ストーリーアプリ11話感想

今回もストーリーアプリはスルー…しようかと思ったんですが
他のサイト様の感想を読んでみると、鏡さんが出るらしいじゃないですか。

それを早く言ってくれよ…
ということで1話以来となるストーリーアプリをやってみることにしました。

プレイしながら書いたので全然まとまってませんが以下感想です。


開始
さてこの巨乳さんと鏡はどう絡むのかな、と…
ああまずこの娘の生い立ちから入るわけね。
……………
………


あの、早く本題に入りませんか?
全くいらないとは言いませんが、教会がどうのという辺りは大雑把でいいのでは。

東女、濃いメンバーだなあ。

柔道で痛めつける快感を覚えられるって、相当強いんだな。

と、ここでディアナか。
結構ありがちな展開かと思いきや、砂響って内面は本格的に黒い予感。
でも妙に共感できてしまう辺り、自分もダメ人間か…と、
ここで鏡さんか!やっぱりヒールは徒党を組まないとね。
あ、砂響笑うんだ。

うお、いきなりの急展開。
不幸、不幸、不幸、と。

まあ、こういう人の仕事探しというと王道の展開だろうなあ。
あ、これが小鳩と寿零か。

黒砂響覚醒ですか。打撃の限界値は低そうだな。

再び鏡さん登場!安売りしすぎですよねー。

さてここから砂響デビューへの道が…ってもうデビューか!?
それでも藤原はともかく、カニに負ける気はしない…ってカニ強っ!?
いやSAKIが弱いのか?まあとりあえず小鳩一人で勝てたからいいや。

鏡さんそこ笑うんだ。って龍子も。

子供は正直だなあ、と思っていたら、最後にちょっとサプライズ。
こんなマイクのできる新人なんて普通いませんよ。
これは意外にWARSとヒール勢が寛容だったのも頷けるかも。


全部見終えてからの感想
まず砂響はかなり好きなキャラです。
こういう、ライラとは別の方向に深刻に病んでるヒールというのは
今までのレッスルに足りなかったものだと思うし、
何より個人的にこのタイプのヒールは大好きです。

それだけに、デビューして終わりというのは拍子抜けでした。

是非続編でディアナと愛憎入り混じったドロドロの抗争を繰り広げて欲しいと思います。
いや続きがあるかどうかわかりませんが。
ただ最後のマイクアピールはもっと暗い感じが良かったかな。
「お前ら女の悲鳴聞きに来てんだろ」みたいなセリフは良いけど。


それとストーリーアプリ自体はやっぱり自分には合わない。
いちいち細かく妙な説明口調の文を入れないで…。
[PR]