TNA プレイレポート 1年目11月~3月

11月

ゆっこさんに一日署長。
「すごい世の中になったものです」という霧子さんのセリフは健在。

そろそろ本格的に技を習得させてみる。
真帆にトラースキック、龍子にトペ・スイシーダ、神楽にデスバレー、
市ヶ谷にジャンピングニー、来島さんにブレーンバスター、ソニックに619、
ゆっこに不知火。
スケジュール4枠中、ゆっこが3、他が2枠をこれに当てる。
結果、ゆっこ、龍子、ソニ、来島、市ヶ谷が習得完了。
やはりまだ、いまいちスケジュールの加減がわからない。

そういえば他団体の動向を見る限り、COMもきちんと技を教えているようです。


12月

EXリーグ参戦のお誘い。
基本的に他と交流したくないので断ろうかとも思ったけれど、
他のメンバー次第ではいいところまで行けるかも知れないので受けてみる。
今回は派遣する選手が選べるので、龍子と神楽を行かせることに。
評価値的には神楽より真帆が高いものの、一応得意カテゴリーが被らないようにという人選。

神楽にFC2つ目。書き忘れましたが、1つ目は真帆と同時にできてました。
「1つあればいいんじゃないの?」
同感です。
…と、確認してみたところ、2つ目ではなく一気に5つになってました。
しかし人気は6で、一番人気の高い(9)龍子はまだ1つだけ。
ううむ、どんな基準?


EXリーグ開始。
…あれ?何故かユン・メイファが南と組んで出てる。

ここは久々にマニュアル操作でやってみることに。

VS十六夜&石川
2順目にいきなり必殺を引かれ、頼みの龍子さんがピンチ。
さらに石川にまで必殺をくらうも、なんとか神楽が耐えて繋ぐ。
最後は龍子のDDTから、ドラゴンを2度返された後のステップキックで神楽が石川に勝利。

VS八島&吉川
流石に新女組だけあって、2人ともこちらより一回りは強い。
が、ミミさんの防御パラに偏りがあったため、
八島を必殺技で下がらせた後、ミミさんをパワーと投げで集中攻撃。
最後はギロチンドロップで神楽が勝利。

VS理沙子&北条
新女2組目?
龍子と互角ぐらいの北条さんはともかく、この年代の最強レスラー理沙子さんには敵わず。
バックドロップで神楽が沈む。

VS上原&六角
またしても2順目に必殺技…って、それでなくともこの2人は理沙子さん並に強かった
STFで龍子がギブ。

VS森嶋&成瀬
初めて当たる、明らかな格下。
前までの試合の反動か、存分に弱い者イジメをしてしまいました。
龍子がプラズマサンダーで成瀬をピン。

VSユン&南
少なくとも南には手こずるかなと思っていたら、意外にそうでもなく。
「蹴って蹴って蹴りまくるっ!」と言いつつDDTを放ったユンには笑った。
連日のプラズマサンダーでユンを仕留める。

VS滝&小鳥遊
滝さんはそう大したことなかったが、大将が異常に固い。
しかも体力が明らかに滝を下回ってるのに交代しないという…
結局Wインパクトで神楽が取られる。
それにしても大将の声はやたらとカッコイイ。

結果、優勝は上原・六角
自分の団体では38APの赤字を出したにも関わらず、特に知名度は上がらず。

プロレス大賞
龍子が最優秀新人賞。

契約更改
今回から追加されたんだっけ、すっかり忘れてた…と、
会社の判断だと全員ほぼ年棒が2倍になってるじゃないか(汗

そんな中、ぶっちぎりで年棒が安い(今年16→来年25)真帆が心配なので、
ちょっと交渉してみる。
3回まで金額が提示できるらしいので、まず30あたりで様子を…
「そうか!社長は真帆が好きなのか!」
気持ちが伝わったようで何よりです。

その後、とりあえず全員に微増してみて機嫌を伺う。
一応不満は出なかったものの、心配なのは70→135に上がった龍子と、
49→100で年齢を考えれば龍子を凌ぐ値になった市ヶ谷様。
「小学生の頃の小遣いと同じ」なら別にもらわなくても…


1月
来島さん負傷。
スケジュールを全部休暇にしたところ、理想のダンベルを探しに行かれました。

ようやく真帆がトラースキックを覚えたので、
「キツネのしっぽ」にリネームして、もう一つの必殺技にしてみる。
続けて龍子、ソニに延髄斬り、市ヶ谷に逆一本背負い、神楽にフェイスクラッシャー、
鏡にギロチンドロップ、ゆっこにノーザンライトSをそれぞれ2枠使って覚えさせる。

なんとなくパラメーターを見ていたら、全体的に信頼が低いのが気になったので、
「はげます」で上げてみる。
来島さん「ちょっとプロ野球の好きなチームが連敗してたんでね」
MK砲が不発だったんですね。わかります。でも今は冬ですよ。
あとソニックには逆に励まされました。

相変わらず否観戦で収益だけ眺めていると、
どうやら500人規模の会場では満員が出るようになったみたい。
といっても総利益は28なんですが。
ああ、市ヶ谷財閥からの融資が本気でありがたい…


2月

来島さん完治。

引き続き会話で信頼を上げていると、キャラによって成功時に上がる量が違う気がしてくる。
真帆は2、ソニ3上がったような…
市ヶ谷様は成功の音がしたにも関わらず、上がらなかった?

強気に1000人クラスの会場ばかりで巡業してみたところ、
これでもほとんど満員が出ました。
ようやく経営が好転してきたか。


3月

特にすることも無いので、初めてサイン会をやってみる。
メンバーは人気の高い順で、龍子・市ヶ谷・鏡。
場所はとりあえず東京都を選択。
龍子が照れただけで、特に前作と変化無し。

年度末ということで(?)、総当りのリーグ戦をやってみる。
なんと今回は2ブロック制にできるようになっていたので、
優勝候補のバニー、クロフ、龍子と神楽をAブロックに押し込め、
真帆、ゆっこ、市ヶ谷、鏡でBを争わせる。
残念ながら、評価値の低い来島さんとソニックは前座。

結果、見事にバニー越えとクロフ越えを果たした龍子が全勝で優勝。
Bは抜けた存在がおらず、かなり混沌としていたものの、市ヶ谷が一位。
しかし龍子には全く歯が立たず。

一年目を終えた序列としては、
まず頭一つ抜けて龍子、次いで外人2人、その下は横並びといった感じ。

[PR]