『エンジェルカップ』四日目第四試合 ジョーカーレディ&フォクシー真帆VS杉浦美月&近藤真琴 後編

 コーナーからのセントーン・アトミコを盛大に自爆したあと、ジョーカーは暫し我慢の時間を強いられた。
「真琴さん!」
 近藤の手に飛びついた美月は、ほぼ無傷のパートナーに試合を託す。
「よし……!」
 近藤は自爆から立ちあがったジョーカーをミドルキック一発で蹴り倒し、
 さらに倒れたジョーカーの首根っこを掴んで強引に引き起こした。
「うおっ……!?」
 長身を生かした見事なチョークスラム。
 意外な純プロレス技に不意を突かれたジョーカーは、思い切りマットに叩きつけられてしまった。
 仰け反って痛がるジョーカーを近藤が片エビに押さえ込んだが、これは真帆がカット。
「邪魔です!」
 が、ここでさらに美月が入り、飛びついてのヘッドシザースホイップで真帆を投げ捨て、
 それ以上の介入を許さない。
 これで終わらず、美月は近藤と一緒になってジョーカーの足を両側から刈り、尻餅をつかせた。
 そして二人同時にロープへ走り、正面からのサッカーボールキック。
「かはッ!」
 悶絶したジョーカーを再度近藤が押さえ込むも、これは何とか自力でクリア。
 無理をしてすぐに立ちあがったジョーカーは、
 思わずふらついたという体で真帆が転がり出た方のロープへ向かう。
「真帆!」
 さらに追撃しようと近藤と美月が寄って来たところで、ジョーカーは突然身を屈めた。
「おうっ!」
 突如エプロンに踊り上がった真帆は、そのままトップロープを掴んで飛び越える。
 二人まとめてショルダータックルで薙ぎ倒し、どうにか攻守を入れ替えた。

(ふぅ)
 試合を真帆に任せ、ジョーカーはコーナーに座り込んで一息吐いた。
(さて、どうしようか)
 漠然と考えていた作戦として、まず狙いは美月の方。
 明らかに司令塔であることと、対越後・永原組との試合を見る限りかなりの研究家と思える。
 ここが逆に付け入るスキではないかと考えた。
 想定外の動きを仕掛けることで、美月の、ひいてはタッグ全体のペースを崩すことができるはずだった。
 しかし今までのところ、美月は最初の奇襲に動じることなく試合をつくり、
 次の手を打つ前にこちらが防戦に回ってしまっている。
 ただ、ジョーカーは当初の方針を曲げるつもりは無かった。
「うおっ」
 そうこうしている間にも、リング上では試合が動いている。
 フライングボディアタックを見事に外した真帆の右足首を取り、美月が必殺のアンクルホールドへ。
 が、真帆は反射的に左足をついて不自然な形で立ちあがった。
(中森に散々やられた技だからな)
 真帆でも痛い目に遭ったことは学習するらしく、
「うぐぐ……」
 右足を取られたままの片足立ちで、真帆は前につんのめるのように右手を伸ばす。
 それに対し、ジョーカーもコーナーから精一杯手を伸ばし、ついに指先が触れた。
「よしっ」
 タッチ成立の宣言を待たずコーナーに飛び乗り、美月へミサイルキック。
「真帆!」
「おう!」
 真帆に近藤を封じさせ、美月と一対一の場をつくる。
 ここで勝負をかけるつもりだった。
 とはいえ、もちろん美月も動いてくる。
 立ちあがり際に低いタックルで懐に入られ、今度はジョーカーの方が意表を突かれた。
「う……!?」
 必死で体重を前にかけて倒されるのを防ぐと、美月はそのまま流れるようにバックを取る。
 意外なアマレス技術に驚きながらも、ジョーカーは自分の腰に回った両手を見て咄嗟に閃いた。
「せっ!!」
 美月がジャーマンを仕掛けると同時に自分からジャンプし、バック宙しつつ華麗に着地――するところを、
「……!?」
 着地と同時に、ジョーカーは足を畳んだまま右に傾いて倒れた。
 足首を押さえて苦悶の表情でのたうち回ると、近づいて様子を見ていたレフェリーがタイムキーパー席を向く。
(おっと)
 ここで試合を止められては元も子も無い。
「待て!やらせてくれ……!!」
 レフェリーのシャツにすがりつきながら必死の懇願。
 場内が騒がしくなり、真帆と近藤も場外乱闘の手を止め、リングの上を見ている。
 迫真の演技と言えたが、何よりタイミングが良かった。
 美月は、困り切ってしまったレフェリーとジョーカーのやり取りをぼうっと見ていた。
 もしかしたら、ジャーマンには美月なりの思い入れがあったのかも知れない。
 とにかく目の前の状況を信じてしまった美月につけ込んだジョーカーは、
 左足一本でどうにか立ちあがった体を作りながら、突然右足を思い切り伸ばして美月の顎を蹴りあげた。
「お前ッ!!」
「真帆押さえてろ!」
 いち早く状況を理解した近藤が激昂するのを、あまり状況を理解していない真帆がしがみついて押さえる。
 ジョーカーはゆっくりと美月を引き起こし、その首を肩の上に固定すると、
 手近なニュートラルコーナーを一気に駆け上がった。


 ○ジョーカーレディ                                杉浦美月×
  フォクシー真帆 (18分59秒 ジョーカーアタックNo2→体固め) 近藤真琴

 ホームグラウンドで容赦無いブーイングを浴びながら、
 ジョーカーと真帆は恐ろしい目で睨みつけている近藤に手を振りながらリングを後にした。
(ひょっとして知名度の低さが役立った、のか?)
 美月のリサーチ外にあったような気がする自分達の知名度を考えると、何だか素直に喜べない気もするジョーカーであった

[PR]
by right-o | 2010-08-14 19:17 | 書き物