「グリンゴスタナー」「ハワイアンスマッシャー」 ジョーカーレディVS森嶋亜里沙

(どういう相手だ……?)
 リング上、2人は互いに様子を見ながら、じっと向き合っていた。
 それぞれが独特の雰囲気を持ったレスラーだけに、
 観客もそれに引き入られるようにして、静かに両者の動向を見守っている。
「……………」
 2人の徐々に距離が縮まっていき、ついに組み合うかと思われたところで、
 まずはジョーカーが動いた。
 亜里沙の腕を掻い潜って背面に回りこみ、腰に取り付く。
「ハッ!」
 力任せにエルボーを放って振りほどこうとする動きを読み、
 身体を沈めてかわすと同時に、勢いで振り返った亜里沙の懐に入った。
 そして今度は正面から腰に腕を回すと、
 10cm以上身長差のある相手を一息でノーザンライトスープレックスに切って取る。
 得体の知れない相手なら、まずは機先を制して主導権を握ってやろうという考えだ。
 カウント1で返されたが、もちろんこれは想定の内。
 起き上がりにすぐさまトーキックを叩き込むと、一度ロープに押し込み、
 逆側の面に向かって振り飛ばす。
「…くっ!」
 ペースを握られたくない亜里沙が、強引に踏みとどまろうとすることも予測済み。
 ラリアットで襲い掛かってきたところを、屈んで下に潜り込み、
 ショルダースルーでロープ越しに跳ね飛ばした。
 ここでも、亜里沙はなんとかトップロープを掴んで抵抗し、
 場外に投げ落とされることは避けたが、
「フ、落ちろ!」
 エプロンに着地したところで、間髪入れずに横顔をジョーカーのドロップキックが襲った。
「どうしたんだ。そんなものか?」
 たまらず場外に転落した対戦相手を見下ろしながら、
 この間にもジョーカーは、さらなる攻め手の計算を始めている。


 この団体に参戦して迎える最初の対戦相手としては、
 ジョーカーレディは最悪と言えた。
 とにかく相手の良さを殺し、自分のペースに巻き込むことにかけては、
 彼女は他の誰もが舌を巻くほどの技術を持っている。
 試合の最序盤こそ初めて顔を合わせた亜里沙の出方を窺っていたものの、
 向こうから仕掛けてこないとみるや、今度は徹底して亜里沙を掌の上に乗せ、
 主導権を渡さないように巧みにコントロールし続けている。
「くッ!?」
 そうして外面は冷静に見える亜里沙にも焦りが生じ、
 迂闊にもラリアットを大振りして強引な攻めを見せたところで、
 ついに道化師は仕留めにかかった。
 初手と同じように右腕を掻い潜って背後に回ると、
 そのまま自分は振り返らずに待つ。
 そうとは知らず、少しでも早く自分のミスを挽回しようと、
 焦りが頂点に達した亜里沙は、とにかく急いで身体を旋回させた。
(しまった…!?)
 瞬間、腕が回って、首が、自分と同じ方向を向いたジョーカーの右肩の上に固定される。
「かかったな」
 次いでジョーカーは亜里沙の首を肩の上に載せたままマットを蹴り、
 地面とほぼ水平になるまでに、身体全体を足から前に投げ出した。
 勢い亜里沙も前へつんのめるようにして倒され、
 固定された首と顔面からマットに倒れこむことになる。

 しかし、結果としてはこれが亜里沙の頭を冷やした。
(自分と、同じ技を使う)
 痛めた首を押さえながら立ち上がろうとする頃には、
 そんなことを考える余裕ができていた。
 視界にジョーカーの姿は無い。
(背後から、それもあの体格と身の軽さなら…)
 立てた右膝に力を入れながら、ちらと後ろを見ると、
 まさにジョーカーはエプロンからトップロープに飛び乗って
 自分の背中に飛び掛ってこようとしている。
「今っ!」
 体中に力を込めて一気に立ち上がると、
 亜里沙は必殺技を狙って飛んだジョーカーの身体を空中で受け止めた。
「なに!?」
「沈みなさい…!」
 ファイアーマンズキャリーのように両肩の上でうつ伏せにしたまま、
 ジョーカーの首に上から腕を回して固定。
 その首を持ったまま、足の方を大きく振って肩から放し、
 同時に自分はジョーカーの身体に引きずられるようにして後ろに倒れることで、
 かなりの落差をつけたダイヤモンドカッターになる。
 ジョーカーのものよりも数段上の威力で、亜里沙の必殺技が炸裂した。


「チッ、まさか新入りに遅れを取るとは」
 新しい選手を歓迎する声援の中で退場していく亜里沙を、
 ジョーカーは痛む首を押さえながら見送った。
 厄介なヤツが増えた、とも思うが、
 今日の敗戦を踏まえて再計算すれば、次は負けない自信がある。
 何しろ、まだ自分の方は切り札を切っていないのだから。
[PR]
by right-o | 2008-08-30 17:43 | 書き物