無差別タッグ決勝  VSファレノプシス

評価値差でなんとか決勝リーグに滑り込んだ無差別タッグ大会。
せっかくの決勝なので試合レポをやってみようかと。


初戦は、リーグ表で一番上のラディカルズの次に位置する、
mosukeさん率いるファレノプシスです。

う~ん、まさか決勝の舞台で戦うことができるとは。

ラディカルズ       ファレノプシス
市ヶ谷麗華   VS   結城千種
杉浦美月         武藤めぐみ

千種にボディスラム2発で先制されるも、
市ヶ谷が逆水平からパワースラムに繋いで美月にタッチ。
互いに交代して美月対めぐみの局面になると、
ロープ際ながら美月が関節技でめぐみを圧倒。
スリーパー×2、逆エビ×3にローリングソバットを決めてめぐみを下がらせる。
そして千種の反撃を受けた美月と代わって、市ヶ谷がパワースラムからDDT。

このまま押し切れるかと思いきや、そこは流石にめぐちぐ。
エルボー、フロントスープレックスから合体ラリアットで勢いを戻される。
こちらもSTOから合体パイルで反撃して千種を退けると、
代わっためぐみにはDDTから裏投げ。
直後に延髄斬り一発でダウンを奪われるも、なんとか再度裏投げを決めて美月にタッチ。

再び間接地獄に持ち込もうとしたところを、
先ほどのお返しとばかりにローリングソバット連打からDDTを決められ、タッチを許す。
しかしなんとか千種の方を捕らえることに成功し、
フロントスープレックス、ブレーンバスター、Wパイルドライバーと投げられる合間に
しつこくサソリ固めをかけ続けてめぐみに交代させると、
まずサソリでダウンを奪ってから、
フェイスクラッシャーでリング中央に引き出してのスパイラルタップ(必殺SSP)で勝利。



CPU戦では引き分けていたこの勝負、今回はなんとかものにすることができました。
勝因は極カードが大量に来たことに尽きます。
極と飛で弱点を突くことができさえすれば、
防御全Sの美月は補正タッグ相手でも積極的に攻めていけますからね。


それにしても、流石に決勝戦は知っている名前ばかりです。
1次2次で戦ってきたシルフズさん、ファイティングアリスさんに加えて
以前にもタッグリーグ決勝で戦ったらぶりぃぱーてぃさん、EROさん、
さらにランキング1位のLOVERSさんまで…

多分、何組かは手も足も出ないかと思いますが、
一応全戦でレポートは書いてみます。

こちらのスペックは、
市ヶ谷麗華 
攻  投S 極1 パS 打S 飛2    筋C 器1 回B 体C 速C 
防   E  B   S  E   B

杉浦美月
攻   1  S  1   1  S       8  9  A  B  A
防   S  S  S   S  S

もちろんタッグ補正は無し。
ただモラルは高めで揃えてあります。

あとはまあ、
SSP→スパイラルタップ
フライングニールキック→ペレキック
とか若干勝手にリネーム…というよりは別技に脳内変換しつつ、
ボコボコにされても凹まずに頑張ってみます。


ただし、一応大丈夫だとは思うんですが、
美月が最後までもたずに引退する可能性が少しあったり…
[PR]