C・B・T! C・B・T!

って一文字も合ってないか。


そういうわけで、今回もレッスル小町に参加させていただくにあたって、
SSと前後してしまいましたが各キャラのイメージを書かせていただきます。


・相羽和希
一応3人のリーダー的存在でいいのかな?
単に一番苦労してそうなだけかもしれないけど。
格闘技経験は無いがひたすら根性で頑張る…というあたり凄く人気はありそう。

試合とそれ以外とに関わらず、イメージはとにかく若手。
ただし、試合中に関しては「今時のダメな若手」という感じも個人的には少しあったり。
どういう意味かというと、
会社から過剰にプッシュされるも試合内容がそれに追いついていないとか、
派手な技に凝った技名をつけて使うも定着しないとか、そんなイメージ。
…わかりにくいですね。
まあでも、そんなこんなで悩みつつも最後は不動のエースになってしまう人じゃないかと。

必殺技はスターライトジャーマン。
でも、上のような勝手なイメージがあるせいで、あまりジャーマンが似合うとは思いません。
ちょっと工夫したフィッシャーマンバスター的な…
スタリガンブローとか華厳とかを考え付いてしまいます。
それ以外だと、愛のパラメーター通りに飛び技も結構使えそう。


・杉浦美月
参謀役という名のツッコミ役ですね。

常に淡々としていてクールなようで、実は…という辺りの印象はSSに書いた通りです。
またまた勝手な想像ですが、まず他2人の陰に隠れる存在になるだろうと思うので、
そうなると結構気にすることもあるんじゃないかと。
こういう2番手ポジションの選手が自己主張を始めてヒール化するのが好きなんですよね。
…重ね重ね本当に勝手な想像ですけど。

試合に関しては、頭を使って相手の分析を詳細にやるタイプということです。
弱点とか徹底して狙う方でしょう。
ただ、次のSSで詳しく書こうと思いますが、
もうちょっと別な頭の使い方をする、と考えても面白いかも。
例えば全く相手の意表を衝くような斬新な技を開発するとか、
予想できないような返し技を思いつくとか。

それと、愛でブランクレスラーとして雇って無茶な育成をした影響が大きいせいか、
美月もそこそこ飛べると思ってます。
SSでいきなりオーバーヘッドキックをかましていたりするのもこの辺の表れですね。


・ノエル白石
超天然。風船。何を考えているかわからない…
特にそれ以上のことは思いつきません。
地が強烈だからか。

全キャラ中最も試合が想像しづらいキャラだと思ってます。
だって、あの氷室でも試合中は気合の入った表情をするというのに、
ノエルは全く普段とテンションが同じに見えるし。
怒るでも泣くでも笑うでもなく、試合中でもほわほわしているレスラーというのは難しいです。



というぐらいですかね。
書き物としては、あと相羽対美月のリターンマッチを書いて終わりです。
本当、ノエルは難しい…
[PR]