勝手に感想文

今週から川柳は無いわけで、
オフィシャルサイトの更新も触れるほどのことはなく、
ついでに明日は重賞も無い…

ということで他のサイト様に掲載されているSSを読み、
感想文を書いてレッスルネタの更新ということにしてみます。

言い出してから随分時間がかかってますが…



・多重面相seizann
出し惜しみするのは性に合わない3

ちょっとマニアックな技についてイラスト付きで書かれているseizannさんですが、
今回まさか駅弁固めとは…

実は初めてプロレスを見にFMWの博多スターレーン大会に行った時に目撃した、
とても思い出深い技で…ってそれはともかく。

試合の方は成瀬対レミーの大阪弁対決。
成瀬もこんな技で負けたくないと意地を見せますが、
技絵で見る限り本物よりガッチリ安定して極まっており、意外に痛そうです。

このお話に限ったことではなく、またNEW WINDさんにおいてご本人が
触れられていたところですが、seizannさんの作品はセリフが多く、
この点がお話に引き込まれる要因かと思います。
そして私は登場人物に喋らせるのがとにかく苦手なんです。
気がつけば掛け声以外無声、というのがよくあります。
内心でブツブツ言わせるのは好きなんですけど。

またセリフだけでなく、試合の見せ方についても、
技を題材にしたものを書いてる身としては勉強になります。

それにしても、これから一体どんな技が扱われるのか…
ううむ、とても楽しみです。



・NEW WIND
Nと彩菜のSSアカデミー 第3回「誕生日SSを書く」 

NEW WINDさんに数多くSSが存在する中で、
何故SSではなくSSアカデミーの感想なのかと言いますと、
文中で触れられているポイントの2点目
「そのキャラクターの個性を出す」
つまりこれが簡単なようで最も大事なことなんじゃないかと感じたからです。

そして下の例文ではそれぞれ永沢、伊達、堀の様子が本当に生き生きと書かれており、
特に永沢と伊達のやり取りは目に浮かぶようでもあります。

こういう「キャラクターの個性」を出すためには、
まずそもそも「個性」を完全に把握しなくてはなりません。
恐らくそうでなければこうまで自然なセリフは出てこないと思います。

ゲーム中のキャラクターの性格をブレさせずに、
自分が用意したシチュエーションの中でその性格に反しない自然な行動・言動をさせる。
極々当然のことのようですが、
ここが徹底していないと読む人が自然に話に入っていけませんからね。

自分の場合はここが疎かになっているのかな、と。
リング上だけに焦点をあてることで、
それ以外の部分から意識的に目を逸らしている部分もありますが…
自分で書いたセリフを読み返してさえ違和感を覚えることが多いという。



・マスクドレッスルバカサバイバー
The Triangle Survivor :(4-3) ヒールへの永い道

提携先ではない上に、記事が上げられてから少し時間が経ってしまっているんですが…
このお話については是非感想文を書きたかったということで、
STRさんご容赦ください。


小川と秋山の回想の中で、
八島が苦悩の末に団体を辞めることを決心する場面から始まります。

このとき八島が退団の挨拶に向かった先でそれぞれがかけてくれる言葉は、
名前こそ出てきませんがそれぞれの選手の性格が伺えて、こだわりが感じられます。
真帆ーは相変わらず期待を裏切らないとぼけっぷりですが。

そして朝比奈、ライラ…と八島の心境を交えつつ進んだ後、
八島とは対照的な存在として鏡さんが登場するわけなんですよ。

私は、物語中の八島と同じく
この鏡さんにすっかりやられてしまいました。
こういう展開は大好きなのに、全く読めなかったという…

中途半端に内容を紹介してしまいましたが、
鏡がどんな行動を見せるか、それを受けて八島はどうしたか、
というあたりは是非実際に読まれてみてください。
基本的にリング上の表面しか見ない私と違って、
リング降りた選手達の裏面の描写に大変引き込まれる作品です。



と、お三方の書かれたものに対して感想を書いてみました。
的外れなことを書いている、と怒られそうな気もしますが…何卒ご容赦下さい(汗

とにかく自分に無い物を沢山持っていらっしゃる方々なので、
これからも勉強させていただこうと思っております。
[PR]