「女子プロレス」ゲーム

なんだなあ、と公式を見てなんとなく再確認。


最近はキャラクター以外の要素に触れてきませんでしたが、
経営系の追加要素が面白かったので少し取り上げたいと思います。


「引退勧告」や「契約更改」コマンドの存在が気にかかりつつも、
今回一番目を引いたのは「飲食店設置」。

なんというか…女子プロっぽいなあって。
といって私の女子プロ観なんてものは、ほとんどが雑誌とネットで出来ているので、
そんな伝え聞いた昔話だけで
「女子プロレス団体経営の飲食店業」を語るべきではないんでしょうけど。
ただ正直、あまり良いイメージは…
レスラーの個人経営はまた別ですが。


あとは普段通り今週の注目キャラクター。

・相羽和希
「耐える姿が似合う」という勝手なイメージのせいで、
自分が書く話の中では負け役が多いキャラ。ごめん相羽。決して嫌いではないんだ。

「この技で輝いてみせる!」というセリフから、技へのコダワリが伺えます。
この点だけは以前「ジャーマン」で書いた相羽と一致したかな。

ここ半年ぐらい頭の中が東方漬けなので、最後の一文は⑨を想像してしまう…


・杉浦美月
多分、話の中で一番イメージを壊してきたキャラ。
飛び跳ねたり、ヒールになったり…

追加された「寂しがりや」属性は、ありがちながらイイ要素じゃないかと。


・ノエル白石
全キャラ中、最も試合風景が浮かばない人。
試合中にボーっとしてどうする…

最近のハリキリでオチに使われたように、試合以外では凄く良いキャラだと思います。


web拍手お返事  更新してない日まで押していただくこともあったりして、感激してます。

>キックとドラゴンスクリューの攻防が絶妙でした。アンクルロックは中森さんらしい技ですね。

ありがとうございます。
「らしい」と言っていただけるのは、やはり嬉しいですね。

中森には以前、クロスフェイスを使わせたこともありましたけど、
ちょっと荒々しい感じがし過ぎるかと思い、
アンクルロックのが似合うかと思って今回使わせてみました。

ところでアンクルロックって、自分で自分に掛けられるんですよね。
いや、だから何って話ですが。


対して近藤の方は、決め技ゴートゥスリープ以外も全体的にNOAHのKENTA…
ではなく、現WWEのCMパンクがモチーフです。
試合開始直後と、フィニッシュ前のいわゆるブサイクへの顔面潰し→膝蹴りを除けば、
あとは全てパンクから拝借しました。

やっぱり、今現在見ているものに影響されすぎでしょうかね。

web拍手を送る

[PR]