エアーズ市の攻防?

軍団戦レポートです。
以前から気になっていた軍団様に挑みます。


ラディカルズ 対 α任務部隊

シングル1
草薙みこと 対 斉藤彰子
まずはショルダータックルの打ち合いからみことが逆水平、
斉藤も掌底やネックブリーカーで反撃、走りこんできた斉藤をみことが
カウンターのフロントスープレックスで投げるも、すぐに立ち上がった斉藤が
掌底連打からミサイルキックを決めて攻勢へ。
みこともSTOからノーザンに繋いでなんとか挽回しようとするも、
斉藤はコブラツイストで捕獲してペースを握らせないばかりか、
延髄斬りからパワーボムで試合を決めにかかる。
これをなんとか2,5で跳ね除けたみことが渾身のノーザンで投げきると、
斉藤の踵落としに耐えながら直後に奥の手のフランケンシュタイナーを決める。
しかしこれは決まらず、逆に必殺の飛燕脚を食らってついに3カウント。


ウチのみことでは斉藤の唯一の穴である飛び技を突けないため、
なかなか苦しい戦いになりました。
なんとかフランケンを決めた直後に必殺カード飛燕脚で玉砕…。


タッグ
市ヶ谷麗華 杉浦美月 対 石川涼美 ボンバー来島
市ヶ谷と石川で力比べかと思いきや、石川のボディスラムとショルダータックルを
食らうと、市ヶ谷は逆水平を決めてすぐに美月にタッチ。
代わった美月がドロップキックとスリーパーで攻め込む。
来島が出てくるとヘッドバット一発で美月をふらつかせ、圧倒するかに見えたが
逆に美月が背中にとりついて長時間スリーパーで締め続けペースを握る。
さらにドロップキックを決めて市ヶ谷にタッチすると、来島が意地を見せ、
気合のヘッドバットで市ヶ谷を倒し石川とタッチ。
ここで市ヶ谷がボディスラムから場外戦に持ち込み、石川を鉄柱に叩きつけると
そのまま裏投げで床に叩きつける。
石川はなんとかショルダータックルで市ヶ谷を倒し来島と交代、
すぐさまジャンピングネックブリーカーを決めて反撃する。
その後両者で投げあい倒しあった後、市ヶ谷が意表を突いた水面蹴りを決め
美月にタッチ。
来島がヘッドバットを決めて石川と代わるや、美月がすぐさまフライングニールキック
から逆さ押さえ込みで石川をフォール。
一瞬の隙を突いて勝負を決めた。


市ヶ谷のパワーカードが封じられる以外は攻防の相性が良かったのと、
ちょうどよく場外戦にいけたので、うまく試合を運べました。
アジアタッグ2次予選後半ぐらいから美月の逆さ押さえ込みには
髪が…もとい神が宿ってます。


シングル2
中村真帆 対 草薙みこと
まずみことがスリーパーで真帆を捕獲、放した直後に真帆が振り返った瞬間を
狙ってフロントスープレックスで放り投げる。
対して真帆も譲らずヘッドバット2発からボディスラムで投げ、
一旦両者がリング中央で組み合う。
その後もみことのアームホイップには真帆がエルボーを返し、
フロントスープレックスで互いに投げあうなど互いに一発づつ技を交換して
譲らない。
なんとか真帆が裏投げでダウンを奪い、ミサイルキックを決めるも、
ドラスクからノーザン、DDTと逆に反撃されると飛びつき式腕ひしぎを決められ
ピンチに。
なんとかこれを耐えた真帆がエルボーからのフォクシーボムを決めて3カウント。


最初の手札は最悪でしたが、その後うまいこと1枚おきに良カードが来たおかげで
本当に一進一退の勝負になりました。
最後、フォクシーボムでちょっと強引に決めにかかったところ、
極めカードに負けて腕ひしぎで切り返されたような感じに。
もう一つリング内側なら危なかった…。


結果、2勝1敗で久々に勝ち越せました。
先週軍団戦を再開してからは初めてですね。

あと…久々にGジェネやりたくなりました。

α任務部隊様、対戦ありがとうございました。
…というより、勝手に挑んでネタにしてしまってごめんなさい。
[PR]