VS ニールセンズ

mosukeさん率いるファレノプシスのニールセン(従)姉妹に挑みます。


ラディカルズ      ファレノプシス
中村真帆    対   カレン・ニールセン
杉浦美月        ヘレン・ニールセン

カレンの先制ドロップキックに真帆がヘッドバット連打で応じる若干荒れ模様の立ち上がり。
カレンがスリーパーに捕えた真帆を自陣に引き込み交代すると、
代わったヘレンはフロントスープレックスで放り投げ、ジャンピングニーで追い撃ちへ。
真帆もすぐに立ち上がると、再びヘッドバットで動きを止め、
逆水平を挟んでのパワースラムでダウンを奪って美月と交代。
美月はヘレンの起き様に合わせてローリングソバットを決めるも、
ロープに飛んだところをうまくアームホイップでいなされて交代を許し
今度はカレンがヘッドバットと逆水平で攻め立てる番。
ここまでほぼ均衡していた両チームだったが、
美月のフェイスクラッシャーが決まってから暫くは真帆美月のターンへ。
直後のアキレス腱固めはヘレンのカットが間に合うも、
代わった真帆がバックドロップから踵落しに繋いでニアフォールを奪う。
カレンはなんとかジャンピングニーを決めてヘレンに代わり、
すぐにヘレンも必殺技のタイガースープレックスで続くが、
これでもまだ流れを変えるには至らず。
真帆が空中でヘレンを捕えて再度のパワースラムで叩きつけると、
そのままタッチを受けた美月が長時間サソリ固めでギブアップを迫る展開に。
これは再三カレンのカットが間に合う。
ヘレンは、ジャンピングニーを狙ってロープに振ったところをトペ・レベルサに返されながら、
それでもなんとか膝を当ててカレンに繋ぐと
今度はカレンがアキレス腱固めで美月の動きを止める。
これに痺れを切らした美月が真帆を介入させてWパイルドライバーから強引に交代。
しかし真帆のDDTや延髄斬りをカレンに尽くクリアされると即座にタッチを要求し、
シューティングスターで無理矢理な幕引きを図るも、これが壮絶な自爆。
さらに直後、立ち上がろうと立膝の状態へカレンのニーリフトがクリーンヒット。
交代したヘレンのアキレス腱固めには真帆が間に合ったものの、
この試合2度目のタイガースープレックスは返せず、3カウントとなった。


市ヶ谷では防御パラが低すぎて話にならないと考えて
真帆美月で挑ませてもらいました。
相性を考えれば、多分ウチで一番強い組み合わせじゃないかと。
で、まあ、途中までは良かったんですが…
文中では美月のせいみたいに書いてますが、毎回手動でやっているので
もちろん自分のせいです。勝負を焦りました。

それと、試合レポートだと途中ウチが押してたように書いてるのは
対戦を終えた後に改めてメモを眺めているとそうも思えた+少し脚色したからであって、
実際にプレイしている最中は普通に必死でした。


ちなみにですが、私の試合レポートは
週刊プロレスモバイルサイトの試合結果速報を意識して書いています。
回を追う毎に少しづつ脚色部分が増えていますが、
基本的な行動は全てゲーム中と同じで、例えばパワースラムだと
「相手が走りこんできたところにカウンターで…」というふうに
シチュエーションを想像(妄想)で補っているだけです。
あとは流れがどうの、ペースがどうのという辺りも適当に作ったり作らなかったり。

まあ…正直自己満足で終わっているという自覚はあるので、
もうちょっと面白いレポート・SSが書けるように、
NEW WINDさんの新企画を読んで勉強していく所存です。


最後になりましたが、mosukeさん今回もありがとうございました。
[PR]