戦一鞍入魂でGⅠ制覇とか、そんな都合のいい話が…」
という好みの問題。
こういう時、大体評価を下げた方に勝たれます。


来週にはもう実家に帰っているので、明日は今年最後の中山。
有馬でスカーレットの勇姿を見たくもあったんですけどね。

代わりに同日のドラゲー福岡国際に行くチャンス…とはいえ、券残ってないかも。
ただ、思えばあそこでプロレスの興行って最近はほとんど聞かない気がするし、
どれぐらい売れてるか見当がつきません。

[PR]
そういうわけでちょっとだけリアルTNAの話題。
ネタバレ含みますのでご注意を。



全日から遠征中の雷神明が来週デビューだそうで、
コンスケンスズクリード相手にXディヴィジョン王座決定トーナメントを戦うんだとか。
クリードは期待の若手だけに、いきなりの勝ちは厳しいかも。

さて次に悲しいお知らせ。
PPVでの特殊な試合形式で勝利したカレーマスクの日本人(自称)が、
各王座への挑戦権かもしくは「クビ」の宣告書が入ったトランクを獲得。
見事にクビを引いて解雇されたらしいです。

また一人、海外マットで活躍する日本人が消えたわけですね…。

とか言いつつ、そろそろ中の人がどういう展開が復帰するか楽しみなんですが。



web拍手お返事 試合無しでもありがとうございます

>一歩間違うとただの罵りあいになりそうな罠。

正直、他はともかく小早川は…
強引に会話を進めるためだけに言ってもらった感があります。
罵りあいなら罵りあいでもいいんですが、もうちょっとアメプロっぽく格好良くできないかなあと。

>桜井説明を求める「黒のスーツは7月だと暑苦しいじゃないですか。」

すいません完全に私の趣味です。
ここ前後3行ぐらい明らかに無駄ですもんね。
ちょこっとだけ後付の説明をしてみました。



またわかりづらい元ネタ晴らしでアレなんですが、
龍子の言動はリアルTNAの方で頑張っている「メインイベントマフィア」というユニットの、
ストーリー中でのマイクアピールからヒントもらってます。
全員がスーツなのもその辺りから。

ケビン・ナッシュとスコット・スタイナーを同時に擁する(ある意味)恐ろしいユニット…
とか言ったら怒られるでしょうか。一応、2人とも好きは好きなんですけど。
カートを別格とすれば、あの中でスティングが一番動けてる気がする。

[PR]
私は、今までに知ったプロレスラーの中でWWEのアンダーテイカーが最も好きです。
そのアンダーテイカーの技、いやリング上での全ての動作、
構えた状態からフォールに入る時の仕草まで全部が好きなんですが、
その中でもこの「ラストライド」は別格。
(その割にはえらいアッサリした話でしたが…)

思い入れが有りすぎて、今現在のこの技の使われ様には不満が沢山あります。
まず他人が使うなど以ての外。
というか、今や本人が使っているのを見てさえ納得できないことも。
自力で持ち上げないことも多いし、最近の大舞台じゃ結構返されるし…


さて、そんな技がレッスルキャラの中で誰に似合うかと考えると、
これはもう八島さんしかいないと思います。
ついでにバイク入場とチョークスラムをセットで付ければ、
そのままアメリカン・バッドアスができるわけで。
欲を言えば、もう少し身長が欲しいところですけど。

それと、今回は試合そのものがレッスルマニア17のテイカー対HHH戦を真似ているので、
鏡さんはかなり卑怯入ってます。
村上姉妹は…バイクで追いかけられる様が似合いそうだったので、なんとなく。


web拍手お返事  毎度本当にありがとうございます

>八島姐さんの迫力とパワーファイトが素敵でした。村上姉妹も頑張っていますね。
八島さんはやっぱり力押しのややラフなファイトスタイルが浮かびましたね。
それを引き立たせるためだけに出てきたような扱いの村上姉妹でしたが、
その内また(そこそこ)強い姿も書いてみようと思います。


>リングに(なぜか)ハンマーがあるところがなんともエキプロちっくですね。
リング下をゴソゴソやると、何故かハンマーが出てくるという…w

ただよく考えてみると、実際のWWEではリング下からは出てこなかったような。
元ネタにした試合においては、確かタイムキーパー席あたりから取り出してたハズ。
いや、それはそれでツッコミ所なんですけども。


そもそも、あのスレッジハンマーって人を殴る以外の用途があるんだろうか。
[PR]