「毒霧」 フレイア鏡&神楽紫苑VS市ヶ谷麗華&桜井千里

 ある意味、教科書のような試合だった。
 神楽と鏡は、市ヶ谷が出ている時にはわざと大袈裟に蹴散らされて逃げ惑い、
「フン、やはりこの程度ですの」
 と、いい気になっ市ヶ谷が桜井に交代したところで、それまでとは打って変わって攻勢に出た。
 鏡がミドルキックをキャッチしてドラゴンスクリューで転がせば、
 すかさず神楽がリング下から手を伸ばして桜井の足を取り、
 そのまま引き摺って行ってコーナーの鉄柱にぶつける。
 さらに不要なほど互いにタッチを繰り返しつつ、入れ替わり立ち替わりに足を痛めつけて立たせない。
「くっ……!」
 時に痛みをおして桜井が反撃に出ても、すぐにもう片方が不当に介入して邪魔をした。
「ちょっとレフェリー!一体どこを見ているのかしら!向こうを注意なさい!!」
 そう市ヶ谷が対角線で喚くほど、レフェリーの注意が逸れて介入しやすくなるのだった。

 しかし、桜井は意地を見せた。
 倒れた状態で、立っている鏡に左足を取られた瞬間、
「…ハッ!」
 右手をバネにして右足一本で立ち上がると、間髪入れずに延髄斬りで奇襲。
 いきなり不意打ちをくらってよろめいた鏡を尻目に、
 少しづつ市ヶ谷の待つコーナーまで這って行った。
「チィッ…」
「早く!さっさと代わりなさい!」
 最後の力を振り絞った桜井が市ヶ谷の手に飛びつくのと、
 鏡がふらつきながら自陣の戻るのが同時。
 双方が同じタイミングで交代したものの、
 それまでの鬱憤を一気に晴らすべく飛び出して来た市ヶ谷に引き換え、
 なんとなく鏡のタッチを受けてしまった神楽は、最初から腰が引けていた。
「え、ちょ……!?」
 もたもたしている神楽をラリアットで引き倒すと、
 返す刀で休んでいる鏡にも一撃して場外に突き落とし、市ヶ谷が吼える。
「さあ、これからですわよ!!」
 神楽をコーナーに振って串刺しラリアットを決め、さらに対角線へ振ってもう一発。
 ふらふらと数歩前に出てきたところを、渾身のパワースラムで叩きつけた。
 が、フォールへはいかない。
「この技で散りなさい!!」
 リングの中央へ引き出し、ビューティボムの体勢。
 完全に勝利を確信している市ヶ谷は、この時コーナーに立っていた桜井の姿が急に消えたことに気づかない。
 そして神楽を一気に持ち上げ、今まさに全力でマットにぶつけようとした時、
 突然視界が一面の赤で覆われた。
「うっ!?」
 パワーボムの頂点、肩車と逆の形に担ぎ上げられた神楽が、
 自分の両足の間にある市ヶ谷の顔に向かって赤い液体を吹きかけたのだ。
 そして全く息の合った間隔で、予め桜井を引き摺り下ろし、場外フェンスに叩きつけて無力化した鏡が、
 背後から市ヶ谷の足元を掬って転ばせる。
 そのまま、頭の上に座るような形になった神楽が両足を抱えてガッチリ固め、
 まんまと3カウントを奪ってしまった。


「こ…ンのォ……!」
「フ、フフフフ…いい顔ですわ」
「あーあ、ちょっと飲んじゃった。まっずいのよねぇ、コレ」
 文字通り顔を真っ赤にした市ヶ谷が怒りで震えている中、
 完全な作戦勝ちを収めた二人は、リングの方を向いて手を振りながら、後ろ向きに悠々と帰って行く。
 そんな二人の後頭部が、不意にみしりと音を立てて掴まれた。
「おい、誰か忘れてるんじゃないか?」
 二人は今日まで、龍子からも毎回巧みに逃れ続けてきていたのだ。
 聖バレンタインデイの惨劇、
 それはビューティボムとプラズマサンダーボムの共演だった。   

[PR]
by right-o | 2008-11-16 22:52 | 書き物