で、結局誰が坊主になったかというと

実は書いてる人間だったりします。

といっても既に一ヶ月以上前の話ですが、
髪を切るために使う金も勿体無いなあ…なんて思いついたもので、
一度バッサリやってみました。

で、まあ坊主になってみるとこれがまた、予想以上に似合ってなかったものですから、
それから今まで外出する際は常に帽子を被っていたり。


そんなことはどうでもいいとして、今回はカベジェラ戦でした。
「カベジェラ・コントラ・カベジェラ」とは要するに「髪対髪」、
つまり負けた方が髪を切るという試合形式(?)です。
そういったわけで、試合そのもののルールは普通と変わりません。

最近だとドラゲーでサイバーコング対谷嵜なおき、なんてのがあったはず。
あと意外に女子でもやっていたり。


技の方はまず「最強ハイキック」。
実は言ってみればただの左ハイキックです。
現ドラゴンゲートの望月成晃が、一時期絶対の必殺技として使っていました。
が、後に「実は右利きでした」ということで「真・最強ハイキック」という名の右ハイキックの方を使い始めてたりします。

次に「シュバイン」。
同じくドラゲー、CIMAの必殺技。
タックルから相手を持ち上げて背中に回し、頭を押さえて首から落とす技。詳しくは下で。
昔NOAHに来ていたマイケル・モデストという選手の「リアリティチェック」という技と同じ形で、
こちらの方が使い始めは早いはず。
ビヨンド・ザ・マットという映画の中で、WWFのトライアウトにてこの技を放つシーンが出てきます。


web拍手お返事 そういえば、随分「愛」の話題には触れてなかった気がします。ありがとうございます。

>過剰な報道で大学襲撃がブームにならないことを祈ります。大会は、なんだかこれが最後になりそうな気がしてなりません・・・。キリコさんとともにここで配信停止・・・とか。(カレーマン)

流石にアレの模倣犯は勘弁して欲しいですね…。

大会が最後じゃないかという予感はひしひしと感じます。
というか、恐らく本当は前回がラストの予定だったんでしょうね。中止になってしまっただけで。
サバとは違った育てる楽しみとか、バカンスとか大会とか、
なんだかんだで面白い部分はあるので、続けて欲しいところですが。



今回でとりあえず激闘龍篇は一区切り。
思えば、サバ2の発売前に終わらせておくべきでした。

自分で書いた文章ながら、最近は特にオチがよくわかりません。

[PR]