名牝軍団との戦い

以前から検索や対戦履歴で見かけていた愛の軍団の中で、
私的にどうにも気になる名前の2つの軍団さんに挑戦します。


※タイトルから「?」をこっそり抜いておきました。


VSノースフライトさん
こちらは、草薙みこと・中村真帆&鏡明日香・吉原泉で臨みます。

シングル1 草薙みこと対結城千種
序盤から千種のボディスラムとエルボーで押される展開。
タイガードライバーを食らってダウンした後はさらに圧倒されるも、
なんとか逆にノーザンでダウンを奪い、ギロチンから掌底で流血させる。
フライングニールキックで反撃されるもこちらもパワースラムを返して
ダウン状態を継続、脇固め連発でロープ際ながらギブアップ狙いへ。
しかし再度のタイガードライバーからドラゴンスリーパーに繋がれると
さらにパワーボムからジャーマンで敗北。

終わってみればそこそこ良い勝負でしたが、実際はかなり運に助けられたと言えます。
総評価値ではこちらが上ながら、かなり鍛えてありそうな予感…

タッグ 真帆&鏡対富沢&相羽
相手の手札が悪いのか、真帆相手に富沢が力勝負に出る。
これを頭で退けて、出てきた相羽にもひたすら真帆が頭突きを見舞って序盤は攻勢。
後は相性を考えて真帆対相羽、鏡対富沢をなるべく維持。
途中相羽のフランケン→ジャーマンで追い詰められるも、なんとか挽回して
最後は鏡が踵落しで富沢をピン。

パラメーターの相性とカード運が良かったですね。

シングル2 吉原泉対菊池理宇
最初はひたすらドロップキックとローリングソバットを受け続けてカードを捨てることに専念。
その後何故かニーリフトlv3一発でダウンが取れたので打撃と腕攻めで逆襲する。
3度目の脇固めでギブアップ勝利。

これは運が良いというかなんというか…


ラストは残念でしたが、それ以外は良い勝負ができました。
ただし評価値ではこちらが少し上だったので、それを考えると随分苦戦させられたと言えます…


VSファレノプシスさん
ちょうど8700ぐらいでウチとほとんど同じ総評価値だったので、
スタメンの、鏡明日香・ヴァルキリー千種&吉原泉・中村真帆で挑みます。

シングル1 鏡明日香対寿零
打撃を受けつつパ・極・飛カードを貯め、何度か蹴り返されながらドラスクをしつこく繰り返す。
その後も掌底で反撃されるも、手数ではセコく弱点を突くこちらが上回る展開。
パワースラムでダウンを奪うとlv8STOで一気に勝負をかけるがカウント2.8。
続くSTOも耐えられたが、フェイスクラッシャーを決めて勝利。

こういう組み合わせが正にウチの最も得意とするところでして…
防御の穴につけいることができる相手には強いんです。

タッグ 千種&吉原対ニールセン姉妹
ドロップキック連発で千種が先制、カレン・ヘレン両方をボディスラムで投げる。
カレンにヘッドバットやアームホイップで反撃を受けるも、吉原が腕攻めで動きを止める。
ヘレンの必殺タイガーなどで吉原が攻め込まれるも、終始優勢に進めて
千種がシューティングスターでヘレンからピン。

ここも、こちらの攻撃パラとニールセンズの防御パラの弱点がガッチリ組み合っていたので…

シングル2 中村真帆対南利美
開始早々からスリーパーで締め上げられ、早速ロープに非難。
真帆がボディスラムで投げると3手目からいきなり場外戦へ。
しかし裏拳とドラスクで追い込まれる。なんとかこちらも裏拳を返して場外でダウンを奪う。
調子に乗って連発していると今度はフロントスープレックスでフロアに投げられ、リングへ。
直前の裏拳で流血させられて怒ったのか、
裏拳→フィッシャーマン→コンビネーションキックと鮮やかに繋がれて真帆撃沈。

3タテ行けるかと思ったらそう甘くはなかったですね。
極めに弱点を残した真帆が、今度は逆に圧倒されました。

とにかく相性が良かったというのが感想です。
加えてこっちはほとんど防御が均等なので、どうしても有利に運べてしまいます。
とはいえ、その分とてもコダワリの育成という感じがしました。


ノースフライトさん、ファレノプシスさん、対戦ありがとうございました。
…というより、勝手にネタにしてしまってすいませんでした。
[PR]