挿絵をいただきました

seizanさんから、エンジェルマニアの試合絵をいただきました。

c0130614_2134554.jpg


説得力十分のツームストーンパイルドライバー、ありがとうございます。


さて、この試合。

実はあんまりデキに自信が無かったので、これまでそれほど触れずに来ました。


中身は要するにアンダーテイカー対アンダーテイカーです。
アメリカンバッドアス(ヒール時)VS墓掘人。
日本で言えば武藤対ムタみたいなもの。

最初は中森対六角のラダーマッチにしようかと思ったんですが、
どうせお祭りならもっと好き勝手な試合にしようと、このカードになりました。

seizanさんが感想で書かれていたように、私が一番やりたい放題やったかも知れません。


ついでに言えば、seizanさんの言う私の「ポリシー」とは、「台本アリ」ってことでしょうか。

なんだろう、
全部が全部嘘でもないし下らないわけでもないんですけど、
友情とか因縁とか、そういったある意味リアリティのある事柄をリング上でやられると冷める時があるんですよ。
どうせ演技じゃないかって。
たまにはいいですけど。

逆にどう考えてもあり得ない、例えば子供の親権を賭けた抗争とか、相手を車で轢いたりとか、
絶対に嘘だろうっていうノリが好きなんです。

というわけで、冒頭の心霊現象から最後の火葬まで、現実にあり得ないことばかりなわけです。
あと試合中に倒れた相手の頭へゴングを叩きつけたりするのも。


ただまあ、多くの人が読んでくれるものだからこそ、もっとわかりやすい話の方がよかったかなとも思います。
あと、もう少し説明入れたりとか細かい部分での後悔も……

しかしseizanさん他、感想も色々といただけたのでとりあえずはよかった……のかなと。
次があればもう少しうまくやりたいですね。

[PR]