※あとでスタッフがおいしくいただきました

っていうテロップは基本ウソなんだそうで。
まあ、当然の話か。


そういうわけで、今回は塩・檸檬・豆を使った試合でした。
一応「レモン&ソルトマッチ」というのは実在します。
昔の大日本でたまにやっていて、一度生で見た覚えもあります。

ただまあ、基本的に使い道は相手の傷口に擦り込むだけなわけで、
見ててそれほど派手さがあるでもなく、結局他の凶器に頼る展開が主ですね。
去年見に行った中で、「ジェロキア」とかいう世界で一番辛い調味料を使った試合もありましたが、
これも正直イマイチでした。


そして今回もハードコアな越後さん。
やっぱり「バカタレ」って言わせたかっただけです。
本当は昨日上げる予定だったのが、色々あって遅れてしまいました。


web拍手お返事 実はあんまり深く考えずに使わせた技でしたが、ありがとうございます。

>ラ内のコードブレイカーもろ被り笑いました。ウチのとこでもそのうちコールドブレイカーとしてお披露目させるつもりでしたが…先を越されてしまった。byu

ラリアットが返せる技を…と考えていて何となく思いついたんですけど、まさか被るとは。
こっちでは技の扱いが軽かっただけに、ちょっと悪い気もします。

試合巧者というか、良い意味で渋いメンバーが揃った感のあるトーナメント。
Prove me wrongな(?)葛城の結果を期待してます。


>品です。コードブレイカーの返し技について考えたのですが、投げ捨てパワーボムみたいな感じのはどうでしょう?

なるほど、そのまま前に叩きつけてしまうわけですね。
それが一番現実味があると思います。
私はなんとなく、逆に抱え上げて後に投げ捨てるとかを考えてました。難しそうですが。

小柄で技巧的なレスラーが使うイメージがあるだけに、
返すなら力技という感じでしょうか。



コードブレイカーといえば、今年のレッスルマニアでジェリコがミッキー・ロークと戦うとかいう噂が。
「ザ・レスラー」とかいう映画が当たった関係だそうですが、
去年のメイウェザーから続いて一応「ボクサー」繋がりでもあります。
というわけで、来年は是非デラホーヤを。

[PR]