「I quit マッチ」 柳生美冬VS神楽紫苑

 福岡での興行終了後、美月たちは新幹線で帰京の途についた。
 その車内、一つ前の座席を回転させてボックス席としたところに、
 美月、神田、相羽、そして越後の四人が向かい合って座っている。
「……美月ちゃん、次大丈夫なの?」
「……どうでしょうか」
 つい数時間前激しくやり合っていた人間から、美月は心配されていた。
「恐らくまた、今日みたいに無茶苦茶な試合形式を要求してくるに決まってますよ!」
「そしてチャンピオンであればなおのこと、挑戦者の要求を受けて立たずにはいられないわけだな」
 同じく心配顔の神田に、越後だけがそう淡々と応じる。
 四人とも、頭の中には先ほど見たリング上の無残な光景が生々しく刻まれていた。


 「参った」と言った方が負け、という、ある意味これ以上無いほど単純なルールは、
 裏を返せば当人以外は誰も試合を止められない危険なルールでもある。
 神楽が提案したルールを美冬が飲む形で決まったこの試合、事実上は何でもアリに等しい。
 その試合のゴングが鳴った瞬間、神楽は美冬に背を向け、猛ダッシュで場外へ滑り出た。
「なっ!?」
 喧嘩を売っておきながら即逃げの姿勢を見せた神楽を、美冬はバカ正直に追いかける。
 そして何やらリングの下をゴソゴソとやっている神楽の頭を、
 ロープから身を乗り出して掴もうとしたところ、
 咄嗟に体を起こした神楽が美冬へ竹刀で一撃。
 肩と頭に竹刀を打ちこみ、反対に下から掴んで美冬を場外に引き摺り出した。
「使えるものは、使わなきゃねぇッ!?」
 場外の鉄柵に美冬を振った神楽は、助走をつけて思い切り竹刀を叩きつける。
 美冬は、背にしていた鉄柵を乗り越えて観客席の中に墜落していった。

 奇襲に面食らった美冬だが、そこは元世界王者だけあり、
 ただやられたままというわけではなかった。
 観客席に叩きこまれた美冬に、神楽はまずイスを上から投げつける。
 二つ、三つと無造作に美冬の背中へ叩きつけたあと、
 仕上げとばかりに今度は持ったままのイスを振り下ろそうとした時、
「シィッ」
 フロアに這いつくばったままの姿勢から美冬が躍動した。
 イスを振り下ろしかけていた神楽の顔面へ、一瞬で飛び上がっての雷迅蹴。
 起死回生の瞬間を目撃し、会場は驚嘆の歓声に湧き返った。
(や、ヤバかった……)
 が、昏倒させられたかに見えた神楽は、倒されながらもまだ意識を保っている。
 イスを振り下ろしかけていたお陰で、顔の前に出ていた両腕が美冬の足をブロックする形になったようだ。
 そんな神楽をリングに戻そうと、美冬が右手で頭を掴んだが、すぐに両手で持ち直し、
 イスの倒れた観客席の中を引き摺って行く。
 おや、と神楽の唇が誰にも見えないところで歪んだ。
 神楽をリングに入れた美冬は、まずボディに膝を突き刺し、ついでミドルキックで上体を跳ね上げ、
 更に左右のローから左ハイキック。
「……っぐ」
 咄嗟に右腕を上げてガードしたものの、そのハイキックの衝撃は頭を揺らし、
 美冬にもたれかかるような形で前のめりに――倒れようとしたところで神楽は美冬の右腕を捉え、
 自分からその場に倒れ込む形のアームブリーカー。
「痛ッ」
 美冬は思わず肘を庇ってマットに転がった。
 美月戦から約一カ月だが、まだあの時の傷が完治していなかったようである。
 このスキに、神楽は再度場外に下りてごそごそとリング下を漁った。
 試合前に何か仕込んでおいたことは間違い無いが、
 そもそもこのルールでは何をしようが誰からも咎められることはない。
 けけけ……と邪悪な笑みを浮かべた神楽の腰と腕に、会場の照明を受けて光る何かが装備されていた。
「……この程度っ!」
 リングに上がった神楽へ、美冬は果敢にも痛めた右腕で掌底を放った。
「うっぐ」
 頬を捉えた一発は、腕を痛めていてさえ神楽を怯ませ、一歩退かせる。
 が、お返しとばかりに神楽が振るった右拳は一撃で美冬からダウンを奪った。
「効いたわぁ……」
 自分の頬を撫でながら美冬を見下ろす神楽の右手には、鎖が巻かれていた。
 そして仰向けに倒れた美冬の頭を左手で掴んで起こし、その額へ鎖を巻いた右拳を連打。
 最後に大きく弓を引いて殴りつけたあとには、鎖から血が滴っていた。
 それでも美冬は、半ば神楽に縋るような形になりながらも立ち上がろうとする。
「うぇ」
 触るな気持ち悪い、とばかりに神楽は膝を入れて美冬を屈ませると、
 すかさずその頭を右の脇に抱えつつ左手で腰のあたりを掴み、相手を持ち上げながら自分もジャンプ。
 自分も飛び上がることで落差と角度をつけたDDTで、美冬をマットに叩きつけた。
 そして足で美冬を裏返し、首元を右足で踏みつける。
「“参りました”は?」
「誰が……言うか……っ!」
 ボロボロになりながらも、美冬は敗北を拒否した。
「あっそ」
 神楽は、美冬の首に置いていた足を右肘の上に移し、体重をかけながら踵でぐりぐりと踏みつける。
 美冬は歯を食いしばって耐えていた。
 暫くして、神楽はその反応にも飽きた。
「あんまり酷いことしたくなかったんだけど、あんた強情だからしょうがないわよね……」
 言葉とは裏腹、神楽は何か楽しそうに美冬をコーナーまで引き摺って行く。
 そこでふと、美冬は右手首に冷たい感触を覚えた。
「!?」
 ついで右腕を引っ張られ、その先のトップロープと自分の腕が手錠で繋がれているのを見た。
 呆気にとられる暇も無く、さらに左手がコーナーを挟んだ反対側のロープへ繋がれる。
 二つの手錠は、神楽が場外から腰に手挟んで持っていたものであった。
「さーてぇ……」
 両手を後ろ手にロープへ繋がれた美冬の前で、神楽は腕に巻いていた鎖をするすると解き、
 その端を右手に持って振りかぶる。
 強烈な歓声とブーイングが半々の中、神楽はまた意地悪く微笑んだ。
「ここら辺でやめといた方がいいと思うんだけど、どうするぅ?」
「誰が……ぐッ!?」
 美冬が言い終わるのを待たず、神楽が振るった鎖が鉄の鞭となって美冬の右腕を打つ。
「じゃーあ、仕方がないわねぇ……!」
 心の底から楽しそうに、神楽が笑った。

 それから数分後。
 美冬は、両膝をついていた。
 露出の多い肌には一様に赤いみみず腫れが走り、所々丸い痣になっている箇所もある。
 それでも美冬は、勝負を投げていなかった。
「……頑張るわねぇ」
 ただし、神楽もまだ美冬を痛めつけることに飽きてはいない。
 神楽は鎖を放り投げると、動けない美冬に近づいて膝をつき、顔の高さを合わせる。
 そして神楽は、美冬の腰にある、
 胴丸のようなコスチュームにかかっている紐の結び目をしゅるりと解いた。
「なに、を……?」
「何って、勝つための手段よ」
 言うが早いか、その部分を取り外してがらりと放り投げた。
「あんたをここで丸裸にしてさぁ、それでも負けを認めないってなら、
 あたしが“まいった”って言ってやるわ」
 神楽は、美冬の耳に口をつけながらそう囁いた。
「バカな……っ!?」
 美冬が反応するより早く、神楽は短い和服状の美冬のコスチュームの襟を掴み、前を開けた。
「……っと、コスチュームの下が直に真っ裸ってことはないか」
 下は、襦袢であった。
「ん、でも汗で肌に張り付いてるってことは、この下は、と……」
 重ね合わせの隙間から、神楽の手が差し入れられようとした時、
「やめ……」
「ん?なに?」
 神楽は、差し入れかけた手を止めた。
「聞こえないんだけど」
「ッッ!?」
 焦れた神楽は、美冬の胸を襦袢の上から思いっ切り鷲掴んだ。
「やめ……やめろ」
「……やめろ?」
 不満げな神楽の指が、一層美冬の肌に食い込む。
「やめて、ください……まいりました、から……」
 こうして、いつの間にか三十分を越えていた長い試合がようやく終わりを迎えた。


「あれは暫く立ち直れんのだろうなあ」
 美冬の様子を思い返し、越後が呟いた。
 試合後、美月と神楽がやり取りしている間も手錠に繋がれたまま放置されていた美冬は、
 その後ぐったりした様子でみことに担がれて退場して行った。
 身体以上に心のダメージは相当だろう。
「やはり、先輩との試合も同じルールで……」
「いや、多分それはないな。
 多分、神楽は美冬をあんな目に遭わせることを始めから考えた上で、あの試合形式を要求した」
 心配げな神田に越後が即答した。
「え、っと……それはつまり?」
「だから、最初から美冬を辱める目的であの試合を選んだってこと」
「いや、美月ちゃんだって同じことされるかもしれないんじゃ?」
 美月より早く、相羽の方が聞きたかったことを聞いてくれた。
「んー、まあはっきり言えば、こんなちんちくりん苛めても面白くないと思う」
「……ほう」
 ウソウソ、と苦笑して誤魔化そうとする越後を、美月は思いっ切り睨みつける。
 勝利の余韻か、越後にしては珍しい冗談であった。

[PR]
by right-o | 2012-03-25 21:39 | 書き物