「ウェストコーストポップ」「ベルティゴ」 榎本綾VSノエル白石

 美月たちの参加したタッグリーグが開催されたシリーズの最終戦。
 それぞれジョーカーとマリアにシングルでイジメ倒された美月と相羽が見守る前で、ある重要な一戦が始まろうとしていた。
 この団体の初代ジュニア王者決定戦である。
 今まで無差別級のタイトルしか無かったこの団体に新しい王座の創設を決意させたのは、
 デビュー間もない二人の天才だった。
 その一人はノエル白石。
 美月と相羽の友人で、160cmに満たない体格からは考えられないよう怪力の持ち主である。
 そしてもう一人は、ノエルよりもさらに小さくて幼い、正反対の天才であった。


「きゃっ!」
 ロックアップの状態から力任せに跳ね飛ばされ、榎本綾は勢いよくマットの上を転がった。
 腕力の差は歴然としている。
「む~……!!」
 頬をぶすっと膨らませた綾は、諦めずもう一度組み合いに行くかと見えた。
 が、掴みにきたノエルの腕をかいくぐってロープへ走り、セカンドロープへ飛びつく。
 そこから後方にジャンプしながら振り返り、同じく振り向いたノエルの腕を取って流れるようなアームホイップ。
「……!」
 投げられた勢いのまま立ち上がったノエルが突っ込んでくるのを飛び越えてかわし、
 ロープから返ってきたところへ綺麗なドロップキックをヒット。
 しかしノエルは微動だにしない。
 無表情のまま、困り顔の綾に向けて強烈な逆水平を振るった。
「痛ぁっ!」
 一発で涙目になった綾の右手を掴み、ノエルは片手一本でロープへ振ってみせる。
 戻ってくるところを屈んで待ち構えると、綾の身体を右肩に乗せて身体を起こし、上空に高々と放り上げた。
 ショルダースルーと呼ばれる序盤の定番技である。
 普通、投げられた相手は投げた方の後ろに放物線を描いて落ちるが、綾はノエルの真上に飛び上がった。
 投げられると同時に自分でもマットを蹴っていたのだろう。
 ぽーんと宙を舞った綾は、投げたと思って油断しているノエルの頭を落下しながら両足で挟み、
 そのままフランケンシュタイナーで投げ捨てる。
「いっくよー!!!」
 勢い余って場外に転がり落ちたノエルに向けて走り込んだ綾は、
 ロープの直前で踏み切り、身体に捻りを加えながらジャンプ。
 きりもみ回転しながら場外に飛んだ綾は、立ち上がったばかりのノエルを再び床に押し倒した。
「うん、今日もいけるよ!」
 可愛く気合をかけて観客にアピールする綾の姿は、どこをどう見てもプロレスラーには見えない。
 それでもこうしてノエルを手玉に取るあたり、紛れもない才能の持ち主であることは間違いなかった。

 試合はほとんどの場面で綾が主導権を握る展開が続いたが、かといって一方的に押しているかというとそうでもない。
 綾の攻めている時間が四とすればノエルは一ぐらいのものだが、二人の体力と腕力の差を考えれば、
 それでようやく五分といったところである。
「あうッ」
 ノエルの振り回した右腕を正面からもらい、綾はその場で一回転して顔からべちゃっと落下した。
 助走無しのラリアットでこの有様である。
 まともにやり合っていてはとても勝負にならない。
「はぅ~……」
 それでもなんとか立ち上がった綾は、ふらふらと歩いてロープを支えに寄り掛かった。
「………」
 綾を心配する声が上がる中、ノエルが小さくガッツポーズを作って追撃を宣言。
 反対側のロープへ飛び、今度は走り込んでのラリアット狙い。
 既に死に体の綾は絶体絶命かと思われたが、これは擬態だった。
 勢いに乗って突進してくるノエルの右膝へ、絶妙なタイミングの低空ドロップキック。
「ッ!!」 
 前のめりに倒れたノエルは、綾が背にしていたセカンドロープで喉を強打。
 ロープの上に首を載せたままで動きが止まった。
「よーし、これで決めちゃうんだからー!!」
 ここから畳み込むのが綾の必勝パターン。
 反対のロープへ走って勢いをつけると、まずはダウンしているノエルの顔面へ619。
 顔を蹴られたノエルがリング中央へたたらを踏んで後退する一方、
 綾は619をヒットさせた状態からするりとエプロンへ出て、大きく深呼吸。
「えーいっ!」 
 かけ声と共に飛び上がり、トップロープを踏み台にして更に大きくジャンプ。
 ノエルの肩へ正面から飛び乗ると、そこから高速のウラカンラナで一気に丸め込んだ。
 これまで自分より大きなレスラーを何人も破ってきた綾の得意技である。
 しかし、
『返せぇぇぇぇぇぇ!!!』
 という相羽の絶叫が届いたのか、ノエルはなんとか3カウント寸前で肩を上げた。
「「ええ~!?」」
 と、綾と綾ファンが一緒になってレフェリーに詰め寄った直後、
 即立ち上がったノエルが綾を一気に担ぎ上げ、まるでぬいぐるみのように軽々と頭上に放り上げる。
 そして自分からマットに背中をつき、落下してくる綾へ両膝を突き出して迎撃。
 相羽を破って以来定着したノエルの決め技であった。
 膝頭に思い切りお腹を打ちつけてぐったりした綾を、すかさずノエルが押さえ込む。
 が、今度は綾がノエルの必殺技をギリギリでクリアした。
「負けたく、ないもん……っ!」
 予想外の粘りに会場中が驚嘆の声とストンピングで応える中、
 互いに余裕の無くなった二人は最後の引き出しを開けにかかる。
 まずはノエルの右腕が唸りをあげて襲いかかり、これを綾がしゃがんで回避。
 返す刀の左腕もかわして回り込むと、ノエルの背後から飛びついて肩車の形をつくった。
「えーいッ!!」
 そのまま全体重を後ろにかけ、相手の背面に対してのフランケンシュタイナー。
 成功していれば、後頭部からマットに突き刺さったノエルは意識を飛ばしていたことだろう。
 しかしノエルは首に綾の両足を巻き付けたままで踏み止まった。
 ノエルの全身が小刻みに震えているあたり、綾がもうあと数百グラム重かったなら勝敗は違っていたかも知れない。
「……おしまい……!」
 歯をくいしばって身体を前に起こし、ノエルは綾を強引に元の肩車の体勢に持っていった。
 そして肩の上にいる綾の頭を右手で掴み、前方に引き落としながら開脚して尻餅をつく。
 頭からマットに叩きつけられた綾の姿に、会場全体がどよめきの声を上げた。


「やった!やったね!!」
 勝負がついた瞬間、相羽はリングに飛び込んでノエルに抱きついた。
「ベルトだよ!チャンピオンだよ!!」 
 出てきたベルトを見て自分のことのようにはしゃぎ回る相羽に、ノエルは不思議そうに首を傾げてみせる。
「…………」
 そんな仲間の様子を、美月だけが浮かない表情でリングしたから見上げていたのだった。

[PR]
by right-o | 2010-02-13 23:58 | 書き物