今までへの言い訳とこれからへの言い訳

週刊レッスル天さんで今回のレッスル小町参加作品がまとめられてます。


その中で、一点むとめに痛いところをつかれたのでちょっとお詫びを。
「ドラゴンウィップだけでムーンサルトに行くほど甘くない」
というのは確かにその通りですね。
シュミット式バックブリーカーを忘れていました(?)

というか、流石にちょっと扱いが悪すぎました。
弱くて噛ませ犬役のめぐちぐというのも、
本当に好きな人はあんまり読んで楽しいものじゃないでしょうしね。
めぐみに関しては今後、
今回の祐希子の役回りをしてもらうことがあると思うので、その時に挽回しましょう。

実は一番扱いが悪いのは
結局バックドロップ以外思い浮かばなかった千種なんですが…これは難しいです。



さて、もう始まっている次のレッスル小町はCBTがお題になってます。

今回はとりあえず一つお話を書いた後で各キャラのイメージを書こうと思います。
そして、そのお話ではプロレスの技以外の部分にも注目してみようかと。

ただ、キャラの性格をかなり逸脱したものになるかも知れないので、
どういう反応がいただけるか(&そもそも反応があるのか)はちょっと不安でもあります。


それと今まで書いた話ではことごとく相羽が負け役なので、たまにはなんとかしたいですね。
[PR]