裏の話

 ある夕、美月と越後が並んでスポーツ新聞を眺めていたのとちょうど同じ頃、
 団体の社長秘書、井上霧子は、社長室に続く廊下を歩いていた。
 社内で唯一の木製ドアの前で止まり、ほんの少し背筋を伸ばす。
 ノックしようと手を伸ばした時、不意に内側から扉が開いた。
「あら。……失礼」
 164cmの霧子がやや見上げるほど背の高い頭が顔を出し、
 銀髪を軽く揺らして形ばかりの会釈をすると、霧子の脇を抜けてさっさと歩いて行ってしまった。
(あれは……)
「ああ霧子君、ちょうどよかった」
 呆気にとられる間もなく室内から社長の声がかかり、中に招き入れられる。
 室内には微かに先ほどの女性のものらしい残り香があった。
「うまく記事にしてもらったようで何より」
 社長は美月たちが見ていたのと同じスポーツ新聞を机上に放って示した。
「ええ、まあ」
「ま、こういう小さな話題作りも今度までだ。次からはまた大きく仕掛けられる」
「と、言いますと?」
「二人とも復帰させるよ」
 社長はそう言って机の上を指でコツコツと叩いた。
「この前の挑戦者決定戦、比較的若手の伊達かみことが勝ってくれればよしと考えていた。
 ベテランの六角でもなんとか盛り上げていけたと思う。しかし内田は厳しい。
 人気の面では現王者と大差無いからね」
 淡々と自分の見解を述べる社長に、霧子は異論を挟んでみたくなった。
「相羽さんや神田さんの成長も目覚ましいものがあると思いますが」
「まあ実力的にはそうかもしれないが……人気は」
 そう言って社長はかぶりを振った。
「何にせよ彼女ら二人ほどの知名度を持つレスラーを現状育てきれていないんだ。
 であれば、まあ……時計の針を戻した方が利口だろう。プロレス的に言えばね」
「わかりました」
 現場に近い霧子としては、美月らの姿を思い浮かべてやや思うところもあったが、
 外面は事務的に応じる。
「それで、復帰戦は誰と?」
「タッグのベルトに挑戦させる」
 この社長の一言には、霧子も眉を顰めざるをえなかった。
「それでは……あの二人を組ませると?あの二人は……」
「わかってる。ほとんど殺し合いのようなことをやらかした二人だからこそ、
 逆に手を組めばそれだけで話題になるだろう……」
 社長はそう言って軽く目を閉じた。
「……中途半端に方向修正するより、全部根底からひっくり返して一からやり直す方が楽だろう。
 あの二人はそのための、“致死量の猛毒”とでも言うか……」
 そう言ってイスごと後ろを向いた社長の、イスの背には――特に、何も書かれていなかった。
「わかりました。……ただ」
「何か?」
 珍しく、霧子は社長に食い下がった。
「越後しのぶさんから、引退の申し出がありました」
 霧子はそう言って、表情に険を表さないギリギリのところまで視線を強めた。

[PR]
by right-o | 2013-02-10 17:35 | 書き物