「カサドーラ」 伊達遥VSラッキー内田

 両膝立ちの内田がゆっくりと立ち上がるのに合わせ、
 伊達はコーナーから進み出ると、仕切り直しとばかりに右足を抜き放った。
「げほっ……!」
 鞭を打ちつけるようなミドルキックを内田の胸板に放ち、
 反撃がこないと見るや再度渾身の一撃を打ち込んで内田を倒した。
 さらに肩を掴んで内田の上体を起こし、背中へのローキック。
「………!!」
 呼吸すら止まる痛みに、内田は声も上げられないまま悶える
 そこへ今度は正面から走り込んでのローキック。
 間髪入れず覆い被さってカバーへ。
 内田はなんとかギリギリで肩を上げてクリア。
 伊達の圧倒的な攻撃力の前に、以後数分にわたって内田はひたすら耐えることを強いられた。


(……これ以上は、生きてるのが嫌になりそう)
 蹴られ過ぎて痛みの感覚が麻痺してきた頃になって、逆転のチャンスはようやく訪れた。
 コーナーの前で棒立ちにさせた内田の脇を走り過ぎて行き、伊達はひとっ飛びでコーナーに飛び乗る。
 内田の粘りに業を煮やした伊達は、頭を狙って黙らせる手に出た。
 背後から三角飛び式の延髄斬り。
 しかし、コーナーを蹴ってリング内を振り向いた伊達の視界には、
 内田の後頭部はおろか姿そのものが影も形も無かった。
「っ!」
 咄嗟に着地へ切り替えようとするも足が動かない。
 逆さまになった内田が伊達の両足に張り付いていた。
「捕まえ、た……っと!」
 二人は同体となってマットを転がり、
 リング中央で止まった時には内田の膝十字固めが極まっている。
 伊達の三角飛びに合わせて自分から飛びついた内田は、始めからこれを狙っていた。
 極限まで追い込まれての見事なカウンターに会場は沸き返り、
 その熱狂の中心で、伊達がマットを掻いて必死で逃れようとしている。
 もちろん内田がこのチャンスを簡単に手放すはずもなく、伊達の右足をへし折る勢いで極め続けた。
 それでも暫く後、伊達の手はどうにかロープを掴みかける。
「ちっ」
 再度引き戻すべく内田が一瞬技を解いた隙をつき、伊達は片膝立ちのままで振り向いた。
「しまっ……た」
 と、内田が思ったのは、伊達を立たせてしまったからではなく、
 伊達を止めようとした勢いのまま前へ突っ込んでしまったからだった。
 立ち上がると同時、伊達は前のめりになっていた内田の腹部に膝を突き刺す。
 そのままブレーンバスターの体勢に入ったとことで、客席からは「あー……」という溜息が聞かれた。
 美月を仕留めた技でもある旋回式ブレーンバスタ―は、
 いくつかある伊達の必殺技の中で最も代表的な一つである。
 内田の体が垂直に持ち上げられたところで、試合は終わったと誰もが思った。
(まだまだ、勝負を急ぎ過ぎ……ッ!)
 しかし、この日の内田は終わらなかった。
 あとはマットに突き刺さるだけの姿勢から、内田逆さのまま伊達の頭頂部へ膝蹴り。
 間髪入れず体を前に倒し、首を抱え返してDDTで伊達をマットへ突き刺さした。
 伊達の頭が跳ねて仰向けになるほどの衝撃。
 再度の逆転劇に湧き返る歓声の中、満身創痍の内田は背中で這ってロープへ向かい、
 ロープを支えにようやく立ち上がる。
 息を整えた内田は、ロープによりかかって天井を仰いだ。
 目の前では、伊達が不意を突かれたダメージから立ち直りつつある。
 ほんの一瞬だけ間を置いたあと、内田は意を決して口を開いた。
「ラッキィィィィィ……!!」
 思い返せば相方から強制されて始めた必殺技宣言だったが、それがこの場面では有効に働く。
『『キャプチャー!!!』』
 基本的に判官贔屓な会場のファンたちは、一斉に声を合わせて内田に応えてくれた。
 立ち上がった伊達へ向けて踏み切り、空中で反転して背中をみせつつ、
 伊達の胴を両足で挟み込む。
 そこから上体を前傾させて伊達の股をくぐりつつ膝十字固めへ――
 いかずに、みことを降したの同じ形でくるりと丸め込んだ。


 最後まで無表情を貫いた伊達だが、リングを下りる際は明らかに不満そうなオーラを漂わせていた。
「……また余計な敵を作ったかしら」
 そんな伊達の姿をコーナーに座り込んで見送る内田であった。
 さて、と勝者はそこから一息吐いて立ち上がる。
 何か喋ってやろうとマイクを要求しようとしたところで、不意に美月の入場曲が鳴り響いた。

[PR]
by right-o | 2012-11-17 19:15 | 書き物