対めぐちぐ

それは無補正タッグにとって永遠のテーマ。
タッグ大会の決勝とかで当たったら半分諦め入りますね。

最近、
「そんなに攻撃パラの相性良くないんじゃないか?」
とか思いますが、まあそれはどうでもいいんです。

要はめぐちぐに負けたらしいのでリベンジをしようと。


ラディカルズ VS リアムローダ
市ヶ谷&美月ではとても勝てそうにないので、
1軍メンバーから挑みます。


結城千種 吉原泉 VS 武藤めぐみ 結城千種
エルボー、アームホイップ、ドロップキックとまずは武藤が千種(ラ)を翻弄。
しばらくあって漸く交代した吉原がスリーパーで締め続けてどうにか武藤を
引っ込めるも、千種(リ)に立て続けにボディスラムで投げられる。
その後は両者細かく交代しながら少しづつ体力を削りあう。
そして3度目の吉原対武藤の場面で、
武藤のローリングソバットからタッチを受けた千草(リ)が
STOから裏拳に繋いで試合を動かすと、
千種(リ)の投げ技を前方回転エビ固めで辛くも逃れた吉原から代わった
千種(ラ)がノーザン2連発から延髄斬り。
これを耐えた千種(リ)と千種(ラ)はノーザンの掛け合いから交代。
決着がそれぞれのパートナーの手に委ねられると、
吉原のドラゴンスリーパーをロープ際まで耐えた武藤が
フライングニールキックからムーンサルト。
吉原も一度は剣山で返すも二度目は返せず3カウントを許した。


割と良い勝負だったんですが、ウチからも千種を出したせいで
どっちの千種がやったことか途中でよくわからなくなり、
いつも以上にぐだぐだの試合レポートになってしまいました。

敗因としてはむとめを攻めきれなかったことでしょうか。
こちらの防御を均等にして、相手の防御の低いところに浸け込むのが
ウチのスタイルなので、関節を除いて堅かった今回のむとめは強敵でしたね。


まあ今回は頑張れた方だと思います。

市ヶ谷&美月のU-1700タッグ制覇が今後の目標なので
なんとかしてめぐちぐを始めとする補正タッグにも勝てるようにならないと。
[PR]