R.I 市ヶ谷麗華はヒールなのか?

くだらないことを本気で妄想しております。


タイトルの疑問について
レッスルチャットにて旧作を知る方々に尋ねてみたところ、麗華様は
やはりヒールやベビーといった枠に当てはめられるお人ではないようです。


で、何でも現実のプロレスになぞらえて考えないと気が済まない自分としては、
次に、作中を離れて「実際にこんなレスラーがいたとしたらどうか」と考えてみるわけですが、
その前にそもそもヒールの定義って何でしょうね。
先日のチャットの際にはHIGEさんが少し語っておられましたが、
私はヒールが満たすべき要件として主観面と客観面の2つがあると思います。

どちらもごく当たり前の話なんですが、
主観面としては「客または同僚レスラーに嫌われたい、嫌われても構わない」と思っている
又は嫌われることを意図した役を自覚して演じていること。
客観面は実際に客から嫌われてブーイングを浴びること、です。

何故、主観と客観の両面が必要かというと、
どちらか片方だけだと判断に迷う場合があるからです。

例えば主観面だけを満たしている場合、
それまでの実績(?)や試合内容の高さから、
本人はヒールでいるつもりでも観客からは声援を送られる場合があります。
逆に客観面だけを満たしている(主観面を満たしていない)場合も、
試合がしょっぱかったり、団体の売り方が露骨な場合、
本人としては意図しない形でブーイングを受けるということもあります。

そういうわけで、この2つの要件を満たすレスラーがヒールだと仮定すると…
それでも結論としては「微妙」となります。

他人が自分のことをどう思っていようが一向に構わない(多分)、という主観面も
もちろん問題ですが、これは「嫌われても構わない」と解釈するとして、
むしろ難しいのは客観面。
全日本柔道王者・財閥令嬢・容姿端麗・唯我独尊。
超ナルシスト系ヒールか、体制・反体制を無視した一匹狼の超ベビーフェイスか…
前者っぽい気もしますが、
自称の数字ほどとはいかないにしても、やっぱりファンは多いんじゃないかと。

結局、社長の売り方一つでしょうか。



以下レッスルとは全く関係無い話になりますが、
昔、ミックフォーリーの自伝の和訳をネット上で読んだ中に、
ECW時代にヒールターンする必要に迫られた時の話があったのを思い出しました。
当時体を張ったファイトスタイルで大人気を博していた中で、
どうすれば客の歓声をブーイングに変えられるかと考えた結果、
試合中にひたすらヘッドロックをかけ続けて退屈な試合をすることで、
大ブーイングを引き出したそうです。
結局、お客さんにしてみれば面白い試合が見られれば、それでいいんですよね。

うん、自分でもどういうオチかわからない。
[PR]