軍団戦

早速NEW WINDさんに殴り込みをかけさせていただきました。

シングル1
草薙みこと 対 ディアナ・ライアル
ディアナが逆水平、アームホイップでまず主導権を握る。
みことも逆水平を返し、ドロップキックで反撃するも続かず、
スクラップバスター、ネックブリーカー、踵落としと繋がれてピンチに。
しかし一気にノーザンで反撃したみことがパワースラムからフランケンシュタイナーと
畳み掛けて場外戦へ。
ディアナが裏投げ、みことがノーザンを場外でお互いに決めた後、
みことが鉄柵に振るも今度はディアナのノーザンで再度床に落とされて
リング内へ戻され、直後のJOサイクロンで3カウント。


場外に出た時は勝ったと思ったんですが、逆にそれがアダになってしまいました。
ただ、パワー・打撃防御の高いディアナ相手によくやった方だとは思います。
評価値100以上みことの方が上ですけどね…。


タッグ
市ヶ谷&美月 対 伊達&永沢
伊達と市ヶ谷でエルボーとボディスラムを一発づつ交換した後、
伊達がショルダータックル2連発からニーリフト。
これに市ヶ谷たまらず間合いを取って美月にタッチ。
美月がドロップキックで攻め込むも逆に合体ドロップキックを決められ、
相手のタッチを許す。
代わった永沢に美月はスリーパーを決めてさっさと市ヶ谷にタッチ。
ここから市ヶ谷と永沢の攻防がしばらく続き、裏投げとパワースラムで投げあう。
さらに代わった伊達と美月もエルボーとドロップキックでやりあうが、
ニーリフトをくらった美月がまたしてもすぐに引っ込み、市ヶ谷のボディスラムから
1試合目に続いての場外戦へ。
市ヶ谷がSTOを場外で決めるも、伊達にDDTを返されるとリング内に戻って交代した
永沢のタイガースープレックスで投げられ、美月のカットがギリギリで間に合う。
市ヶ谷なんとか裏拳を決めてタッチし、美月がフライングニールキック2連発で
追い込んでからのシューティングスタープレスで永沢をピン。


NEW WIND師弟タッグとは対戦経験があったので、
実は試合前から狙いは永沢に絞ってありました…。
とにかく防御に穴があればひたすらそれに浸けこむのが麗華&美月です。
それにしてもこの試合の美月は完全にイイトコ取りになってますね。


シングル2
藤島 瞳 対 ライジン美冬

開幕から藤島にボディスラム2発で攻め込まれ、
さらにストレッチプラムでいきなりピンチ。
美冬もなんとか脇固めとボディスラムを決めるも反撃はここまで。
ステップキック2発、タイガースープレックス、さらにタッグのお返しとばかりに
シューティングスタープレスで3カウント。


なんとか防御唯一の穴といえる関節技を狙ったんですが、逆に極められる始末。
評価値が近くても鍛え方が違うということでしょうか…。


というわけで1勝2敗で我がラディカルズが敗れました。
タッグは相性の差、シングルは鍛え方の差で勝負が決まった印象です。
う~ん、鍛え直しだ!

本当はボスと選手の掛け合い形式で書きたかったりしたんですが、
意外に時間が掛かってしまったもので、こんな中途半端な形式になってしまいました。
大会や軍団戦の試合レポートを書いていらっしゃる方の苦労が
これで少しはわかったのかも知れません。


最後に
対戦していただいたNさん、本当にありがとうございました。
[PR]