「踵落とし」

 再びホテルへ向かうバスの中。
「っ痛……」
「だから私がリングサイドに付くって言ったんですよ」
 千春に蹴り上げられた頭部を冷やす神田の横で、美月が呆れ気味に溜息を吐いた。
「……ただ、試合は見事でした」
「あ、ありがとうございます!」
「お礼を言われても……」
 殊勝に頭を下げる神田を見ていると、美月はどうも背中がむず痒いような気持ちになる。
 自分がジョーカーにしてもらったようなことを神田にしているつもりだったが、
 あんな風に飄々と後進に接することは、なかなかできそうにない。
「でも自分はまだまだです。現に試合の序盤は何もさせてもらえませんでした」
「その辺はもう慣れというか経験が大きいと思いますが、
 確かにまだまだ試合内容には工夫が必要かもしれません。……ところで」
 と、美月はジャージ姿の神田を上から下まで改めて見た。
「一応わかりきったことを聞いておきますが、蹴り技とかはできないんですよね?」
「それはまあ……ボクサーでしたから」
「コスチュームを見ていても思ったんですが、折角足が長くてスタイルもいいし、
 何か蹴り技を使ってみたらいいんじゃないですか?」
「す、スタイルって……」
 あんな思いっ切り側面の開いたコスチュームを着て戦っておきながら、
 そう言われると神田はちょっと赤くなった。
「し、しかし足技は素人ですので、自分には難しいかと思うんですが」
「うーん、何も高等な技術の要る技でなくても……踵落としとかはどうでしょう?」
「……それは普通に空手の技なのでは?」
「ただ踵を振り下ろすだけのことでしょう?
 まあプロレス技なんだし、とりあえず見栄えと威力があればいいんですよ。
 例えば早瀬さんなんかシャイニング式で使うじゃないですか」
「あれは琉球空手の奥義か何かじゃないんですか?」
「そういえば……ってそんなわけないでしょう」
「私は伊達さんの、コーナー串刺し攻撃へのカウンターが好きです」
「あれは本当に顔面狙って踵落としてきますからね……」
 この日も、美月と神田はバスの中で熱い議論を繰り広げ続けた。 


 そんな二人の一つ前の座席。
「はぁー……どうしたもんかねぇ」
「何がよ?」
 深ーい溜息を吐いた六角に、横で目を閉じていた内田が話しかけた。
「いやさ、コレ」
 そう言って六角は、通路を挟んだ隣の席を親指で示す。
 そこには、魂の抜けたように真っ白くなって座っている相羽がいた。
「……それが?」
「なんとかして立ち直らせてやりたいんだけど、どうすりゃいいのかわからなくってさ」
 物好きな、とでも言いたげに、内田は眉間にしわを寄せる。
「どこで情が移ったか知らないけど、放っときなさいよ」
「んー、いや、何か構ってやりたくてさ……」
「自分で解決しなきゃ成長できないわ」
 六角の言葉も、内田は冷たく切って捨てる。
 相羽はまだまだ立ち直りそうになかった。

[PR]
by right-o | 2011-10-10 20:32 | 書き物