見ると年末を感じるもの

大晦日の格闘技に関心が薄くなってからというもの、
テレ朝でやってる大間のマグロ漁師の話ぐらいしか年末を感じる番組がありません。
あと東方M-1。

そういえば、スペシャル大河はあと一年待たないと続きが見られないんですね。
待ち遠しい……
でもまあ、その間に幕末ものを挟むのはいいんじゃないでしょうか。
個人的には龍馬ものより、司馬作品の「花神」をやって欲しかったところですが。


web拍手お返事 試合の方にもありがとうございます

>天然パワーに工夫を重ねたノエルの勝利。それでも試合を重ねれば、相羽も良い勝負もしくは勝つようになる……のか?

この話がどこまで続くかですが、その内そういう展開になるかも知れません。
美月→ノエル→相羽→美月、という3すくみの関係を考えたりもしましたけど、
今のところ素質だけでノエルが他を圧倒している設定です。


>来島、楠木、祐希子でハズレ。ダーメーだー。 Jカップ面白かったですけれど、年長の知り合いなんかは、「他団体の力を借りなきゃ話題を作れない」今の新日を嘆いていたりもしました。(カレーマン)

祐希子はともかく、来島と楠木はかなりこじつけなので分かりづらいと思います。
「技名を最後まで言えてない」というのがヒントですから。

私は見始めて以来今の新日が一番面白いと思います。
何しろ良かった頃の新日を知らないもので。
そういう時代もあったんですねえ。



アメプロだと必ずしもそうは思わないんですが、
日本に関しては見始めて以降、「前の方が良かった」と思ったことがほとんどありません。
プロと素人の区別が無くなろうが、団体が乱立しようが、試合が大技乱発だろうが、
それはそれで面白いじゃないですか。


いつの間にか有馬記念までスルーしてしまいました。
ちなみにマイネルキッツからだったので予想を晒さなくて逆に良かったか。

さて東京大賞典はサクセスブロッケンがヴァーミリアンに競り勝ったそうですが……
これは何だか別のことも暗示しているような気が。
来年のリーディングはどうなるのかな。


下はまたしても手抜き技SS。
当たり前ですが無影蹴だけは元ネタ無しです。

[PR]